夏のシーバス釣り方!!、ナイトゲームとデイゲーム、ポイント

夏・シーバス・ルアー・釣り方
一般的に夏季というのは6月、7月、8月のことだろう。

この季節、ずいぶん気温も高くなり人間的には活動がしやすく、外に出るのが気持ちいい時期になってくる。
が、シーバスにとっては夏という季節はどうなのか?

せっかくの私たちのアウトドアも盛んに行きたくなる季節なので
夏のシーバスのシーズナルパターンに、ルアーやポイント選びなど覚えておき思い切り夏をエンジョイしたい!




夏のベイトの種類と特徴

夏の代表的なベイトパターンは以下の2種類。

湾奥や堤防からのシーバスでは

イワシパターン

になってくる。

河川ではイナッコパターン

だ。

6月に入っていわゆる初夏のころから徐々に
こうした傾向がいたるところで見えてくるようになる。

月別夏のシーバスのメインベイト

パターン 6月 7月 8月
イナッコパターン
=
=
=
イワシパターン
=
=
=

堤防沿いでは水面に見える場所でビュンビュン
泳ぎまくり、ときには飛び跳ねたりする小いわしを目にする。

河川で潮が引き護岸スレスレの浅瀬に無数のイナッコを見かける。
それらを逃げどころのない浅瀬に追い込んで食すのもこの時期から。

目の前で見る夏の下げ潮のシーバスのボッコンッ!とライズして捕食する姿は見ものだ。

夏のシーバスの釣り方

ベイトのパターンがわかったら今度は、適したルアーを選び、釣り方を見出していきましょう。

秋につづく

2番目のハイシーズンに当たる夏の釣り方は基本ミノー

ミノーを夜ならゆっくりとただ巻き。日中ならば見切られないようにミディアムリトリーブか。途中でトゥイッチやジャークを入れてリアクションバイトで食わせる釣り方がいい。

夏のデイゲームでは、バイブレーションの速巻きや、リフト&フォールが有効になり、日中でも夜でもフローティングペンシルやポッパーなどトップウォーターの釣り方にも好反応を示します。

釣り方は、ゆっくり一定のテンポでドッグウォーク。シーバスでトップの釣り方が成立することは夏の最大の特徴と言えるでしょう。

シーバス 夏のナイトゲーム

必ず釣りたいのであれば、夏でもシーバスはナイトゲームのほうが釣れる!
シーバスは敏感でとてもナーバスな生きもので、外気や水温の変化はもちろん水中に届く光量の微妙な変化で口を使うか使わないか大きく異なる。

夜の周りの静かで無駄に光が差し込まないナイトゲームのほうがいつの時期においても有効な時間帯となる。間違いなく夏はシーバスの活性も上がっておりさらにロープレッシャーなナイトゲームは釣れやすい

しかも夏は、日中がとにかく熱い!!日差しもガンガン身体全身に当たるし気温が30度を超すときも頻繁にあるのでウェーダーなんて着ているときは灼熱地獄となりかねない。熱いのが苦手な人はナイトゲームをおすすめする。

夏のシーバスはデイゲームで満喫する!

とはいえ夏だ!、アウトドアを満喫したい!と思う人もたくさんいることだろう。
自分もそのひとり。夏はおすすめはデイゲームだ!

やっぱり夏のシーバスはデイゲームを思いきり楽しみたい!!
どんなに暑くても、きらびやかな日差しを全身で浴びながらシーバス・フィッシングを楽しむ。これに尽きる。

日焼けなんて、夏の男の証と言わんばかりに焼けてもへっちゃら(笑)

ナイトゲームと比べると釣りにくい状況なのは確かであるが、確実にシーバスが居着いているであろうポイントに、そのポイントにあった潮周りや時間帯に行きパターンさえ合わせれば釣れる。

デイゲームの攻略はバイブレーションが良いと言われているが、普通に

ドシャローの干潟でミノーやトップペンシル

でも釣れる。夜のシーバスゲームはこれから秋に入ればハイシーズンとなりいくらでもできる。

釣れなくても、日ごろ会社で感じているストレス発散や心の病の治療にも効果がある…と思っている(笑)
あの太陽の輝きを感じ、釣ってる間の気持ちよさは夏のシーバスの醍醐味なのだ!

夏のシーバス、ポイント探しのポイント!?

これまで見てきた夏のシーバスのシーズナルパターンからどんなルアーの選び方と攻略の仕方もある程度理解してもらったと仮定して、次に進みたい。

ここからは、肝心の「んじゃ、どこで釣るのがいいの?」という質問。

夏のシーバスにおいて絶好ポイントとは?にお応えします。

水中・川底

ポイント選び⓵水温と水深

夏は水温が上昇しやすく、
シーバスも比較的水温が上昇しにくい
水温の低い深場に移動する。

水温があがりにくい、水深のある場所がおすすめ。

その代表となる一級ポイントは
沖堤防や大型河川が接岸するような護岸

水温・水中酸素

ポイント選び⓶潮通しと水中酸素

潮通し=常に水に流れがあり

判断するには、泡やゴミがたまっている場所では
潮通しが悪く温度が上昇しやすくなっているので避け、

逆に河川などでは副河川から水門などの
流れ込みがある場所や、

河川のみお筋に近い橋脚や、消波ブロックなど潮がぶつかって
流れが生まれる場所などは潮通りよく

水中の飽和酸素濃度も安定していると
思われるので最適な場所。

陸続きの堤防なら、その先端が最も潮通しが良いとされる。

また、覚えておくといいが
水温が上昇するとプランクトンが異常発生して
水中が酸欠状態になる「赤潮」という状況が生まれやすくなる。

塩分濃度が上がると水中の酸素濃度は低くなる

ので
河川のほうが夏はいいかもしれない。

単純に考えると水に流れの起きにくい
閉鎖的水域と呼ばれる湾奥よりも汽水域の河口

河口よりも河川の中流域よりも上流といえるし、

広大な大海原よりも面積に対しての
ベイトの割合も多い河川がおすすめだ。

いかがであったでしょうか!

アウトドアでシーバスのルアーフィッシングを
気持ちよく体感するにはもってこいの夏。

しっかり楽しみながら釣果を残すには知識も必要ですぞ!