秋9月、10月、11月のシーバス攻略メソッド!ランカー狙えるハイシーズンのススメ

最終更新日

秋のシーバス画像
夏のギラギラした日差しが弱まり朝晩少し肌寒く感じてくる9月ころになってくると水温が下がってきて、
シーバスもアングラーが近付ける好ポイントまで接岸してくるようになり、
寒い冬越えに備えるためと、産卵前に栄養を貯えておくためにエサを荒食いするためシーバスは回遊しはじめます。

ルアーのサイズやカラーに非常にセレクティブな真冬や早春と違い、多少大きめのルアーにも好反応を示すために
数釣りが期待できる時期でもあり、同時に主になるベイトも大きく大型のランカーシーバス狙いにもベストな時期になります。

有名ポイントはもちろんのこと、秋になると週末は県外からの遠征組も多く見かけるほどプロアングラーも狙うシーズンですがよくルアーにじゃれてくる時期で

初心者でも数釣りが体験できる良いシーズン

です。




春のシーバス釣り方をマスターしえもらえるように大事な箇所まとめました。シーバスには必ずその時々の季節によってシーバスのエサになるベイトが変わります。シーバス釣りのルアーフィッシングは疑似餌(ルアー...

一般的に夏季というのは6月、7月、8月のこと。シーバス釣りにおいて6月、7月、8月の夏の時期はハイシーズンの秋にも勝るシーバスの活性が上がる釣れやすい時期に入ります。この季節、ずいぶん気温も高くなり人間...

シーバスの場合冬の12月、1月、2月はオフシーズン!?ではないです。シーバスは年中釣れる魚です。決して冬はシーバスが「釣れない」わけではなく、「釣りにくい」だけです。冬に産卵時期を迎えるシーバスは深場...

まさに9月、10月、11月はシーバスのハイシーズン

秋はシーバス釣りにおいてハイシーズンに突入します。この時期は産卵を控えたシーバスが餌をたくさん食べて栄養を体に蓄積させる時期であり、エサを荒食いすることからルアーへの反応が良く、初心者の方でも最も釣れやすい時期に入ります。数釣りも期待できるためシーバス釣りをはじめたくても難しそうで躊躇していた人にとっても始めるのにうってつけの時期が秋なのです。

またメインに捕食するベイトの産卵期や旬の時期が重なることで、それら大きなベイトを捕食する1年中で最も大きいランカーサイズのシーバスが狙えるのが秋でもあります。

内外の一級ポイントと呼ばれる場所ではどこのフィールドも、ランカーシーバスを求めて著名なアングラーの遠征組でごった返すのもこの時期の特徴です。

シーバス釣りでまだ一度も釣れていない人でも、はじめての釣果が出せるのが秋です。サイズの大きなシーバスも期待できるのでこれまで釣れたシーバスの中でサイズ記録更新だって夢ではありません。

初心者の方も釣りやすい時期に入るので、秋のシーバス釣りのパターンを熟知し、適切なタックルを選んで釣果につなげましょう。

四季の中でランカーが一番狙いやすい!秋のシーバス

秋のシーバスおすすめルアー画像
秋は産卵前のシーバスが餌を荒食いする時期で、一年中で最も食いが立つ時期で釣れやすいときなのでけっこうどんなルアーでも食ってきやすいのだが、パターンを読み取りルアーがマッチザベイトだとハマれば爆釣も夢じゃないのが秋のシーバス!

また秋特有のコノシロや落ち鮎といった大きなベイトにもためらわずに食らいつくいてくる個体の大きなランカーを狙いやすいのもこの時期の特徴だ。

そんなシーバスハンターたちにとって夢のような秋のシーバスを狙って捕獲するためのおすすめルアーをご紹介します。

秋のシーズンから見たベイトの表です。こちらを基にして、それぞれのパターン別に、ポイント選びと釣り方を見ていきます。

秋はシーバスが捕食するベイトも大きくなるのが特徴で、代表的なものは河川の「落ちアユ」パターンと、外洋の「コノシロパターン」に分かれます。※(地方によっては河口などの汽水域でコノシロが上がってくる場所もあります。)

パターン9月10月11月
サヨリパターン
=
=
=
コノシロパターン
=
=
=
落ちアユパターン
=
=

秋のルアー選びの、定説は「いつもより大き目サイズ」。いつもの7cm~9cm前後のルアーより若干大きめの12cm以上で狙って釣れる。

いつもなら食っても乗りにくい大き目のルアーでもためらわずに使うことが秋のランカーハンティングのキモ。

秋のサヨリパターン

サヨリは9月頃から春先にかけてと回遊している時期が長いためこのパターンでシーバスを狙えるかどうかはそのポイント時々で大きく変わってきます。個体でいる場合も多く、

表層に泳いでいる群れでいる場合が最も狙いやすい

のですが初心者には少し難しいパターンだと思います。

秋のサヨリパターンのポイント

サヨリパターンに最もよいのは港湾部です。ポイントの見極めとしては沿岸でまさにサヨリ釣りをしている人達がたくさんいる場所です(笑)
それらを狙ってシーバスが追っている可能性が高いです。護岸整備された釣りのできる海浜公園とかもいいと思いますが本来のサヨリ釣りを楽しむエサ釣りの方がたくさんいるので邪魔にならないように気を付けましょう。

秋のサヨリパターンの釣り方

水面直下型のサーブサーフェスミノーから表層~直下20cmくらいまでをゆっくりタダ巻きしてきます。水面から飛び跳ねるような動きをすることもあるため、タダ巻きで反応がなければ時折トゥイッチを入れてやったり、ゆっくり漂わせながら時々止めてやりストップ&ゴーも有効な時があります。ただ本当に難しいシーバス釣りの一つです。

秋のサヨリパターンのルアー

長さは12cm以上のもので表層系のフローティング(F)タイプがおすすめです。
夏から引き続き9月、10月初旬など初秋には堤防付近や港湾でサヨリパターンが成立する。

夏ごろの10cm前後だった小さなサヨリもこの時期になると15cm~20cmとかなり大きなる。ほかのパターンと比べると釣り方は難しい部類に入ります。
秋のシーバスおすすめルアー
メガバス カッター 128 HT IL サヨリ
V字型ヘッドで、強い引き波も左右へ受け流しながら独特の揺らぎアクション。
この12.8cmという若干大きめのサイズでこの揺らぎアクションが秋のシーバスにベストマッチ!

文字通りHT IL サヨリと言われる艶めかしいカラーもルアーを操るアングラーのモチベイションを上げてくれる。

シーバスアングラーはベテランほど言う「サヨリパターンには手を出すな!」存在するパターンのなかでも1,2を争う難しさだというのはテスターさんやプロアングラーも多いのは周知の事実。そんな難攻不落のサヨリを...

コノシロパターン

シーバス・秋・コノシロパターン
出典:Megabass-メガバス

体高があり丸々太った10cm~30cmにもなるシーバスが好むベイトの中でもサイズが大きいので、それらを追って回遊してくるシーバスも必然と大型のランカーサイズが狙えます。そしてこの大きなベイトゆえにそれらの群れにくっついているシーバスも大型の個体が多いのです。

秋といっても晩秋11月~1月くらいまでの間楽しめます。場所は落ちアユとは違い、河口から港湾部やサーフの外洋に近い場所になります。コノシロは水面近くにいる場合が多いのですが、まれにボトム付近に群れでいることもあります。

くまなく全レンジを探れるルアーは必需品です。

コノシロパターンのポイント

コノシロについているシーバスを狙うには河口や港湾部、サーフがポイントになります。まず行きたい河口や港湾部、サーフに着いたらメインベイトとなるコノシロの有無を確認します。近くに泳いでいることはなく、思ったよりも沖にいることが多いです。

群れで泳いでいますが目視でベイトの群を確認することはむずかしいのでこれらのベイトも表層を泳いでいるので初めての場所は何かしら水面がざわついているなどの感覚で判断します。確認の方法は音。水面がペチャペチャといっている範囲が広がっているようならコノシロの大群がいる可能性が高いですが、それ以上に確認の方法はルアーを投げてみない限りわからないです。

一度コノシロの大群がいると思われるところへルアーを通してみて、コンッ、コンッとルアーに当たるようならベイトの群れです。

コノシロが生息している砂地が多くある防波堤がらみのサーフとかも有効です。秋のコノシロは水面を群れで泳いでいるので目視で何となく見つけられます。

コノシロパターンの釣り方

コノシロはくねkねとしたウォブリングの動きで泳ます。表層を泳いでいることが多いですが、ボトムに群れでいることもありそれらを考慮しこの泳ぎ方に似せようと思うと

大きさと波動などから、少し軽めのバイブレーションをスローリトリーブかミディアムリトリーブで引いてきます。

私のホームでは大体10月~1月いっぱいくらいまでコノシロパターンが有効な時期が続きます。基本的に群れで水面直下を泳ぎ行動しておりその下にシーバスが居着いています。

レンジは水面直下10cmくらいからそこで食ってこなければ少しづつ下げていきます。サブサーフェイスからミドルレンジ。もう少し寒くなる晩秋から冬にかけてはリフト&フォールでないと食ってこないときもあります。

コノシロ付きのシーバスおすすめルアー

秋のシーバスで海水域での代表的なメインベイトといえばコノシロ。

11月~地方によっては2月ごろまで狙えるコノシロパターンは、大型のものは30cmほどにもなる個体も混じる。
それらを捕食しに来るシーバスはもちろん個体が大きくランカーだけを狙って撃ちとりやすい。

水面付近に群れでいることもあれば、底に群をなしているときもあるので全レンジをくまなく探れるルアーは1本は持っておくべきだろう。個人的にコノシロパターンで狙うなら「まずはひとつルアー」ならミノーよりも大型のバイブレーションがおすすめ

日中でも夜でも、泳ぎの早いコノシロに合わせてファストリトリーブ(速巻き)でも任意のレンジをしっかり泳ぎ切ってくれるバイブレーション系が釣りやすい。
メガバス コノシラス GGコノシロ
いつ頃からか秋になるともう見飽きたというくらいどこかでも見たことがあるであろうルアー

それもそのはずコノシロ付きのシーバスには、サイズが大き目で多少アピールが強めでもよく泳ぎよく潜るバイブレーションは非常にアドバンテージが大きい。

そんな多様な条件を満たしてくれる、ありそうでなかったのがこのルアーなのだ!

バイブレーションなので、扱いやすくコノシロパターンを攻略するルアーを揃えるのに最初の1本としておすすめのルアー

この章では、ランカーシーバスが狙える晩秋~冬にかけてのコノシロパターンの攻略方法を解説します。単なる机上理論ではなく実践に基づいた、実戦派ノウハウです!河川のリバーシーバスの代表である「落ちアユパ...

秋の落ちアユパターン

秋のシーバス落ちアユパターン画像
出典:鮎・渓流いろいろ釣行記

上流から腹が赤くたくさんの子を持った通称「落ちアユ」が産卵を迎えるために中流~下流域まで下りてくるのを狙ってシーバスが遡上して来るところを狙います。かなりの上流までも登ってきます。

水温が下がりはじめるアユの産卵期。この時期になると産卵のために河口域まで下りてきます。お腹にたくさんの子を持ちまんまると太ったアユや、産卵を終え弱ったアユをシーバスが捕食します。

水温が20℃以下~15℃くらいに下がりはじめたときがおおまかな目安です。元々上流の淡水にいたアユが汽水域まで産卵のため下ってくる=落ちてくるのでこの名がついています。

コノシロパターン同様に大型のランカーサイズのシーバスが釣れる時期でもあり、晩秋になるとプロアマ問わず有名ポイントは連日ごったがえしています。

落ちアユパターンのポイント

落ちアユは産卵のために河川の中流域~下流、河口まで降りてきます。そのアユの産卵に適した場所をまず見つけます。落ちアユたちが好む産卵場所は「」です。「」とは流れが速く水深が浅い場所です。

水深が浅く水の中まで生い茂っているウィードや側面に多くのオーバーハングがある場所は絶好のポイント。そのような場所を見つけたらそこから下流側に流れがある方向でシーバスが捕食するのでそこにルアーを通せるポイントに立ちます。

またアユの産卵は毎年同じ場所で行われると言われており、一度良いポイントを見つけたら毎年その場所で大きなシーバスに巡り合えるチャンスもあります。

河口近くにもいますが汽水域にこだわらずに上流に近い塩分濃度が薄い場所にもいることが多いです。

産卵のために降りてきた落ちアユが最も産卵場所として好む河川の「瀬」にそれを狙うシーバスが集まります。最寄りの河川を足で探してみましょう。

釣り方

基本的に落ちアユパターンは動かさずに”流す”のが基本です。動かしてもドリフトかデッドスローが有効です。

ルアーを単純に引いてくるというよりかは産卵を終え弱ったアユの個体のように「漂わせる」イメージ。ルアーを動かし過ぎず水流に乗って泳がせるつもりでゆっくりと巻いてくるのがコツです。

落ち鮎付きのシーバス・おすすめルアー

秋の海のメインベイトの代表がコノシロなら河川でのメインベイトは間違いなく落ち鮎だろう。
河川でもこんな大きな個体が居たのかと思うほど大きなランカーサイズのリバーシーバスが狙える。

これも

12cm以上の大きめのルアーで、「止め」が効き、「泳ぐ」ルアー

なら最高です。

秋のシーバスおすすめ落ちアユルアー画像
ブラックバスでのデカバス狙いのビッグベイトではその名を知らない人がいないほどド定番。

この時期の河川のドシャローで完全に力を使い果たし、弱った体でゆるやかに泳ぐ鮎を見たことがある人も多いだろう。まさにマッチザベイトで狙えるルアーといえばこれに尽きる!サイズといい動きと言いまさにマッチザベイト!

今でこそいっぱい出てきているが、ジョイクロは元祖S字系ルアー。その大きくゆったり泳ぐ様はまさに産卵後の瀕死の落ち鮎を演出できる。

ソルト用もあり、同じく大型のルアーに反応するコノシロにも使える汽水域、海水域両方イケるビッグベイト・ルアー。
ガンクラフト ジョインテッドクロー178F 鮎の一生 錆び鮎

河川メインのシーバスアングラーご用達の落ちアユパターンのシーズン。この頃、名の知れた有名ポイントは連日連夜で地元でも遠征組でプロアマ問わずごった返す。この時期にしかお目にかかれない主級のランカーシ...
楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!






シェアする