シマノ’16 炎月BB 101PG インプレ

炎月BB・リール

あえて買ってみた!シリーズの安価バージョンに位置する炎月BBのリール

近年はタイラバの専用のタックルでも安くてコスパに優れたものがたくさん出てくるようになった。

そんな時代の背景から自分も新たにリールを購入しようと考えたときに真っ先に浮かんだのが2016年に発売されたNEW炎月のBBシリーズでした。

上位機種の炎月(SSなど)と比べて見た目はこちらの方が好みだったし、スペックを見てもその差となる部分はむしろ自分向きなのではと感じたので購入。
依頼、4回のタイラバ釣行で50cmの大鯛を筆頭に数尾を釣り上げ自分の思っていたことは正解だたっと確信したので、ここらで一発インプレ!

上位機種と比較しながら、その違いと実戦で試したBBの優位性も見ていただきたいと思います。




上位機種との比較

炎月BB・タイラバ
下の表で2機種のスペックを比較するとお分かりいただきやすいと思う。

BBの方がギヤ比が低いので当然最大ドラグはBBの方が上。これは大鯛を釣り上げたときに違いが顕著に現れる。といってもその差は少しだけどドラグは強めでなければ掛けてファイト中にドラグがすべる。強引に寄せてこれない。

ギヤ比の違いで最大巻上長も違うと思ったらなんとその差は1cm!しかもギヤ比が高い上位機種のほうが短い。

あとは決め手となったのが自重。BBの方がわずかだが25gほど軽い。

品名 ギア比 最大ドラグ 自重(g) ハンドル 最大巻上長 ベアリング
炎月 100 5.8 4.5 210 51 58 7/1
炎月BB 100 5.5 5.5 185 51 59 4/1

リーリングの滑らかさ!?巻き上げの力強さ!!

炎月BB・リール
炎月BBの方にはベアリングが4個しか入っていないので、7つ入ってる上位機種のほうがリーリングが軽いのは予想がつく。どちらもハンドルがロングなのは巻き上げ時に力が逃げないので嬉しい。

けど問題はそこではなく、上位機種に搭載されているシマノ独自の「X-SHIP」「マイクロモジュールギア」の性能だった。最後まで迷った。

このふたつの機能は自分が普段使っているバス用のリールやスピニングに搭載されていて、その感触はなんとなくわかっていた…。

炎月BB・インプレ
でもこのふたつの機能はリーリングがスルスルというかヌメヌメというかめちゃくちゃ滑らかで好きなのだが、タイラバでは巻上げが軽すぎて等速巻きするときに手元がブレてしまう(スティーレで経験済み)です。(自分の場合)

そんでもって、自分はせっかちな方なんでテンポよく巻くはずがいつの間にかファストリトリーブになっていたり(笑)

ショップで手にとってみて巻いてみてもそんなに違いを感じなかったし、値段も半分以下だったのでBBにすることにしました。

充分なタイラバでのリールセッティング条件

炎月BB・タイラバ
基本的な設定は釣行前に済ませておくのがおすすめ。

サイドを開く使用になっているのだが、これも揺れる船の上でいちいち設定してられないというか、蓋を海に落としてしまったりしたら元も子もなくなってしまう。

上位機種にはSVSといって外部についてるダイヤルとメカニカルブレーキとでサイドを開けなくても設定できるが、そんなにバスフィッシングみたいにルアーの種類が豊富でないタイラバの場合、自分は設定は一回でいい気がしてるので、何の問題もないかと。

炎月BB・ブレーキ調整
先ほどの遠心ブレーキの設定より前にやっておきたいのがドラグの調整とメカニカルブレーキのセッティング。

ここもふつうのベイトリールとなんら変わらないセッティングでいいし、調整の仕方もBBでも何ら問題を感じない。

自分の最適なセッティングはメカニカルブレーキはいつもならほぼ0の状態。タイラバの場合は80g前後のオモリを真下に落とすだけなのだがその際にガイドなどどこかに引っかかると、スプールにかかるブレーキが弱すぎてラインが跳ね上がってスムーズに落ちていかない。
それを防ぐためにも多少メカニカルブレーキはいつもよりキツ目。

ドラグに関してはラインを手で引っ張ってみて適当な力で出ていくところでセッティングしておいて掛けた時に緩めたり、締めたりしながら調整するようにしてます。いわゆる適当です^^;

みなさんいかがでしたでしょうか?、炎月と炎月BBの違いお解かりいただけたでしょうか?私のようにタイラバで使うならコスパの高いBBにするもよしやっぱり上位機種だよなっていうお金持ちの方も検討する際のお役に立てれば幸いです。












こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です