タイラバロッドはバスロッドと併用ができる!?代用品となるか

バスロッドでタイラバ
タイラバロッドは船で沖で釣るバーチカルな釣り方が一般的なためベイトロッドが用いられるためにブラックバス愛好家のバサーはバスロッドを使いたくなる。

そこで気になる「バスロッドはタイラバロッドと併用ができるか?」という疑問。

実際に経験してみた自らの実釣体験を元に説明していきます。

ルアー許容重量

タイラバロッドはバスロッドと併用
ここでおさらいしたいことがあります。よくロッドのスペックに記載がある「ルアー許容重量」。これって何のことだか分かりますか。

そう、読んで字のごとくロッドが耐えうるルアーの許容重量です。
けどただの重たいものを吊るしたときの許容量ではないんですね。

キャストしたときにロッドが耐えうるルアーの許容重量
なんです!!!

キャストするときに逆方向に反り返るときのあの負荷のことになります。ただ単に真下に落とすタイラバだけなら理論上は大丈夫。そう理論上は・・・。

これを元にタイラバロッドとしてバスロッドが併用可能かどうかを見ていきます。

タイラバロッドの場合

軽くても60g(40g)~重たいものでも可能な、深度100m以上を攻めるようなタイラバロッドなら150gくらいまでキャストすることが可能です。ベイトタックルのタイラバロッドは真下に落とすだけのバーチカルが基本ですがこの許容重量もキャストを前提となった基準です。

バスロッドの場合

そもそもバスロッドといっても、軽いルアーしか投げないフィネスや巻物系を主軸に使うミディアムライトやミディアムに、ビッグベイトを扱うヘヴィー、エクストラヘヴィーがあるのでどれのこといっているのかわからなくなるのでここで整理しておく。

ミディアム以下のバスロッドはX

ミディアム以下のロッドはまずキャストはしないので重さの許容量も気にしないでいいが、パワーがなさ過ぎて真鯛が掛った時のファイトがかなりしんどい。ティップが柔らかいので真鯛の乗せ重視系タイラバロッドに似ているが、それ以外のバット部分のパワーがまるで違う。

ヘヴィー、エクストラヘヴィー△

このあたりになるとバスロッドとはいえルアーの許容重量が60g以上になるので理論的には問題なく使えるし、ブランクスやバット部分にも十分なパワーを持ち合わせている。しかし…。

バスロッドで代用が可能

バスロッドでタイラバロッドの代用が可能かどうか?

理論上は可能

理論上はタイラバロッドとバスロッドの併用は可能なのだ。が、しかしさらなる問題もある。

唯一の欠点は感度

タイラバロッドのティップ・感度
そう、バスロッドのミディアムとかミディアム以下ではティップが柔らかくしなるので口が堅く小さい真鯛のついばくようなアタックでも乗せやすいのですがパワーがない。

ヘヴィー、エクストラヘヴィーのバスロッドではパワーは充分だし申し分ないがブランクスから先が堅すぎて曲がらないので小さいアタリでは弾いてしまう。

そもそもタイラバロッドと比べると感度が悪い

ブラックバスのように普段から水深が10m以内ならまだいいが、大海原の水深がある場所ではこのロッドの感度はけっこう重要なファクターといえる。

出来ることと出来るけど向かないこと

タイラバロッドとバスロッドの併用は〇か×か
結局のところ、併用できるけどタイラバには向いていないということになる。

ただ、こんなこと言うと漁師さんに怒られてしまう。

昔はもっと感度なんぞ何のことというようなクソ重たいジギングロッド1本でブリもシーバスもメバルももちろん真鯛もすべて釣っていた時代の人からしたら現代のアングラーはテクニックが落ちているのかもしれないなんて思えてくる。

ただし助言するならバスロッドでタイラバなんぞ
タイラバ初級者ほどやめとくべき

よっぽどテクに自信がある、経験を積んだアングラーが先に説明した特性を理解した上でなら大丈夫だろう。

使うならこんなバスロッド

もしどうしてもタイラバロッド揃えるお金がないとか、手持ちのバスロッドでタイラバに行かないといけないのなら
下記の条件をクリアしたものならベターな選択といえる。

使えるルアーMAX重量が30g以上のもの。
必然的にミディアムヘヴィー(MH)以上のものになるはず。

まとめ

併用・代用ができないことはどの釣りにおいてもジャンルをまたいでつけないことはないのだ。ここが今と昔の釣り師の言うことが異なるところだろう。

昔の人がいうように昔は今のように多様なジャンルに対応した専用ロッドなんてなかったのだ。あるもので釣らなければいけなかった。だからこそテクニックも身についた。

しかし現代は誤解を恐れずに言うと誰でも、釣りが下手な人でも釣れるようにタックルが進化した。だから専用ロッドでないと釣れないし、釣りにくいとなる。これが現代のアングラーの生の声かもしれない。

ま~結論から言うとやっぱりタイラバにはタイラバロッドとういことだ(笑)

せっかく良いものがあるのなら、どうしても釣果がほしいなら使うべきである。

最近おすすめのタイラバロッド▼








こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。