タイラバ(鯛ラバ) の時期・シーズン

春のタイと秋のタイ

本当は秋だった!食っても満足「もみじ鯛」のヒミツ

鯛…。

この単語からすぐに思いつくイメージは威風堂々とした格好に艶やかなピンク色をしたうろこが特徴の魚、まさに春の桜のような感じがします。
そう、だって鯛ってのっこみ時期があるからタイラバだって春がいちばん釣れるんですよね。

「ふんふんっ、そうだよね…。」

そう思っていたみなさま、

実はな~~んと違うんです!

もちろん春ののっこみ期も良く釣れるハイシーズンと言えますが、それよりもはじめて間もない初心者の方でも釣れやすいもっとも鯛が釣れる時期は秋なんです!!






季節を知って攻略方法を考える

活きたエサで誘う釣りならまだしも疑似餌をつかったタイラバの場合、

エサを落として待つという釣りではなく、ルアー釣りの基本
「いかに食わせるか?」

なので、この活性が高いというタイラバ(鯛ラバ) ハイシーズンに狙うのは非常に理に適っていて、初心者の方でも釣れやすいことが読み取れるというわけです。

では何故?、秋なのか?それは四季別に順を追ってご説明していきます。




== 春 spring ==

春の桜シーズン
季節でいう春に当たる3月~5月くらいまでは言わずと知れたのっこみ(産卵期)に入るため、お腹に卵を抱えた鯛が子供たちの栄養補給のためにエサを食いあさる時なのでタイラバが釣れやすい時期です。

卵を抱え身も少しキレイに赤みを帯びてくることから見た目にも美しく料亭などでは「桜鯛」として懐石料理に使用されるのもこの季節ならでは。

まだ水温が低いときなので深場の居着き場所を見つけるのがポイントになってきます。

== 夏 summer ==

夏の海辺と砂浜
徐々に大気ととともに水温も上昇し、鯛のみならず魚の活性が上がってくるので深いところから浅場に移動します。

船で遠洋までいかなくても浜からのカケアガリを意識して陸っぱりからスピニングタックルでキャスティングのタイラバ(鯛ラバ) でも釣りやすい季節に突入します。

欠点をいうと、この時期は活性が逆に高すぎて元々、深場にいる鯛が浅い場所まで移動しているので、いろんな場所に散乱しているため場所が定まりにくくポイントを決めにくい、もしくは決めうちしても数が乗らないなど、一箇所で粘るよりすぐ移動する繰り返しの釣り方になります。

== 秋 autmun ==

水面に浮かぶ紅葉
気温も水温も下がりはじめると、水温が保たれている深場へと移動します。

とはいえ、まあまだ日中の陽射しも厚く水温もどちかというとまだまだ動きやすい温度。
冬越えするために、この時期になると寒い冬を乗り切れるようにエサを荒食いしはじめる、一年中でもっとも鯛の活性が上がる季節にに入ります。

寒く冷たい水温から身を守るため皮下脂肪を蓄えるときとも言われ、脂の乗った食べても旨い時期としてこの頃のタイは「紅葉鯛」として日本料理で珍重されています。

== 冬 winter ==

雪化粧の冬の海
冬になるとあまり一箇所から移動せず同じ場所でじっとしているようになるいわゆる冬眠の時期にはいります。

一気に釣りにくくなります。もっとも釣っている自分自身もめちゃくちゃ寒い季節に入り、しかも釣れません(泣)

タイラバ(鯛ラバ) でなくても船自体を出してくれるところが少なくなります。

ざっと四季に分けてご覧いただいたわけですが、いろんな季節の気温・水温と鯛の生態などすべてをくみ取って考えると
いちばん釣れるのは秋だということがわかります。

9月ならまだまだ!、10月とか11月ならもうちょっと頑張れる!!

夏の休日中にタイラバで思うように釣果出せなかった人はまだこれからが本勝負です。








こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。