キャスティングタイラバ (鯛ラバ)の釣り方とタックル

キャスティングタイラバ
キャスティングタイラバ(鯛ラバ) の釣り方~タックルまで
最近流行している!?キャスティングでのタイラバについて詳しく解説します。





キャスティングタイラバとは

通常のタイラバ (鯛ラバ)は船から仕掛けを真下に落としたり、思い切りロッドを振り抜いてキャストはしませんが、

キャスティングタイラバ (鯛ラバ)は文字通り、キャストしてからタイラバを真鯛のいる底に対して横向きに引いてくる釣りです。

横に引いてくるジギングと同じく、船上からの人的なプレッシャーを避けることが可能で、より広い範囲を探れるためキャストすることで多くのヒットゾーンに恵まれることが特徴です。

その特性を生かし、船で沖合に出なくても真鯛が回遊してくるポイントに届く場所なら

陸っぱりからも可能

です。

タイラバ (鯛ラバ)でキャスティングが有効な状況の見分け方

キャストする釣り方が有効な状況は、水深が25mより浅い浅瀬で底に起伏が少なく※二枚潮でないポイントです。

真鯛が底に張り付いているいる状態ならなお良し!!

見分ける方法・判断基準

水深が25m前後(深くても40m)くらいまでで、真下に落とすバーチカルな釣りをしているときに、4,5回リーリング(約3m50cm)くらいしか巻いていないのに、そのレンジでアタリが頻繁に起こるようならその場所はキャスティングでそこから3m50cmくらいの場所を広く探るために斜めにタイラバを通すほうが有効になってきます。

このように釣り方は、その時の水深はもちろん潮の流れや海底の状況で判断します。

こんなときに向いてる!
・水深が25mよりも浅い、浅瀬で底に起伏が少なく※二枚潮でないポイント
・陸っぱりから遠投して釣りたい。
・ブン投げて=キャスティングして「釣ってる感」を味わいたい!(釣れないかもしれないけど笑っ)

キャスティングタイラバ(鯛ラバ) のメリットとデメリット

タイラバで釣るためのいいところと悪い!?というか(これじゃ、バーチカルでいいんじゃない的)なところをまとめてみました。

メリット|キャスティングタイラバ

メリット

● 陸っぱりからもタイラバ (鯛ラバ)で狙える
● 思い切り投げて遠投が可能
● キャスティングの場合スピニング・ロッドが基本。初心者でもはじめやすい。

● 遠投することで素早く広範囲を探れる(ボトム~ミドルレンジをくまなく)

デメリット|キャスティングタイラバ
デメリット
▲ タイラバ(鯛ラバ) 特有の底取りがむずかしい。
▲ ベイト用の通常のオモリではあまり飛ばない
(キャスティング用ルアーが必用)
▲ 人数の多い遊漁船の上からではオーバーヘッドキャストでの遠投は不可能
(アンダーキャストやサイドキャストは練習が必用。)
▲ ロッドが全体的に重くなる。
(ショアから投げるキャスティングの重たいタイラバ(鯛ラバ) を投げるのに耐えうるロッドを選ぶとどうしても仕方がない)

キャスティングタイラバの釣り方

キャストするタイラバ (鯛ラバ)の釣り方にはとても重要なことがひとつあります。

ダウン(潮の流れる方向)にキャストするのではなく、アップ(潮上=流れてくる方向)にキャストすることが大事になってきます。

ジギングしている最中にやるナブラ撃ちや、通常の河川や港湾部でするルアーフィッシングのキャストとほぼ同じです。

もちろん真鯛は潮の流れの向く方向に頭を向けているので、真鯛の後ろからタイラバを引いてくるイメージです。
魚の目に見えないところから、見えるところに動くものに反応しやすい性質をついた釣り方です。

逆にダウンキャストした場合、真鯛の目に入りやすくなりますが追いかけるときに反転する必要があり、かなりの高活性じゃない限り追いかけてこないので釣果に大きく響きます。

釣り方②キャスティング方法

キャスティングの仕方は、陸っぱりでは思い切り後ろに振りかぶっての通常のオーバーヘッドキャストでいいですが、

オフショアで(船で沖に出て)キャスティングする場合は、狭い遊漁船からになるのでもちろんアンダーハンドキャストサイドキャストが基本になります。思い描いたポイントへキャストするには、多少の練習とコツが必要です。

遠くに広く飛ばすほど釣れる確率が高くなります。

釣り方③リーリング方法

リーリング(巻き取り)のやり方は、バーチカルの時と同じく着底してからすぐに巻き始める「タッチ&ゴー」が基本です。
フルキャストしてからゆっくりとタイラバが着底するまで待って、底についたと同時くらいに巻き始めるのが大切です。

1キャストした最初の落としはじめだけリールのヴェールを返さず(ベイトタックルの場合クラッチを切らず)にフリーフォールで着底させます。せっかく遠投したのにカーブフォールでは沈みながら手前に寄ってきてしまうからです。

基本的にそこからは、速巻きです。通常のバーチカルなタイラバでは想像もつかないくらいの速さで思い切り巻きましょう。

釣り方④タイラバの動かし方

ルアーフィッシングでいうアクションのつけ方です。
着底したら、すぐに速巻きこれが基本になります。

そのほかにオフショアではなく、特に陸ッパリからのときに応用としてリフト&フォールで食わせる釣り方もあります。

キャストして着底したら、すぐに巻きはじめ10mくらい(回数でいうと15回転くらい)巻いてきたら、一度ロッドティップ(穂先)を水面に向けてロッドを下ろし、
ヴェールを上げてラインを出しながらフリーフォールさせ、再度底に着いたらまた10mほど巻き、これを繰り返します。

キャスティングタイラバ・ロッド

それではタイラバ (鯛ラバ)でキャスティングする場合の、タックルについて解説します。
まずは気になるロッドとリールについて。

タイラバ (鯛ラバ)でキャスティング用のロッドに求められる特徴

ロッドは、許容重量も肝心ですが、それよりもブランクスにパワーがあるものが必要です。

オフショア(船から)ならば、取り回しの良い7フィート前後の長さがよく、遠投が絶対条件になってくる陸っぱりからの場合ルアーの

ベイトでキャストするとなるとバーチカルな真下に落とす釣りとは大きく異なり、練習が必要なので慣れていない人にはスピニングタックルがおすすめです。

しかし、キャスティングとなると=スピニングと勘違いする人も多いと思いますが投げて遠投するからといってスピニングでなければいけないことはないです。50g前後のタイラバならフルキャストしてベイトタックルでも充分飛ばせます。

元々ベイトは重たいジョイントルーやスイムベイトを操るために進化してきたロッド(ベイトフィネスは軽量)なのでパワーはスピニングよりあり太いラインを使えることがメリットで、クラッチ一つでラインを切ったり送ったりできるため手返しが良くジギングするひとにベイト使う人が結構な確率でいるのもそのためです。ただ上手くキャストするのには練習とコツを掴むまで時間がかかります。

手軽にキャスティングでタイラバ (鯛ラバ) ゲームを楽しむならスピニングタックルから始めることをおすすめします。

おすすめのキャスティングタイラバ・ロッド

まずは、オフショアで船の上からキャスティングする場合のおすすめロッド!!

ダイワ 紅牙 AGS C72HS-METAL


ヤマガブランクス シーウォークタイジギング SWTJ-75L


シマノ 炎月SS S610MH


メジャークラフト エヌピージャック NP-JACK NJS-58/4


ダイワ ブラストBJ 63HS


キャスティングタイラバ (ショアラバ)の陸っぱりスぺシャルロッド!

陸っぱりから大遠投するなら、振り抜いた時のキャスト精度と感度、掛けた時のパワフルなやり取りが可能な高剛性のブランクス!

決して言い過ぎではない!重たいルアーを大遠投して太鯛を狙うロングレングスロッドならこやつ!

シマノ コルトスナイパー BB ショアジギング S906MH


45gくらいまでのタイラバやメタルジグメインで大遠投して広く探りたい人には…
シマノ ネッサ CI4+ S1002MH


キャスティングタイラバに適したリール

リールは、スピニングならジギング用で代用ももちろん可能。
シマノなら3000番~4000番、ダイワなら2500番~3500番クラスがちょうどいい。

「H」などの表記があるハイギアタイプのほうが、速巻きも大鯛が掛かってから寄せるまでのやり取りもラクなのだが、初心者にはノーマルギアのほうが距離感とかを取りやすくておすすめ。
特に遊漁船で船頭の言う「あと何回巻いて!」と言われるのは大抵1回転巻く量を70cm前後と過程して言っている場合が多いので、ノーマルギアの巻取り長さが短いほうが素直に支持に従えばいいので操作もし易くなる。

ただ高額のジギング用のスピニングリールになるとほぼハイギアクラス(巻取り量換算)しかラインナップがない。
ここではジギング用も含め、「ロッドよりもリールは高性能」を選ぶ自分なりの持論に基づいて主観的な観点でミドルクラスを中心に並べてみた。

ダイワ 17紅牙 AIR 2508PE-H


シマノ 17ツインパワーXD C3000HG


ダイワ 16キャタリナ 3500H


シマノ 15ツインパワーSW 4000XG

ダイワ 15ヴァデル 3500H


キャスティング用タイラバ・ヘッド

キャスティングに特化されたタイラバであれば申し分ないが、決してキャスティング専用じゃないと釣れないことはないので何も無理に買い揃えておく必要はないです。専用のタックルがあれば、通常のバーチカルなタイラバで十分飛ばせる。

重さはキャスティングの場合、40gが基本。

どんなに遠投したくても60gもあれば十分広く遠浅の場所を探れます。

しっかり安定的に泳がせるため、それぞれのウエイトごとに最適な形状を徹底的に追求してキャスティング専用設計のタイラバ☆彡紅牙シリーズの特徴であるフックとネクタイの部分がユニットになっていてラインを結び直さなくても交換が容易。








こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。