ボートシーバスルアーおすすめ8選と意外と知らないボートならではの選び方必須条件4つ


ボートシーバス湾奥の岸壁やストラクチャーやスリットの際までボートで近づいたり橋脚の際まで近づいたりして釣るために、聞くと陸っぱりやウェーディングよりも釣れやすいように思うかもしれないが決してそんなことはない。ほかの陸っぱりやウェーディングとは釣り方が全く異なるので、当然使うルアーしかりタックルも違ってくる。

そこでボートシーバスで1軍投入できるルアーに的を絞ってみた。ボートシーバスでの釣り方から見たルアーに求められる特徴を分析し、その分析した結果からおすすめのルアーを導き出してみました。

ボートシーバスのルアー選びに迷ったらこちらからどうぞ!!




ボートシーバスでルアーに求める特徴から見る選び方

基本的な釣り方を簡単におさらいしてみて、
ボートシーバスで釣れるルアーにほしい特徴や基本性能とはどのようなものかを見ていきます。

Check① 立ち上がりの速さ

ボートシーバスは文字通り船の上からの釣りになるので、動いている場所からキャストするためにルアーが着水してから任意のレンジに到達するまでに狙ったはずのポイントからズレていることもある。トレースしてくる距離が短くヒットポイントが狭い

陸っぱりから狙うU字メソッドやドリフトなどのように流しながら徐々に沈めていく釣法はかなりやりずらい。

アングラーを支点にして右から左まで5m

くらいの半径以内がトレースさせる幅となる場合が多い。

すぐにアピールさせることができる【立ち上がりの速さ】が求められる。

小場所の仕様なので飛距離を犠牲にしても固定重心のルアーが好ましい

Check② 潜航速度

ボートシーバスに言えることはキャストしてから狙えるポイントが狭いために、いち早く任意のレンジに到達できるルアーでないと、レンジに入ったはいいけど底に沈むまでに狙ったポイントからかけ離れたところに落ちていることになってしまう。
限られた小場所で1回のキャストで【すばやく任意のレンジに潜れる能力】が求められる。

Check③ 波動アピール

上記2点とつながるが、ボートシーバスはポイントが非常に狭いので、この時点でいち早くシーバスにアピールをしたいので、狙ったレンジまでフォール中にも【波動が入る】ルアーがいい。もちろん、すばやく立ち上がらせすぐに動かすことが肝心。

Check④ レンジキープ

狙いを定めたところに到達したらすばやく動かすのは当然だが、ルアー自体のアクションやリーリングスピードが速すぎるとアっという間にポイントから外しかねない。
じっくりとシーバスにアピールさせ、見せる時間を長くとりたいのでスローリトリーブでもしっかりレンジキープしてくれるルアーがよい。

なおできるなら止めたときにステイして、水流によって微動してくれるものが好ましい。

ボートシーバスのルアーミノー編

これらを考慮する場合、最も汎用性が高いミノーでいうと必然的に大き目のリップ付きのシンキングタイプやディープダイバーでサスペンド能力を持っているルアーとなる。

メガバス X-80 Beat SW

言わずと知れた橋脚などピンポイントの小場所狙いで人気の高いX-80のビート
浮くのを抑えレンジキープしながら左右へのスライド・ダーティングする設計。またストップした瞬間は、「身もだえダンス」をしながらフォール。リトリーブ停止時にもシーバスを惹きつけ、フォール中のバイトも誘発してくれる。ボートシーバスでも実績が多い間違いなく一軍ルアーの筆頭株。これ1本だけ持っていっても釣れる。

ノリーズ オイスターミノー92

着水してからすぐに動かせる立ち上がりを重視した固定重心はボートシーバス向きなのだ。
固定重心で不利になる飛距離は、リップ裏面のキャスティングフィンによってフォローする事で高浮力と飛距離を両立。そして特徴的なのがジャーク時のダートと、その後のストップ。強く水を押しながらも軽快に左右へ首を振り、ストップさせるとその場でロールするようにボディを揺らし、バイトのタイミングを作り出します。シーバス好みのロールアクション。「湾奥サスペンド」設定。

バレーヒル・エアディープ 80S

着水してから一気に狙いのレンジまで潜る潜航の速さがボートシーバスに効く!トレース幅の少ないバースのスリットの奥へ打ち込んでも素早く潜るので、釣果は格段に上がり、より多くの魚を獲ることが可能となります。ボディに内蔵された高純度・高比重ムービングウェイトによって強風下のロングキャストでもストレスを感じないゲーム展開を実現


ボートシーバスルアーその他

ボートシーバスでも例外なく、主力はミノーだが、もうひとつ持っておきたいルアーがある。
風が強い日や、1日の釣行の間に時合から外れた時間帯でシーバスが広範囲に散らばってしまっているときなどに、遠投も可能でカウントダウンしさえすれば浅い場所から深い場所でも思いのままに任意のレンジを探れるバイブレーションだ。

おすすめバイブレーション

大体7cm前後のバイブレーションならほとんどの場所で問題ない。重さは水深が5mくらいまでなら15g前後。それ以上なら21g~1oz(28g)と2種類用意しておくと使い分けができる。が、私は18g~21gの一辺倒でどうにか持たしている(笑)

スミス ベイブル 70S

最近イチオシ☆彡のバイブレーションがこれ!、バイブレーションは前掲姿勢で尻をブルブル振るわせながら泳いでくるのが一般的なイメージであるが、このルアーは水平姿勢を保ちスローリトリーブでも泳ぐ。超スローリトリーブでも機敏に動くから、狙った層を長い時間トレースできることはボートシーバスにおいて武器になる。また水平を保つバランスの取れた姿勢はフォール中にもバランスを崩さないのでラインが絡むこともなく、岸壁に沿ってロッドを上下させるヨーヨー釣りに適応する。

バスデイ レンジバイブ 70TG

もうシーバスシーンでバイブレーションといえばこれしか思いつかないくらい浸透していて実績のあるバイブレーションで、もはや説明は不要なレベル。もちろんボートシーバスでも威力を発揮してくれる。


おすすめスピンテールジグ

バイブレーションとともに広大な外洋を広く、しかも全レンジ探れるサーチベイトととして有効なのがスピンテールジグだ。そのアピール力の大きさは大場所でこそ発揮する。かなり遠くまでアピールするフラッシング効果はバイブレーションとはまた違った使い方が考えられるので、ボートシーバスにおいても1本もっておけば引き出しが増える。

アングラーズ リパブリック グルナード18g

スピンテールジグ|ボートシーバス・ルアー
釣れるルアーの中でもコスパ最高のスピンテールジグ。みんさんお馴染みコア〇ンのものは釣れるとしても高くて(おおよそ倍違う)財布に優しくない。

おすすめの理由はもうひとつ、テールの羽根がラインを結ぶフック部分と貫通ワイヤーになっていてジャークを入れるとボディの動きと違う動きをする半遊動式になっているところだ。ほかの固定式よりアピール力があってこの値段でしかも釣れるなら損はなし!


おすすめメタルジグ

港湾部で岸壁際を狙うのは陸っぱり専門の釣り方ではない。

ボートシーバスで沖堤防などストラクチャーすれすれに近づいていき
堤防の壁際側面に沿って真っすぐメタルジグを落とし、ジャークを入れたりする。

バイブレーションの横の釣りとは違い、縦に探っていく釣り方ができる。

Blue Blue フォルテン 20g/30g/40g

“素早い立ち上がり”を重視した設計。まさにボートシーバスや岸壁ジギングによるシーバス専用のメタルジグといっても過言ではない。

素早くボトムを取り、底からショートジャークやただ巻き。潜りが速くあやふやになりがちなボトムタッチも明確にアングラーに伝えてくれる。素早く潜るために狙った場所をピンポイントで確実によりスピーディーにサーチできるために手返しが良くなる。

はっきりしておく!フリーフォールさせてもヒラを打ちながらのゆっくり沈むスローシンキングタイプのメタルジグはキャストしないで壁キワキワを狙う岸壁ジギングには向かない

このフォルテンなら任意のコースを外すことなく上から下まで、より丁寧に探ることができます。
食いが渋い時やベイトが小さいときにもかなり有効!


港湾部でトップウォーター

ボートシーバスでも真夏の港湾部ではトップが有効な場所や時間がある。
トップでなければ食ってこない状況もある。

そんなときに迷わず投入するトップウォーターのルアーがある。

バスデイ シュガペン 95F

シュガペン|トップウォーター|ボートシーバス・ルアー
ボートシーバスとなると河川よりも港湾部や外洋にでることがほとんど。
その場合トップウォーターが有効になってくる時期で考えられるベイトの種類は河川にいるアユやイナッコ、ハクではなく、地方によって異なるがほとんどが小イワシ、小さなサヨリ、イカナゴやキビナゴなどになってくる。

そうなるとあのシルエットに似せた

マッチザベイト

を考え、釣れるルアーといえばこの1本しか選択肢がない!

河川で有効なザブラポッパーやPOP-Xでは小さすぎる。フェイキードッグやジャイアントDOG-Xでも不満。

もう少しベイトのサイズが大きいならTDソルトペンシルもイケる!


この章ではボートシーバスで有効なタックルを紹介します。ボートからシーバスは魚のいる場所の近くまで近づいてルアーを通すので「釣りやすい」と誤解されやすいが当然狭い船の上からの“投げて巻く”を繰り返す釣...

ボートシーバスには2種類の釣り方があり、大きく分けて船から真下に落とし、巻きまっすぐに引き上げてくる岸壁ジギングに代表される「縦の釣り」とキャストしてからボトムもしくは中層から表層までを横に引いてく...







こちらもおすすめ!