18ステラ vs 18イグジスト!フィッシングショーから実機体感レビュー

昨年末から話題に上っていた、世界でも有数の2大リールである、シマノ・ステラとダイワ・イグジストが2018年に生まれ変わることとなったのは周知のとおり。

持っている、使っているだけでもステイタス性を感じる二つのリールはシーバスアングラーのみならず誰もが一度は手にしてみたいと願う憧れのリールでもある。

2018フィッシングショーで実際に触れてきたので、2機種へそれぞれ

自分なりの評価と感想

をここで述べたいと思います。

このライバル関係にもあるシマノとダイワのフラッグシップであり人気のリールが、新機種が同時期に発表されるという…。各々が敵を意識した戦略!?も感じられ、それがまた私たちファンの心を躍らせる。

満を持しての登場となった18ステラと18イグジストのふたつを、気になっている人の比較検討に役立てもらえると嬉しいです。




ファーストインプレッション

もう至る所で、主要証言等スペックやラインナップは公表されているので、そちらの比較検討はやめておき、

難しい理屈は抜きにして、単純に実際に手にとって触ってみた感想と評価をまとめてみました。

今、日本国民が大注目している証なのか、ま~この2機種のブースだけすごい人だかりが出来ていました(笑)

パッと見、見た目

・ステラ
18ステラ・レビュー・シーバス・リール
何度もみるたびになんかカッコ良くも見えてきたけど、基本的にやっぱりこのスプール表面に施された10ステラのような、ブツブツ穴が気になる。
14ステラと比べると

高級感にかける

。その分ステイタス性が薄れた気がした。

ただし

上位機種らしい重厚感や安定感は感じられる

。デザインは好みによるだろう。

・イグジスト
18イグジスト・レビュー|シーバス・リール
ステラと比べてさらにこちらも先代(現行モデル)と比較すると、なんかのっぺりした見た目。
見た目はシンプルで渋くてカッコ悪くはないが、現行15イグジストのような重厚なドッシリとしたイメージはまるでない。高級感は感じられない。

よく言えばシンプル。いい言い方をすると、

「端正なルックス」、「容姿端麗」

といった印象。

どちらかと言えば18ステラのほうが、高級感のある重厚なイメージ

持った感触・巻き心地

・ステラ
18ステラ・レビュー|シーバス・リール
持った時に感じる重量は14ステラと比較してもあまり変わらない印象だった。
軽くもなっていなければ重たくもない。(感じた印象は)

巻き心地も、元々シマノの上位機種にあったヌルヌルするようなスムーズなリーリングは健在!
もっと良くなっているかもと感じるほどだ。

・イグジスト
18イグジスト・レビュー|シーバス・リール

軽い!驚くほど軽い! 

シマノの16ヴァンキッシュあたりに匹敵する軽さと感じた。
15イグジストよりも確実に見た目がコンパクトになった印象。

巻き心地は、最近のダイワもシマノのように軽くスムーズになっており、さすが上位機種と言わんばかりの滑らかさ。

軽いとどうしても剛性が気になるが、シマノの軽量素材で作られたCi4+と比べると、何故かダイワなら安心感が持てる気がする。

2018 カタログ

シマノ・カタログ・18ステラ
ステラのほうは、フィッシングショーのブースにカタログ!?
展示用なのかとても豪華な厚みのあるカタログが置いてあり、無料で持って帰ることができました。

帰ったあとで知ったのですが、ダイワはWEB予約するとフィッシングショーで貰えたみたいですね。
お金を払えばネットでカタログも購入できるみたいですが…。

総じての評価は!?

双方の第一印象と、自分なりの感想を述べてみました。

自分個人の偏見も含まれているので、迷われている人がいたら参考程度にご判断はご自身で!