春のタイラバ攻略ヒント!重要なのはネクタイのカラーと水深(タナ)!

春のタイラバを制す!カラーとネクタイの色選び&ポイント選択

春・タイラバ
みなさん!お待たせしました春です^^!

長~い、なが~い耐え忍ぶ冬を乗り越えやってきたタイラバの時期の到来です。ここから約6ケ月くらいはシーズンが続きます。

春といえば真鯛も乗っ込みシーズンに突入します。乗っ込み=産卵期です。ルアーマンの間での通称スポーニングの時期です。
気温が温かくなるに連れ、産卵行動に移り産卵前にはエサを荒食いすることから”釣りやすい時期”!?とよく言われますが、

答えは No!wo~~

まだまだ4月過ぎても初夏の6月近くにならないと水温が低いままであることが多く(場所による)、
低活性なんです。決して活性が高いわけではありません。

それと春のこの時期に産卵期を迎える真鯛は、普段よりも大きな群れをなして大場所に移動するのであっちこっちに分散しポイントが定まりにくい 時期でもあります。
しかしそういった大きな群れで泳いでいる分、ポイント一発ハマってしまえば爆釣も可能なのがこの時期なんですね。

釣れる季節のようで…そうでない!?奥の深い春のタイラバの攻略法を皆さんが知りたいと思われる順にヒント教えます!

本当は秋だった!食っても満足「もみじ鯛」のヒミツ 鯛…。この単語からすぐに思いつくイメージは威風堂々とした格好に艶やかなピンク色をしたうろこが特徴の魚、まさに春の桜のような感じがします。そう、だっ...

夏の高活性時の真鯛をタイラバで捕獲する攻略方法! 夏のタイラバは、気温も上がり、風もなくなり、陽射しが心地よく朝まずめからのデイゲームが気持ち良くなってくるこの時期船の上からタイラバ落とすだけの...

「秋」は誰もが認めるタイラバ (鯛ラバ)ハイシーズンの到来! お待たせいたしました。遂にやってきました!真鯛のハイシーズンです!もっとも活性が上がり釣れやすくなるこの時期は産卵のために散らばる春や水温...

あなたの忍耐力が試される!極寒のタイラバを制す男の物語どうしてこうしてこんな真冬の海でもタイラバ好きは追いかけていくんです!あれだけいたるところで「冬は釣れない」っていわれてるのにわざわざ海に出よ...




春のタイラバのカラー

春・タイラバ・カラー
どの季節においてもいちばんアングラーが気にするのがタイラバのカラーでしょうね。

でもって最初から種明かししちゃいますと、オレンジオレキンアカキン。まずこれから試してみるべきです。

なんだそれ?定番カラーじゃねえかよって思った人「お帰りなさい^^」(笑)
ようこそこちらへ^^;

春のタイラバのヘッド(オモリ)は定番で十分ことが足ります。はずしてもゴールド系まで。
それよりも肝心なのが次にご紹介するネクタイの色です。

ヘッドよりネクタイの形状と色

大切なネクタイの色選びとカラーローテーション。
朝早くからの釣行だとまだ日の昇り切っていないうちはシルエットがはっきり映るものがよいので、これまた定番のレッドかオレンジ。

少し海中に陽が差しはじめる時間帯になると、ここからグリーン+ゴールドフレーク(またはグリーングロー)。
もっと日が差してきて完全に陽が上った状態になったときにゴールドに変えていく。

これはベイトが小魚だったと想定しての春のタイラバのネクタイの色選びだが、ほぼこのカラーローテーションで間違いなくいける。

あと大切なのは、ネクタイの長さ。あまり教えたくないけど…。

それほど活性が高くない時期なので、アタリ自体が微細で乗せにくい。なのでネクタイは短めのカーリータイプがおすすめ。

はやめに読んで覚えておいたください!釣れるタイラバのカラーってなかなか口にしないもの、ネットを探してもはっきりと触れているところはめちゃくちゃ少ない。それもそのはず誰も教えたくないからです!釣れる...

ハヤブサフリースライド ツインカーリー ラバー&フックセット

フックはいつもよりワンランク小さめに、リーダー(ハリス)を長めにして吸い込みを良くしてやるといい。

船釣りでもPEラインとリーダー使用は全盛時代! エサ釣りがメインの人にはわかりずらい単語かも知れませんので一応おさらい。 リーダーとは、リール側の道糸とタイラバ側のフックを固定しているハリスとの間に...

重要なポイント&水深 (タナ)

春・タイラバ・カラー
冒頭で説明したように春の真鯛は産卵期を迎えるために大きな群れをなして大場所を移動する。

普段ではいない島々の護岸のすぐそばまで、産卵のためにシャローエリアに接岸してくる。
水温が12℃以上になると徐々に活動をはじめ、15℃以上になると産卵場所まで移動しはじめる。

がそんな場所はいくらでもあるので群れは大きくてもいたるところに散らばっているために広大な大海原では見つけにくい。

ただその分、いったん一人にアタリが出ると群れをなしているので続々と釣れるという爆釣モードに入ることもあるから、そういった場所を見つけるにはオフショアの場合でも基本ランガン

くまなむレンジをボトムからミドルまで探ってもアタリが感じられなければすぐに移動。これがいちばん釣果に繋げやすいです。魚探を確認しながらいそうな場所を見つけたらそこでやってを繰りかえします。

水深 (タナ)は通常ならボトムに沈んでいる真鯛は産卵期になると海底から20mくらいのミドルレンジ(中層)まで上がってくる。
産卵が海面近くのシャローで行われるためだと考えられている。

いかがでしたでしょうか?少しはためになったでしょうか?
みなさまの春の釣果を楽しみにしております。

タイラバ(鯛ラバ) の釣り方は“一定の速度で巻く”がキモ。タイラバ(鯛ラバ) は基本遊漁船などで沖合に出て船の上から真下に疑似餌をつかった仕掛けを落とす釣りが一般的です。磯や砂浜などから、長いレングス...

潮周りを把握してタイラバ (鯛ラバ)を制す! タイラバ (鯛ラバ)の釣れる潮と時合って?そもそも関係があるのか?気になります。ショアの釣りなど特に、汽水域の河川とか河口域では少々時合を外しても、歩き回っ...

タイラバ (鯛ラバ)でもっとも釣りやすい時間帯とはこの章ではタイラバにおいて釣れる(釣れやすい)時間帯について掘り下げてお話してみたいと思います。(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); ...







こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。