シーバスが雨の日&後に爆釣する理由と釣れるおすすめルアー

最終更新日

雨の日の水面画像
雨の日と雨降り後はシーバスが釣れる理由を考察してみます。
なぜ爆釣するのかの理由もわかりやすく納得のいくように解説し、雨天時に釣れる釣り方やカラー選びを伝授。

また季節ごとの雨の影響についてもお勉強します。雨の日のシーバスに有効なおすすめルアーもご紹介。

雨がよく釣れる理由、魚の活性が上がるワケ

 

気圧が低い

釣れる気圧を表す気圧計の画像
気圧がいつもより下がると、必然的に浮袋が膨らみ水中の魚も浮いてきやすく個体そのものだけではなく、ベイトとなる小魚も浮いてくるのでそれらをシャローまで追いつめてくるシーバスが増えます。

これが雨の日当日とその前後は活性が高いといわれるもっともな理由です。

 

水面が波打つ

シーバスを狙う雨天時の画像
水面が雨で打たれて、いくつもの波紋ができたり細かな波が立つのでアングラーが近くにいても人の気配に気づきにくい状況が生まれます。

また水面の上を飛び回る鳥などの天敵からも気づかれにくいので、警戒心が弱まり水面近くのベイトを捕食しやすくなります。

 

濁りと光量

雨で濁った水画像
雨が降ると上流からの土砂が一緒に流れ出したり、近隣が赤土や泥底の場合、水が攪拌されて濁りやすくなり、ルアーのシルエットもボヤけやすいので見切られにくいといわれていますが。

濁りは、その度合いによって釣れやすくもなりますが、あまり濁りすぎると釣れないこともあります。

また雨が降ったからと言って水が濁るとも限らず、逆にクリアに澄んでしまうときもあります。

見極めは「ささ濁り」

台風の後などによく見るカフェオレ状態までになると釣れないことが多いです。

 

塩分濃度が下がる

水中の塩分濃度を表す画像
シーバスなど本来、塩分濃度の少ない汽水域を好む魚は、雨が続くと水中の塩分濃度が下がるため行動範囲が広まり、活性が上がりやすくなると、釣れるといわれています。

四季で違いがある雨の影響

雨で水温が変化する画像
雨が降ると、水温が変化します。これは季節のよって雨で温度が上がったり、下がったり異なるので季節ごとに分けてご説明します。

 

春の雨を見方につける”風向き”

春の雨後の海画像
春の雨は北西側の大陸から吹く冷たい空気のよるものと、南西側の海上から吹く暖かい風と2種類あります。

この中でも南西側からの暖かい空気による雨は良いコンディションになります。

北西からか南西からかの判断は天気予報の「気圧配置図」で低気圧がどの方向からやってくるのかを見ます。

暖かい雨が降ると、雨天当日から数日間良い影響がつづくことがあります。

 

夏の雨は水中酸素が増え活性が上がる!

活性が高い夏の釣り画像
夏は基本的に水温が高くなりすぎていたり、水中酸素少なくなっっているので決してシーバスの活性が高いとはいえない時期でもあります。

こと雨が降ると水流が活動的になり水中の酸素が増えるので夏のマイナス状況を緩和してくれる役割を果たします。

時期的にもペンシルべイトやポッパーなどのトップウォーターゲームの釣りがおもしろくなるコンディションになります。

 

秋の南からの台風はシーバスが・・・

秋の雨後の水中画像
秋の雨はそれほどほかの季節ほど雨による影響は大きくありません。

ただし9月ごろ早秋は、台風が多くなる時期です。この台風が近くまでやってくると好影響を及ぼします。

気圧が極端に低くなり、水が適度に濁り釣れやすくなります。

ただし災害になるほどの豪雨になることもあります。そうなった場合は数日しばらく日にちを置いたほうが良いでしょう。

 

冬の雨のシーバス釣り

冬の雨天時の河川画像
冬の雨の最中の釣りは心が折れそうになるほど寒いですが、良く釣れます。雨天真っただ中ではなくて雨後とか雨ふり予報前などがベストな選択。

冬に雨が降ると、気圧が下がるのもありますが何といっても、個人的には冬場の雨は若干水温が上がる傾向にあり、魚が浮いてきやすくなると感じています。

雨の日のシーバスの釣り方

雨の日の釣り画像
雨の日当日や雨の後など活性が上がりやすい状況ではほぼ間違いなく濁りが回っています。この濁りと雨による流れに対してポイント選びとアプローチが肝になってきます。

 

絶好ポイントは”流れ込み”

流れ込みの場所は雨後の絶好ポイントになります。特に日頃「淡水が海に向かって流れ込んでいる場所」、すなわち河口は雨後のベストポイント

小規模河川ならその周りにある運河や排水からの流れ込みなどでもよいでしょう。

そういった場所は雨で押し流されて小魚が流されてたまっています。それをシーバスなどフィッシュイーターが待ち構えています。

 

要は”ハイアピール”

通常のミノーよりもジャークやトゥイッチに対応したルアー(ジャークベイト)や、濁りがキツイ場所ではバイブレーションや腰高で波動が強い大きめのミノーなどが良いです。

 

リトリーブは”スロー”

狙った狭いポイントを長く引くことを念頭におき挑みます。

流れ込みのポイントではヒットゾーンが狭い場所が多いため、長くアピールさせる必要があるからです。濁りが濃い場所でもあまりリトリーブが早過ぎるとルアーが濁りに巻きまれてしまいシーバスがルアーを見失ってしまうからです。

ミノーでただ巻きの途中、ジャークを加える。もしくはバイブレーションでスローかミディアムでただ巻きが有効です。

雨の日のルアーカラー

カラフルなルアー画像
雨に叩かれ水面が波打っていたり濁りが入っている場合、魚の目に留まりやすいアピール強めのカラーがいいです。

個人的にはグローチャートアカキンなど派手目のカラーがおすすめ。

濃い濁りのデイゲームではデイの定番グリーンゴールドもベターな選択。

雨のシーバスにおすすめルアー

これまでに解説した条件に対応したおすすめルアーをご紹介!

  

トゥイッチ&ジャーク対応ミノー(ジャークベイト)

ただ巻きだけでなくジャークに対応したルアーのイチオシはこれ☆彡

アピア バグラチオン アカキンピンク
数あるジャークベイトの中でも小ぶりなサイズで、よく飛びくよく動くシーバス専用設計のジャークベイトだ!

しかもフォール中もローリングしながら沈むため強烈アピール。

雨天時のアピールだけでなく、橋脚周りや岸壁の際、レイダウンのシェードの下などのピン撃ちにも効果を発揮する。

  

波動が強いルアー

波動が強くアピール最強のルアー・・・とくれば・・・。

自分たち古い世代ではラパラのカウントダウンだったりするのですが、今の時代はもっと優れたものがあります。

メガバス フラップスラップ SW LBO
強波動でクランク!?、いやシャッドっぽい動きをしてくれる。

その異次元の予測不可能な動きにシーバスも思わず口を使うのだ。ただ巻きでブリブリ泳がせて使うのもよし。ジャークを使って強烈アピールも有効!

小粒なルアーにしか反応を示さない春先のジャーク対応としてでも使えます。

雨のシーバス時のレインギア

間違いなく雨の日は普段釣りに行く服装ではいけません。

雨を通さない上下のウエアに、滑らない靴は必需品!!
このあたりはまた別章でお伝えします。

雨の釣りでの注意

雨天の釣りは雷に注意を促す画像
雨の釣りは釣りやすい反面、キケンもいっぱいはらんでいます。

シトシトと降っている雨の状況ならまだしも土砂降りなら辞めておいたほうが無難。

しかも雨の量にかかわらず、雨天時は足元も滑りやすいので滑り止めがついたシューズは絶対に必要。

またいちばん恐ろしいのは雷。雨の量に関係なく鳴り響くことがあります。雷が鳴り始めたら、何が何でも素早くロッドをたたんで雨宿りできる場所に避難してください。橋の下など雨が当たらず雲が見えない場所 。カミナリの場合木の下、木陰は返って危険です。

ロッドの素材のカーボンや竹は電気を通します

それにつられて雷の電流が落ちてくる可能性は理論上、全く否定することはできません。ケガどころの騒ぎではなく命にも関わることにも成り兼ねないので甘く見ずにすぐに撤収しましょう。







シェアする