タイラバの結び方。ムダなく遊動式タイラバを交換する方法

最終更新日

タイラバ・結び方
現在のタイラバの主流である遊動式は直結

現在タイラバの釣り方でもっとも多用されている遊動式タイラバは、その鉛の部分とフックの付け根についたラバーで出来たスカートとネクタイの箇所が別々になっていることで

沈もうとするオモリに対して後からゆくっりとまるで小魚や甲殻類が泳いでいるかのように動くのが特徴です。

ですから当然、この遊動式の動きを損なわない⇒というよりこの動きを生かす結び方が釣果に結びつきやすくなります(結び方だけに…^^;)
ルアーマンがよくつかうスナップなどは構造的に遊動式では使えません。

タイラバ(鯛ラバ) を"釣るために動かし強靭"な仕掛けの結び方 タイラバ(鯛ラバ) は現在、PEラインの使い方が最近の主流です。ほぼナイロンやフロロ一辺倒っていうひとはいないでしょう。 という...

遊動式タイラバの動きを殺さない結び方タイラバには固定式と遊動式の2種類あり、現在の主流になっているのは遊動式と呼ばれる鉛の部分とフックの付いたハリス側が別々に動き、バラシ軽減やより繊細な動きを演出し...




これで充分!超簡単最速で強力な結び方を覚えておく

一般的で結ぶのに時間がかからないでタイラバなら充分な強度を持ったクリンチノットの結び方を解説します。

ほかにもまだ強度からみると強い結び方はあるのですがちょっと結びにくかったり、上手に結ばないと結び目が汚くなり逆に強度が落ちるので
より簡単に誰でもすぐタイラバに必要な強度を保つ結び方をするならこちらで充分。何度結び替えをしても素早くできるこちらがおすすめです。

タイラバの結び方画像1
①、黄色い方がタイラバ側のハリス、ヒモがリーダーになります。まずはハリスにくぐらせます。

タイラバの結び方画像2
②、Aの支線を下から上にB本線にクルックルッと4回ほど巻きつけます。

タイラバの結び方画像3
③、②でできた輪っかにAの支線をくぐらせます。

タイラバの結び方画像4
④、今度は③でできたの書いてある輪っかにAの支線を通します。

タイラバの結び方画像5
⑤、これが通した状態。わかりにくくてすみません。(汗)

タイラバの結び方画像6
⑥、Bの本線を押さえて、A支線を引っ張りとクルックルッと巻いた部分がタイラバハリス側に寄ります。そこでBの本線をぎゅっと締め上げてきつく結びます。

タイラバの結び方画像7
⑦、余分なAの支線を切り取ったら完成!

簡単でしょ!?(私の説明とか写真がわかりやすいかどうかは別として…泣)
これ覚えておくとけっこう何にでも応用ききます。ぜひ習得してください。

ラインを切らずにタイラバを交換できる結び方

まずは、こちらの動画をどうぞ↓

遊動式タイラバの場合、ヘッドやスカートの色を交換しようとするとその都度ラインを結び変えなければいけないので当然ラインをカットして交換する以外方法がなかった。

もちろんその度にリーダーの部分が少しづつ短くなってしまうデメリットも多かった。

そこで誰が見つけたのかはさだかではないが、最近巷で噂の「鯛ラバのラインを切らずにヘッドやスカートを交換できる結び方」だ!

一度試してみるといい、どれくらい船上での釣行時に重宝するか・・・。

一度船に乗る前にでもロッドとリールをセットして先に結んでおけばポイントに着いてからいくらでも変えたい放題なのだ!一瞬でヘッドとネクタイも交換でき、ラインも短くならなくて一石二鳥。

頻繁にタイラバのヘッドや、ネクタイのカラーを交換した人ならこちらの結び方が非常におすすめ!!

鯛ラバ釣りではなくてはならない存在「タイラバ」のおすすめ品をご紹介します。けっこう重要度高いはずのタイラバ釣りにおけるタイラバ(ヘッド、錘ほか)の存在。ここにあげるタイラバは、一応全部実釣で使って...

釣れるタイラバ (鯛ラバ)のネクタイ これまでのタイラバは、ルアーと同じ疑似餌の部類に入るが、「遊動式」という独特の特性上、 その他の魚種の疑似餌と違いスナップ等が使えないので交換するのにもいちい...

アジングのジグヘッドについて詳しくお伝えするページです。重さの選択がカギ!?といわれる理由と使い方からおすすめをご紹介。関連するジグヘッドケースやスナップの有無に結び方も解説します。いまさら聞けな...







シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする