シンキングペンシルの使い方 苦手を克服して差をつけるシンペン上達法おすすめ9

最終更新日

シンキングペンシル画像
シンキングペンシルの使い方が上達すれば釣果は必ず上向きます。現代のハイプレッシャーな場所が増えたことでよりいっそう重要性が高まったといえます。

一見すると使い方が難しいシンキングペンシルを手っ取り早くマスターするために理解しやすいように聞きたいことをまとめてみました。




シンキングペンシルとは

シンキングペンシル画像
いわゆるシンキング(沈む)タイプのペンシルベイト。同じく形状は細長く「ペン」のような形をしているものが多い。

通常のミノーやバイブレーションのような派手な動きはしない。シンキングペンシルは総じて「S字系」や「スラローム」と呼ばれる尻尾を左右に振るほとんど動かない(泳がない)アクションが特徴です。

シンキングペンシルの良い点

まずここでは実際のシンキングペンシルの良い点を並べてみます。

 

飛距離が稼げる

総じて重量があり、形状が空気抵抗の少ない細長いものが多いので飛距離が稼げます。

多くのメーカーが出すシンキングペンシルはそのほとんどが固定重心、無駄にバタつくことなく飛ばせる秘密です。その分着底後糸ふけのライン処理にはある程度の経験が必要です。

 

スレに強い

アクションが派手ではないので、スレに強く、ほかのルアーでは食ってこないなどの状況でも使えることは大きなメリット。

またスレさせにくい特徴から、徐々にアピール系に移行していくなどのルアーローテーションの一番最初のサーチベイトとしても使えます。その場合レンジはサブサーフェス(水面直下)から徐々にレンジを下へ落としながら探りましょう。

 

レンジを刻める

沈めないで着水したらすぐにロッドをあおれば、水面直下を引いてくることもでき、最後まで着底させてボトム付近を引いてくることもできます。シャローからボトムまでくまなく探ることが可能です。

シンキングペンシルの弱点

シンキングペンシル以外のルアーでシーバス釣った画像
シンキングペンシルの弱点として一番あげられるのことが「何しているのかわからない」ということ。

ルアーをキャストしてリトリーブしても全く感覚がない…。水流が多く、風の強い日など釣りをしている気にさえなれない時もあるほど。

その何しているのかわからなくなる原因とシンキングペンシルが毛ぎらいされてしまう理由と克服する使い方をメモしました。

沈下速度が早い

飛距離が望めるよう重たく形状もスリムなため素早く沈みますのであっとうまにドンッと底まで着底してしまいます。

ルアーの持つ沈下速度を把握しておき、前もってバイブレーションやシンキングミノーなどを一度沈めてみてカウントしてからその場所の深さを予め測っておくと、自分で任意のレンジに持っていきやすくなります。

水の抵抗を受けると浮き上がる

シンキングペンシルはリトリーブすればもちろん、巻いていなくても水流に乗って流され始める(水の抵抗を受ける)と浮いてきます。これもシンペンが持つ特徴です。

任意のレンジより浮いてきたと感じたら少しラインにテンションをかけた状態にしてロッドを下し、もとのれんじまで下がったらラインをたわませながら漂わせる工夫が必要。これもまた経験が必要な使い方の中でも上級テクです。

引き抵抗が少ない

シンキングペンシルはアクションをほとんどしないローアピールのものがほとんど。そのためリールで巻き取っている時でもほぼ抵抗を感じません。

どんな動きで泳いでいるのか?いまどこを泳いでいるのかさえ分からない時もありイライラして、ほかのルアーに変えたくなりますが…

でも…これがシンキングペンシルなのです!

これだから、シンキングペンシルでしか釣れない状況があるのです。独特の使い方も何度も経験を重ねて体で覚えてしまえばイメージが付きやすいです。

スローリトリーブ

シンキングペンシルはほぼ「巻かない釣り」です。巻いてもスローが基本の釣り。しかもそれに付け加え上記で説目した「抵抗が少ない」こともあって“何をしているのかわからない”となる要因のひとつ。

が、しかし釣るためにはこの「巻かない」、不用意に「動かさない」ことがシンキングペンシルで釣るための使い方にとって非常に重要になってきます。

やみくもに速巻きにしたり、アクションを入れると全く釣れなくなります。

ラインメンディング

シンキングペンシル使い方ラインメンディング画像
ラインメンディングとは糸ふけやルアーにテンションをかけたい時などのラインの動きを適切な状態にすることをいいます。糸ふけの取り方は後述します。

流速や狙ったポイントへのルアーの軌道を考えながらラインを操作します。

このときラインをたわますか、それとも張っておくかでもルアーの軌道は変化します。またラインを水の中で泳がせるのか、水に浸けないで流すのかでルアーの姿勢自体が異なります。

このあたりのドリフト釣法についてはまた別章で詳しくお伝えします。

これも経験です!シンキングペンシルでやって、実際に釣ってみないことにははじまりません。頭の中で考えているだけではいつまでたっても使い方は習得できないでしょう。

シンキングペンシルが有効なタイミング

シンキングペンシルはこんな場面で有効になってきます。

 

通常のミノーやバイブでは反応がないとき

ベイトの存在も確認済みで、シーバスなどがそこに居るとわかっているときでも、いつも使うウォブリング系のミノーや波動の強いバイブレーションでは食ってこないときにシンキングペンシルの出番です。

ここからのルアーローテーションの方法はまだありますが、シンキングペンシルにが一番釣果が上がりやすくなる使い方です。

 

遠く離れた場所を狙いたとき

沖にストラクチャーがあったり、狙いたいポイントが遠く離れている場合などに飛距離が望め、全レンジを探りやすいシンキングペンシルはもっとも有効な手段。

遠くでボイルしているときなど、普通のミノーでは届きそうにない場所へルアーを送りたいときなどにも有効な使い方です。

 

居るのか居ないのかわからないとき

ここでベイトも確認できていない場合、そのポイントは期待が薄いが、もしベイトは確認できても、居るはずなのにシーバスが見えない場合サーチベイトとしてシンキングペンシルは非常に優秀。

特徴である飛距離を生かし広範囲を素早く、そして全レンジを 満遍なく探ることができます。

バイブレーションで探るよりも、スレさせにくいのその場を荒らさずに済ので、そのあとのルアーローテーションも組み立てやすいです。

シンキングペンシルの使い方

シンキングペンシル使い方画像
シンキングペンシルの特徴を最大限に引き出すための使い方をご紹介します。

 

動かすのではなく「漂わす」

バイブレーションやミノーのように巻いて泳がせるのではなく、
水流に乗せて漂わせる
イメージです。

 

ドリフト釣法

ドリフト釣法とは、水の流れに乗せて、狙ったポイントまでルアーを送る釣り方です。
シンキングペンシルを活用するドリフト釣法の図解画像

 ・基本キャスト
シンキングペンシルの特徴を最も生かした使い方であるドリフトのやり方はまずキャスト。

基本は「流れに乗せて」狙ったポイントまで送るので、アップクロスにキャストします。まずは初級者の方はここから始めてください。

ほかにもキャストする方向で釣り方が全く異なってきます。

 ・フォール
着水したら任意のレンジまで落とします。レンジまで届いたら水の流れを感じながら待ちそこからゆっくりと巻いてきます。

リトリーブの速さで、浮き沈みを調整はできますが、シンキングペンシル自体の重さでレンジコントロールしやすく初級者の方にもおすすめです。

 ・糸ふけをとる
任意のレンジに到達したら余分に膨れ上がったラインの糸ふけは少し取ります。

このときに糸ふけを取りすぎるとルアーが浮いてきたりイメージしていたトレースコースから外れてしまいます。

最初はフォール中に糸ふけは取ることはしないほうがよいでしょう。まずは「レンジをキープ」することと、「スローリトリーブ」を守りましょう。

 ・約3秒に1回転デッドスロー
シンキングペンシルを流れに乗せて漂わせるためには巻きはデッドスローです。ほとんど巻く必要はありません。

使っているリールのタイプにもよりますが、目安として1回転3秒くらいです。

巻いているのか?はたまた巻かないのか?のギリギリ瀬戸際で勝負します。ここで焦って巻いてしまうと負けです。

上達すると流れに逆らってダウンクロスにキャストするときなどは巻かない釣り方をすることもあります。

シンキングペンシルのアタリ

ラインを張らずゆるめずゆったりと漂わせているだけのシンキングペンシルですから、「アタリが取りにくいのでは?」と思うかもしれませんが食ってくるとガツンといつものように強烈なアタリがあります。

シンキングペンシルのロッド

シンキングペンシルを扱うときのロッドはいつもより長いロッドがおすすめ。ティップをできるだけ煽って高い位置にキープできる長いロッドは、ルアーが手前まで来た時に不用意にラインだけ流されるのを防げます。

自分がイメージしたトレースラインを維持しやすくなるメリットがあります。

河川では9.6ft、磯やサーフならば10ft以上あってもいいでしょう。

おすすめシンキングペンシル

 ダイワ モアザン スイッチヒッター

シンキングペンシルのイチオシ☆彡はこれ。その飛距離を呼ぶスリムな形状と適度な重さもあるのに“潜らない”性能が◎。シャローで使いたいときにもすぐに沈んでしまうシンペンでは任意のレンジをキープしにくいがこいつはその心配はない。よく飛んで潜らないから、着水後すぐにリトリーブしなくても潜りすぎないので巻かないで流した後でもシャローを安心して引いてこれる。アクションは広めのスラローム。横への移動が大きいので食いっ気のないシーバスやサイズの小さいチーバスにはやや不向き。

 アイマ ヨイチ 99 ライト

ドリペンとスライドスリムを足して2で割ったような独特の角ばった形状だけに最初は飛ぶのか飛ばないのか疑心暗鬼だったが、めっちゃ飛びます!この個性的な四角いリップに水があたり引き抵抗を生み、シンキングペンシルの弱点を克服して水中での位置や動きを把握しやすくなっているため初級者でも扱いやすい。通常の90では場所を重量があるので小場所では使いにくい。ライトなら23gだとオールマイティに使える。

 ラッキークラフト ワンダー80

アピールしない!?ルアーアクションと、まったくと言っていいほどの引き抵抗のなさは一見すると短所にもとれるがシンキングペンシルではこれこそが最大の売り。このなんの変哲もない動きこそがこのワンダー80の食わせ技。口を使わないスレたシーバスの目の前に通してやると何故か釣れる。ほかにも80以上のサイズがあるが、動きが全く違うしこの80が一番釣れるので購入する際に惑わされないように。

 ダイワ モアザン ガルバ S

シンペンとは思えぬファットボディでごく小さなリップ付きというかなりの個性派シンキングペンシル。ガルバの最大の特徴は、そのスローピッチアクション。小規模河川などレンジをキープしたまま任意のトレースコースをゆっくりと巻け、スレさせにくい。スイッチヒッターが幅広のスラローム系なのに対してこちらは同じく水面直下から潜りすぎないでもっとローアピールにしたいときに有効。風が強い時でもロッドを倒してラインを水に浸して巻いてきても横に滑らないで引いてこれる。またリップが付いているのでわずかに引き抵抗を感じることができるので初心者でも扱いやすい。

 ジップベイツ ザブラ スライドスイムミノー

次におすすめするこれはミノーと名打たれているが紛れもないシンキングペンシル。惚れ惚れするスリムな形状とスタンダードの85で13.5gというシンペンにしては軽い重量で水面直下をレンジキープしやすいくそこそこ飛距離が稼げることがおすすめの理由。MDSは5gプラスウエイトになりさらに飛ばしたい、ミドルより下を探りたいときにおすすめ。

 アトール 邪道 ヨレヨレ

なんの変哲もなさそうな動きだが上から見ると若干、よれよれっとしている。一見すると釣れなさそうな非常にローアピールのシンペンだけど、ただ巻のスローリトリーブからミディアム、ジャークまで対応できる多彩な一面を持つ。若干尻下がりになるので、表層を漂わせる場合は、リトリーブ中に竿先だけをチョンチョン上げ下げしながら巻いてくるとバイトが取れる。

 エクリプス ドリフトペンシル 90 / 110

ランカーハンターから絶大な人気を誇るシーバスの世界ではシンキングペンシルの代名詞的な存在。永遠の名機なのは疑いようがない。側面の多面カットが生む特有のフラッシングとユラユラするローアクションで誘う。シンペンには珍しく速巻きでも動きが破綻しないのが特徴。サイズは110と90があるが、90の15gが場所や状況を選ばずに初級者の方にも扱いやすい。

 アイマ ハニートラップ 95S

体高が高いファット系のシンキングペンシルはランカーサイズの強烈な吸い込みによる丸呑みを回避するための形状だが、得てして犠牲になりがちな飛距離も申し分ない。アクションはS字系スラロームだがほかのの比べるとショートピッチで振り幅が狭くローアピールの印象。オフショアのフォローとしても実績があるらしい。

 アピア パンチライン

次世代版シンキングペンシルというにふさわしい新時代のシンペン。フォール中はローリングしながら沈下。流れに乗って泳ぎ始めるとS字スラロームに代わる。もちろん特有のフラットヘッドで引き抵抗を感じながらリトリーブが可能なので流心に入ってターンしてくるときの情報を手元にまで伝えてくれる。シーバスに最適なサイズは80と95があり、どちらにもマッスル(ウエイトプラス)が用意されている。45や60はライトゲームに。

 ブルーブルー スネコン 130S

これが世に出てきたときには誰もがそのワイドなスラロームに魚じゃなくて自分が食らいつきそうなくらい魅了された!…しかし決定的な弱点がひとつ。シンペン特有の飛距離が望めないことであった。これを操るにはストロングタックルでロッドがMまたはMH以上の固めでなければ飛ばせないし、そもそも釣れない…。ベイトタックルもいい。それも含めてだからこそスネコン使うならもちろん狙うはランカーのみ!大型魚がターゲットとなるからしてサイズは130だけでいい。オフショアの青物専用(180S)もある。







こちらもおすすめ!

シェアする