シーバスの最強ノット!?ダブルラインのウソ・ホント

シーバス・ダブルライン
以前からショアジギングを中心に使用され

シーバスシーンでもぽつぽつ使っている人を見かけていた
ラインの結び方のひとつ「ダブルライン」

その最強ノット!?と呼ばれていた

本当のところの強度とか

じゃ、なぜ強い結び方なのに
FGノットほど、トレンドにならないのはなぜ?

など多くの疑問が出てくるわけで

ぶっちゃけ、本当のところどうなの?

この質問を軸にいろいろ調べてみたのでご紹介します。




ダブルラインって何?

そもそもダブルラインって何なの?
という疑問が出てきます。

PEラインはリーダーと結ぶ必要があるわけですが、

PEラインは細く、片方のリーダーは太い。

細いラインと太いリーダーを結ぶ際にはこの

太さの差異によって結束力が弱まります

ライン同士の太さの違いが大きければ大きいほど、結束力は弱まります。

またプラス、ラインの強度が100%だとすると
ハーフヒッチ一回結んだだけで、その個所の強度は約半分になるといわれています。

細いほうのPEラインをダブルライン
すなわち2本に束ねて太さをリーダーに近づけ結束部分の強度を上げようというのが
ダブルラインの結び方になります。

シーバスにダブルラインって必要?

現代のシーバスシーンでダブルラインを使っている人はごく稀です。

磯や根まじりのサーフなどで、ヒラスズキとかをターゲットにしている場合、“使っている人もいる”くらいの低い確立かと思います。

なぜなら近年のシーバスで主流になっているラインの結束方法の「FGノット」は摩擦を利用し、細いラインを太いラインに食い込ませ強度を得るやり方のノットで結びコブを作って結束するのではなく摩擦力で締め上げるためダブルラインにしても意味がないからです。

FGノットでもラインの持つ本来の強度の約80%の強度を発揮することができます。

結論から言うと、それほど無理に使うほど必要がないということになります。

シーバスのどんなシーンで有効?

シーバスでダブルラインを使うとしたら、
どんなときかと申しますと

上記で述べたようにほとんどシーバスにおいて使いどころはないです。

磯ヒラを狙うのであれば、深い根のあるポイントでリーダーを極太くしなければいけない時などに

メインラインをダブルラインにして横スレに強くしておく方法もあります。

ただし、極太のリーダーを
ダブルラインで結んだ場合、

結びコブが大きく太くなりすぎてキャストするときにガイドに引っかかって遠投しにくいという欠点が出てくるので

ご自身の行くポイントにあった
個々の的確な判断が必要です。

知っていて損はなし!最強ダブルライン・ビミニツイストの結び方

私はボートからのシーバスも
ショアジギングもするので

青物とか狙うときに必要と感じれば
ダブルラインで結ぶこともあります。

使わなくても引き出しが多いのと、
最初から引き出しが少ないのでは大きな差
が出ます。

それは余裕とか気持ちのゆとりです。

こんな結び方で大丈夫かなと、思いながら釣るのと、自信を持って投げるのでは釣果に差がでると思いませんか。

シーバスではあまり出番がないと思われるダブルラインですが、今でもジギングでは根強い人気を誇っているのも確かです。

覚えておいて決して損はないと思うのでこちらにダブルラインの結び方の動画を掲載しておきます。







こちらもおすすめ!