シーバス ワーム ジグヘッドの重さ、釣り方別選び方

シーバス・ワーム・ジグヘッド・重さ
シーバスでのジグヘッドを使用したワーム・ゲーム。

そのユラユラとまるで本物の小魚のように泳ぐ自然なアピールをしてくれるワームは昨今増えてきたスレたシーバスをも口を使わせる道具として見直されています。

とは言ってもいいところばかりではなく、合わせる

ジグヘッドの重さの選択やフックへ上手くセットしないとそれぞれのワームが持つ本来の動きをしてくれない

など、ワームには特有の気難しさがあります。

そこでシーバスでワームを使うには切っても切れない最強タッグであるジグヘッドについて、釣行するポイントで変わる釣り方ごとに選ぶ最適な重さの選び方と、おすすめのジグヘッドを紹介します。




シーバスでワームに使うジグヘッドの重さ

ワームはまだまだシーバスでは使わない人のほうが多く未知だと思っている人もいるでしょう。

真冬のアミパターンやこれからの時期のバチ抜けシーズンに入るとその本領が発揮される場面が増えてくるので、この機会にぜひ使ってみてほしいと思います。

ワームの持つ本来のより自然な小魚の動きに等しい艶めかしいアクションは、
シーバスは現在どこのポイントもハイプレッシャー化が進んでおり、その性能と役割が見直されはじめています。

今後活躍の場がますます増えていくと思われるので、まだプラグでしかシーバスをやったことがない方も今のうちに上手な使い方を身に着けておくと良いでしょう。

まずはジグヘッドの適切な重さをシーバスのポイント&シーン別に見ていきます。

河川のシャロー、河口の干潟でワーム

重たすぎると底を突付いてしまうので、水深が50cmくらいのシャローでも底スレスレを引いてこられるくらいの重さが重要になってくる。

最適な重さは

1/4oz=7g

前後。

港、堤防でワーム

水深がありあまり軽いジグヘッドだとしっかり沈んでくれないので任意のレンジを図りにくい。

こういったときジグヘッドの重さは

1oz(28g)、もしくは3/4oz(21g)、または1/2oz(14g)から
ご自分が行く堤防周辺の水深と潮流によって決める

といい。

目安としては水深が10mくらいまでなら14gでも沈む。潮が早いときはいつもより重めがいい。

ボートシーバスでワーム

ボートシーバスでワーミングする場合のジグヘッドの重さは、ボートで行くポイントによって大きく異なります。

岸壁際の堤防のスリットから穴撃ちなどには1/4oz=7g前後を基本でいいが、ボートで少し沖に出た沖堤防や外洋に面した大きな橋脚回りなどは水深があり流れもあるので1/2oz(14g)以上の重ためが適しています。

サーフ

サーフでのシーバスでワームのジグヘッドの重さはというと

遠浅のサーフの場合は、1/4oz=7g

前後を軸にして入れ替えるほか、

急深の場合は、3/4oz(21g)から1oz(28g)

くらいが使いやすい。

底をコツりながら引いてくるよりも、ボトム直上を底をナメるように引いてくるほうが釣れるので、あまり沈み過ぎるようであれば調整しましょう。