こうすれば必ず釣れる!春 3月、4月、5月のシーバス釣り方マニュアル

シーバス釣り方・春・3月・4月・5月

春のシーバス釣り方をマスターしえもらえるように大事な箇所まとめました。

シーバスには必ずその時々の季節によってシーバスのエサになるベイトが変わります。

シーバス釣りのルアーフィッシングは疑似餌(ルアー)を使った釣りなのでもちろんこのベイトを意識した釣り方が基本になります。




春のシーバス釣り・ベイトパターン

3月、4月、5月代表的なベイトパターン
●バチパターン
 早いところでは、2月の中旬頃からはじまり、4月いっぱいまで続きます。

●イカパターン
 3月~5月、大河川の河口や港湾部で夜によくみられるパターンです。春のボートシーバスのパターンとしても有名です。

●稚鮎パターン
 早いところでは3月の中旬~遅くは6月初旬まで続きます。

このように冬のアミパターンに代表される季節も終わり
少しづつシーバスのベイトの大きさも大きくなってくるのが春です。
(まだまだベイトが小さい「マイクロベイトパターン」の時期ですが。)

春におすすめするルアーの特徴

ルアーサイズ

春のシーバス釣りにおいてはルアーのサイズが決めてになる場面が多いです。
●バチパターン
 バチパターンに使うペンシルべイトの場合、逆で9cm~それ以上あるほうが比較的アピールが強く適しています。
●イカパターン
 長さは大体、5cm~7,8cmくらい
●稚鮎パターン
 稚鮎の長さはとても小さく、5cm前後くらい。

問題は、子イカや稚鮎をメインに待ち構えているシーバスで、5cm~7,8cm以上の大きいルアーでも食ってくることもありますが

基本的にこの春の時期は、シーバスが小魚ベイトのサイズに対して非常に敏感になる時期といわれており、あまり大きすぎるルアーのサイズを好みません。9cm以上のルアーだと食ってこないなんてザラに起こったりします。

その点バチが抜けるポイントさえ知っていればバチパターンのほうが比較的簡単に狙って釣れます。

ルアーのカラー

●バチパターン
 実績が高いのがレッドや、バチピンと呼ばれるベリー部がピンクとかレッドのものが実績があります
●イカパターン
 イカに似て見えるクリア系がスタンダード。釣行は夜間が多いため、蛍光のパール系、コーラルピンクやシルバー系など。
●稚鮎パターン
 ナチュラルベイト。もしくはクリア系など。少々派手なカラーでもサイズさえあっていれば釣れる。ただしナチュラル系は1本は準備しておきたい。

春のシーバス釣り・ポイントと時間帯

●バチパターン
 大潮の潮が動く夜の時間に、底から浮き上がり潮の流れに任せて浮遊しているバチを待ち構えています。河口や湾奥。
●イカパターン
 子イカは1匹で泳いでいることはなく、ほとんどの場合大群でいます。光に集まって表層付近を泳ぐ子イカ狙いやすくシーバスの警戒心が弱まる夜が有効。堤防など港湾部の護岸。
●稚鮎パターン
 河川の中流域~河口までがポイント。デイゲームでも釣れないことはないだろうが基本夜の釣りになる。

春のシーバス釣り方

●バチパターン
 泳ぐというよりは流されて漂うバチをイメージしながら、デッドスロー(超ゆっくり巻く)が基本となる。

抜け切る前はレンジがボトム~中層付近のこともあるが、
目に見えるくらい抜けている状態では表層付近をゆっくりと動かす。
●イカパターン
 こちらもゆっくりと優雅に泳いでいるように。1回転2.5秒~3秒くらい。時々1,2秒止めたり、軽くジャークさせたりするのも有効になるときも。
●稚鮎パターン
 5cmほどの大きさの稚鮎が複数の群れをなしてゆっくりと表層付近を泳いでいるのをシーバスは下から狙っています。
 どのレンジがいちばん当たりがあるかを確認しながら表層~ミドルレンジをゆっくりただ巻きします。