最新シーバスルアー!現代はこう使う!もはや知らなきゃ嫉妬レベルのおすすめ理由と使い方


シーバスルアー画像
シーバスルアーは数あれど、本当に何が一番いいのか迷うし、自分で買ってみたもののまるで釣れなかったり…。釣れると噂のルアーもちゃんと使わなければただの宝の持ち腐れ!

シーバスも昨今のフィールドはとてもハイプレッシャーでルアーの選択ひとつで釣果が変わることも少なくない。

そこで現代のシーバスルアーの傾向から釣果に結び付ける使い方を基に最新おすすめシーバスルアーをまるっと公開いたします!

ボートシーバス湾奥の岸壁やストラクチャーやスリットの際までボートで近づいたり橋脚の際まで近づいたりして釣るために、聞くと陸っぱりやウェーディングよりも釣れやすいように思うかもしれないが決してそんな...

現代のフィールド事情からのルアー考察

シーバス釣り画像
シーバスルアーもその時々で時代の流れに沿うように変化を遂げてきました。現代は昨今のシーバスシーンの進むハイプレッシャー化により釣り難くなってきており、そこが大きな課題のひとつにもなってきました。もうすでに”ルアーのことは知っている”シーバスによりナチュラルに(よりスレさせない)、時にはハイアピールで誘え、さらに飛ばせ、しかも今では扱いやすさにまで研究が重ねられたものも存在します。

そのような現代のシーバスシーンにアングラーが望むルアーの傾向を下記から解説していきます。

昨今のシーバスルアートレンド

いくら釣れるルアーだと聞いてもその特性や「どうしたかった」のか、どのような目的として開発されたかを理解していくとおのずと使い方もわかりやすくなります。ここでは今のシーバスルアーに見られる傾向を見ていきましょう。

 

飛距離

シーバスルアー飛距離イメージ画像
飛距離を伸ばす性能はもう今のルアーの流行を考えたときに真っ先に思い浮かぶ必須条件のようになってきています。すでにスレた足元ではなく、誰もがまだ到達していない場所へ届けられるように、より遠くへ飛ばせるよう改良がされています。

また居るであろう場所のさらに向こう側へ飛ばせることで個体のまわりからより広く、より長くアピールできることへも繋がっています。

立ち上がり

シーバスルアー立ち上がりイメージ画像
昨今のルアーを見てみると、これまで飛距離を重要視するあまり、犠牲になっていた「立ち上がり」も固定重心(これが必要な場面も存在する)から移動式へと変化しました。

着水してから、本来のアクションをするまでの泳ぎだしの部分はシーバスに見切られないために大切な要素。

各ルアーメーカーから、さまざまな方法で立ち上がりを克服したルアーが開発され世に送り出されています。呼び名は違えどその多くはマグネット式(磁石を使用したもの)が主流になりつつあります。

 

スレさせにくさ

シーバスルアーイメージ画像
画像: Blue Blue

そこにシーバスがいることはわかっているのに釣れないのはルアー自体の選択を間違っている(状況に合っていない)、または使い方が間違っているなどの理由もありますが、今の時代すでにそのポイントのシーバスがスレていることも往々にしてある。

そういった状況時に投入できるルアーがローアピールのもの。その多くはブリブリと泳ぐミノーよりもゆるやかに流れに乗って蛇行するシンペンに多く見られます。

 

扱いやすさ

シーバスルアー操作性イメージ画像
シーバスルアーの性能を理解していてもタックルバランスなどの相性もあって、使い方を間違えるとまるでただのプラスチックと鉛の塊と化してしまうこともあります。

それに初級者には使い方がわかっていても使いこなすためにはある程度テクニックが必要な場合もあり練習と慣れもいりますが、なんでも”探せば見つかる”時代になっては、この扱いやすさまで考えられたルアーも出ています!

ほぼただ巻き、誰でも投げて巻くだけで釣れる!?と謳われたものまである。本当にそれだけで釣れるかどうかは…。ご自分でお試し願います。

レンジキープ力

シーバスルアー立ち上がりイメージ画像
画像: fimoルアー研究所

状況によりそこに居るシーバスに見合ったルアーを適時の使い方で扱うことは最低限の釣るための条件。シーバスルアーだけに当てはまるものではないが、狙い定めた一定のレンジで長くルアーを見せておきたいのも当然あります。

リーリングしている間にどんどん浮き上がったり沈んだりするようだとねらい目から外れてしまい、アピールどころかスレさせてしまい兼ねないため、水を噛み水流を上手く味方につけて、任意の目標レンジを泳ぎ切ってくれるものが求められてきました。

レンジキープ能力はタイプが代表的なところでシンキングやフローティングなどいろいろ種類が分かれますが、現代のルアーはどれも優れており、従来あったメリットを追求し過ぎて出てしまったデメリットみたいなものを持った個性的な性能!?のルアーはなくなってきています。

最新おすすめシーバスルアー

これだきゃ持ってりゃほぼ無敵!
シーバスルアーの種類は現在その数にすると軽く1000は越える。好みにもよるしメーカーの言い分だけ聞いているとどれも釣れる気がするけど実際は自分のフィールドと使い方によるものがほとんど。だからみんなルアー選択に迷う。

そこでシーバス歴10年、タックルに掛けたお金は100万円には収まらず、振り返れば新車で自動車1台買えるほどつぎ込んでしまった経験を生かして筆者が、ルアー選択において迷った人をお導きします!

昔からあり未だ使いどころがあるルアーも含めながら「これだけは押さえたい!」最新シーバスルアーのおすすめをメモしておくので購入時の参考にしてください。

ミノー

アムズデザイン サスケ105 / 120 烈波
おすすめシーバスルアーサスケ画像
なんだろう、アピールが強すぎずかといってアクションしていないわけでもないこの繊細!?ともいうべき美しいアクションは見ているものも安心できる安定感があります。これがシーバスにも効果があると思います。そしてシリーズ中もっともバーサタイルな105サイズがおすすめ。

湾奥向きのSFとサーフや磯、大河川の河口向きの烈波120のちょうど中間で、烈波ほど潜らずSFほど浮かうわけでもなく、トップとか水面直下10センチくらいは他にも優秀なシーバスルアーがあるので、そのレンジはほかに任せてその少し下、水面~20、30センチから50,60センチくらいまでのレンジを探るのにちょうどいい。場所は港湾、河川、干潟どこでもいけるまさにオールラウンダーなのだ。

春先から初夏にかけてはSF75で、水温が上がる夏から秋にかけては95For105Fにスイッチします。

永遠の名器「烈波120」も!おすすめ
ランカーの狙いやすくなる秋には烈波120Fの出番!ランカーシーバスで有名な本場では「初級者はまずはこのルアーを使いこなせるように」といわれるほどメジャー。それには長年の裏付けされた強い根拠が存在することは言うまでもありません。

シマノ サイレントアサシン AR-C 99F 狂鱗
最新おすすめシーバスルアーサイレントアサシン画像
アイマのサスケを水面直下から20センチ、30センチのサブサーフェイスで使うフローティングミノーのパイロットルアーとするならば、もう少しレンジを下げたいときにサイレントアサシンはもってこい!

ほかのシンキングミノーを使うより、F(フローティング)でも思いのほか沈むのでミドルレンジ攻略にはうってつけなのです。そこまでシンキングさせたいなら烈波も考えられるがそれよりもワンサイズ小さいシルエットにしたいときにはもってこいのルアーです。さらに沈めたければS(シンキング)タイプ。最新のサイレントアサシンから登場した狂鱗カラーがイカす☆彡
この非常にナチュラルなカラーリングはハイプレッシャーな場所でも強い味方になる。シーバス釣る前に自分がこのカラーに釣られた!?感がある…。

おすすめサイズはもっともバーサタイルな99Fと、対ランカーを見据えた129F。80もあるがこれは特にチーバスやチヌ(黒鯛)対応のライトゲーム向き。なぜならこの80はピッチが狭いロールアクションなのでまるでバイブレーションのようなアクションをするので「小さいミノー」として使うと「なんか違う」と面食らうことになる。

シマノ エクスセンス アガケ120F
最新シーバスルアーおすすめ画像
このルアーの最も特筆すべき点は、水面を這うように口を時々出して泳ぐイナッコにそっくりな水面~直下!?に限定したルアー。水面に少しだけボディを浮かせ後方に引き波を立てながらも、出しゃばり過ぎないアクションをさせたいときはやっぱりこれに限る。

トップでもなく水中でもないこの微妙なレンジキープが秀逸なのだ。これと同じ使い方ができるものに、コモモやガボッツなどもあり、どれも数回浮気をして試してはみたものの結局アガケに戻ってきた。形が似ているがD社のクロスウエイクとかは論外。

飛距離はコモモのほうがサイズを問わずよく飛ぶが、アピールがもう少し派手。アガケは引き波とほどよいショートピッチのアクションのバランスが素晴らしい。シマノの最新の移動重心技術であるX ARA-C搭載で以前のものと比べると各段に飛距離も伸びました。

ペンシル

シマノ エクスセンス クー X AR-C 狂鱗 100F/130F
おすすめシーバスルアーエクスセンスクー画像
やっぱり水中の奥深くから上を見上げているシーバスはデカいのが多い。水面直下10センチ。このレンジこそイワシやイナッコ、サヨリが群れで泳ぐときのレンジに値する。そこにベイトが確認できるエリアなら効果絶大!

水面を這わせるのではなく、完全にボディを水中へ潜らせるも水面ギリギリのレンジを泳ぎ切る性能を持つものはありそうでない。ミノーでいくつか思い当たるルアーも存在するがどれも飛距離がイマイチだったりする。

ライバルとしてアイマのアイボーンシャローが挙げられるが、飛距離は申し分ないものの立ち上りがあやふやになりがちで、着水してから一旦ロッドを下向きに煽ってやらないと重心が戻って来ず…、ナイトゲームではけっこうイライラする。アイボーン118Fから独自の重心移動システムMRDが搭載され立ち上りの問題も改善されたようだが、もっと潜るようになり狙いたい「水面直下10センチ」のレンジキープが難しくなってしまった…。

絶対条件としての「水面直下10センチ」、「飛距離」、「立ち上りの良さ」を兼ね備えたのはこのクーだけ。ルアーローテと同じくらいレンジエフェクトもまた大事な要素であることを再認識させられるルアーなのだ。

シンペン

ダイワ モアザン スイッチヒッター 85S / 120S
最新おすすめシーバスルアーシンペンスイッチヒッター画像
現代はあらゆるメーカーからシーバスルアーが開発されておりどれにしようか迷うほど種類も豊富でシンペンもまた例外ではなく種類も多い。けれど自分が今本当におすすめしたいシンペンはただひとつこのスイッチヒッターのみだ!

シンペン本来は、決して巻きもの系ルアーではない。流れに乗せて漂わせてゆっくりと引いてくることが適した使い方だが、ほかのどのメーカーのシンペンも流れの弱い河川だとすぐに沈んでしまいボトムをとってしまうので、ラインをフリーにしたまた流しているとストラクチャーの多い場所では決まって根掛かりする。自分はこれが嫌でイヤで…やっとたどりついたのがこのスイッチヒッターだ。

これは飛距離は申し分なくよく飛ぶのに、スローに巻いても、少し止めても沈み込まない!一番狙いたい浅瀬の水面直下をそのままずっとキープしながらシャローを引いてこれる。

ミディアムリトリーブだと大きく尻を振るスラロームアクションになってしまうので、やっぱりこれの使い方としてはスローな釣りが一番いい。スッチヒッターのほかに代用品が今のところ見当たらない。

シンキングペンシルの使い方が上達すれば釣果は必ず上向きます。現代のハイプレッシャーな場所が増えたことでよりいっそう重要性が高まったといえます。一見すると使い方が難しいシンキングペンシルを手っ取り早...

バイブレーション

シマノ サルベージ ソリッド
最新シーバスルアーおすすめサルベージソリッド画像
これが登場したとき、あの名実ともにシーバス全盛期に釣れるルアーとして一時代を築き、不動の地位を獲得したかのようにも思われたレ○ジバイブを「完全に超えた!」と感じた現代バイブレーションの超おすすめ品。シーバスデイゲームの立役者泉 裕文さんの監修によるもの。

現代の求められるものがすべて備わっていると言っても言い過ぎではないでしょう。

ぶるぶると手元に伝わるバイブレーション特有の感触は損なわずに、ほぼ巻いているときの引き重りをまったく感じない無抵抗さと肉薄のボディ形状は飛距離を伸ばすことにも成功しています。

メタルバイブ

ブルーブルー トレイシー
最新シーバスルアーおすすめトレイシー画像
発売された当初、シーバスをはじめた若年層を中心に非常に人気があった。フィールドでほとんどの人が持っていたような印象がある。

メタルバイブも嫌というほどいろんな種類を試したが、気になる価格を除外すると結局扱いやすさと基本性能でこれに落ち着く。メタルバイブの場合根掛かりを恐れずに果敢に攻めまくるためには若干、値段が安い方が安心して使える類のものなのでもう少し価格が安ければもっとトレイシー1本でいけるんだけど…。

巻いて引いてくる最中にも浮き上がりにくく下へヘッドを落としたままボトムレンジをトレースでき、フォール中のライン絡みも少ない。

河川であれば15gで十分。堤防など外洋に面した深場であれば25gがおすすめ。

スピンテールジグ

アングラーズ リパブリック グルナード
最新シーバスルアーおすすめグルナード画像
スピンテールの王道といえば、デイゲームで使用するコアマンのパワーブレードが釣れるルアーとして最も有名だが、自分がおすすめするのはこのグルナード。

Xクルーや、ブレード交換のしやすさに惹かれモアザンリアルスピンなどいろいろと試したあと一度パワーブレードに出戻りしたこともあるけど結局グルナードに落ち着きました。

最終的に判断材料となったのは価格とこの半遊動式!?になっているこの貫通ワイヤでした。ここが気に入ってる。

最新シーバスルアー貫通ワイヤ画像
ここが貫通ワイヤーになっていて、少しだけ遊びの部分があってリトリーブして引いてくるとボディの小刻みな震えとは別にブレードが泳いでくるような動きをしてくれます。これはタイラバで主流になっている遊動式のようにブレードフックとアイが直結されておりこの部分が固定されていないのでボディが別々に動くのでより自然に近い艶めかしい動きで誘ってくれます。

おすすめのシーバスルアーを紹介するのは簡単だが、ここでは認知度が低く売れ筋とは程遠いがよく釣れるシロモノだけを見てもらいたい。中には驚くほど釣れるのに、値段も安くお手頃で常備しやすいものもたくさん...

ベリー部のフックはなぜか、ダブルフックが逆向きに着いている。これが気に入らなくてトリプルフックに交換して使っていたこともあるが、そうするとラインが絡みやすくなってしまった。根掛かりを恐れずに魚を掛けるためにもこのまま使用したほうがいいです。

シャッド

ジップベイツ ザブラシャッド 70SS
最新シーバスルアーザブラシャッド画像
デイゲームでシーバスを狙うときに頻繁に用いるルアーはバイブレーションやスピンテールジグがあるが、下げ潮のシャロー、またはド干潮からの上げ潮などではバイブレーションだとボトムをコツき過ぎて上手く一番深い部分をトレースできない時がある。そんなときにはミッドダイバーか、
またはシャッドとなるが自分のおすすめがまずシャッドへ選手交代する。抑えというより中継ぎに近い。

ソルト用に開発されたシーバスルアーでシャッドカテゴリで近年真新しいのはブルーブルークミホンがあがる。もちろん、ただ巻きで釣れるし、シャローではしっかりボトムをリップでコツきながら引いてこられるし初級者でも扱いやすい。おすすめできる要因はいくつかあるが・・・。

楽しみが少ない!

自分がシーバス用のシャッドでおすすめしたいのはジップベイツのザブラシャッド。こっちはどちらかというとボトムよりも少し上のミドルレンジを、軽くトゥイッチ、ジャークしながら巻くのに向いている。釣れない状況(デイゲームでも)有効な手段で、プレッシャーの高いシーバスでも反射的に食ってくるリアクションバイトで誘う。それが楽しい!

ビッグベイト

コアマンxデュオ デプライブ
最新シーバスルアーおすすめビッグベイトデプライブ画像
ソルトでもビッグベイトと言えばジョインテッドクローはやっぱり何だかんだ定番であるが2本目としておすすめはこれデプライブ!

3連になっていることで2連のジョインテッドクローも素晴らしい動きをするがデプライブのほうがより繊細なS字軌道をする。またジョイント部がスイベルになっているため横方向の動きだけでなく若干上下にも触れるのでより艶めかしい動きをする。見比べてみるとよくわかる。

しかも開発段階からシーバス用に専用設計されたビッグベイトだから、もともとフレッシュウォーター用だったものを置き換えたものとは大きく性能が異なる。

ただしソルトで使った場合、止めてもサスペンドしない。スローフローティングでゆるやかに浮き始める。

ビッグベイトでシーバス釣りたい!そのための適したラインやロッドに攻略に向いているポイントなどの条件を解説。さらにおすすめのビッグベイトルアーを紹介するとともに同じビッグベイトでも推奨できないものと...

軸となるルアーの動かし方・完全マスタールアーには基本的な動かし方があります。ルアーの種類によっても動かし方が違うのはもちろん、例え種類が同じミノーでもメーカーが違えばタイプが異なるため使い方が違っ...

出典:メガバスシーバスではあまり馴染みのないスイムベイトについて最近シーバスが釣れると噂になっているので取り上げてみました。もともとブラックバスでは定番的なルアーの一つだったソフトワーム素材ででき...







こちらもおすすめ!