シマノ 幻風 XT タイプG インプレ

幻風xtタイプg
シマノでコスパの高い鯛ラバ (タイラバ)の入門リール☆彡

シマノの船用のベイトリールの中では格安の幻風シリーズ。本体価格11,100円だけど実売価格はオープンで7,000円弱で購入できる。

この価格のクラスの中ではパーミングのしやすさや、軽さ(この価格では軽い方に入る)、そして適度なパワー!

三拍子そろった初心者にうってつけの優等生なのだ!

インプレ書く前に売ってしまったので(笑)まともに握っているところの写真はないけど、ちゃんと釣果の画像が残っていたのでそれとともに紹介したい。




初心者でも鯛ラバの良さを思う存分味わえる!このクラスにしてシマノの名機 幻風 XT

幻風 鯛ラバ
この幻風 XT タイプGを持ってタイラバ釣行に行った回数がいちばん多い。

なので、鯛のほかにもカサゴやタチウオ、グチ、コチなど瀬戸内海の近海で釣れるものは大概これだけで掛けてくれる(笑)

幻風xtタイプg鯛ラバ
何を隠そう私はこの幻風 XT タイプGよりも上位機種バルケッタからこっちに乗り換えたのだから!性能はお墨付きだ。ワンシーズンをこれ一本だけでタイラバしてました。

なんでってリールは自分的にある程度軽いほうがいいと思っているけど、あまり軽すぎるとやり取りの時にパワーを感じないのでロッドと一緒に受ける仕事具合がやわに感じて好きじゃない。

ましてや軽すぎるベイトリールはパーミングだけで大物とやり取りの最中に落っことしそうになる。幸いにしてそんな大物にはでくわさなかったけど・・・(笑)

幻風 鯛ラバ
でこのリール手にしたときに一番気に入ったのがこの102mm(表記上は半分の51mm)のパワーロングハンドル!!

魚掛けたあと、回すのに90mm以下のハンドルじゃ短くてトルクが効いてる感じがしない。

大物をいなしながら、ぐいぐい寄せてくるには力が掛けやすくて回しやすくていい。

バルケッタCi4+が自重190gで幻風 XTは215g。同じロッドに同じライン張って使用して25g分の重さの違いは何も感じなかった。
それよりも掛けてから巻き取るときの左手(右まきの場合右手)の力が変に分散しなくて余計な力が必要なくリーリングしやすいと感じていたことのほうが自分のとっては利点でした。

鯛ラバ・リール・シマノ
そしてもうひとつ初心者におすすめなのが、この遠心マグネットブレーキの調整。

俺、使ってる時に一度もここ調整したことがないんです(笑)
逆側ハンドル側についてるメカニカルブレーキを調整すればタイラバなら普通に使えちゃうのがこのリール。

メカニカルブレーキの設定はクラッチを切たっときによく使う重さのタイラバの錘がスルスルっとスムーズに落ちていけばOK
バックラッシュが心配ならその落ちていくスピードを遅くする=ブレーキを絞めていくだけでいい。

とにかく安くタックル揃えて、なんといってもムズイかしい理屈や理論など一切排除して、鯛ラバ (タイラバ)のおもしろさをまず体感したい初心者の方には本当におすすめの一本です!

慣れて上位機種がほしくなったら買い替えればいいのです。まずは一本釣る!ための幻風 XT タイプGをどうぞ!












こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です