春のシーバス3月、4月、5月の釣り方とおすすめルアー8選

春のシーバスパターンイメージ画像
春のシーバス釣り方をマスターしえもらえるように大事な箇所まとめました。

シーバスには必ずその時々の季節によってシーバスのエサになるベイトが変わります。

シーバス釣りのルアーフィッシングは疑似餌(ルアー)を使った釣りなのでもちろんこのベイトを意識した釣り方が基本になります。

釣りやすい時期がある!だけで、年中釣れる魚今宵、春が過ぎ人が感じる気温が暖かくなりはじめるもうすぐ初夏のころになると、シーバスアングラーたちもふつふつと行動力が湧いてきて釣りに行きたくなる時期です...




ベイトパターンを攻略し春のシーバスを制す!

シーバス釣り方・春・3月・4月・5月
一年の間で秋のハイシーズンについで最も釣りやすい時期に入る春のルアー選択を見ていきます。

春と聞くと3月初旬~初夏を迎える5月いっぱいくらいまでの短い3ケ月間を思い浮かべますが、

実はシーバスの場合極寒期が過ぎて2月中旬くらいからはじまるバチ抜けシーズンからをひっくるめて春のシーズンと呼ぶことが多いです。

春を代表する、ご存じバチ抜け、春イカパターン、稚アユパターンの3つのベイトパターンに見る特徴と春のシーバスの食性について理解していきましょう。

バチ抜けだけじゃない!春のベイトパターン

パターン 3月 4月 5月
バチパターン
=
=
=
イカパターン
=
=
=
稚アユパターン
=
=
=

上記の表をご覧ください。

ひとことで春のシーバスといってもこれだけ釣るパターンがあり、

それぞれのベイトのいる場所が異なるため狙うポイントが違うのと同様に使用するルアーもまったく異なってくることがお解り頂けると思います。

春のベイトパターン

3月、4月、5月代表的なベイトパターン
●バチパターン
 早いところでは、2月の中旬頃からはじまり、4月いっぱいまで続きます。

「バチ抜け」や「バチパターン」という言葉はシーバスはじめてしばらく経つ人なら、初心者の頃から幾度となく聞いたことがある人がかなりの確率でいるるだろう。シーバス=バチ抜け!?だと思っている人もいるか...

●イカパターン
 3月~5月、大河川の河口や港湾部で夜によくみられるパターンです。春のボートシーバスのパターンとしても有名です。

イカパターンとは孵化して間もない子イカが大群で接岸してくる時期にこれらを捕食しているシーバスを狙うのがこの時期のイカパターン攻略です。イカは真水を好まないため雨が降り塩分濃度が下がると深場へ移動す...

●稚鮎パターン
 早いところでは3月の中旬~遅くは6月初旬まで続きます。

春のシーバスパターンのひとつである「稚鮎パターン」はあまり知られていない。あまりに有名なバチ抜けに押されて認知度が低い。があまり知られていないからこそ知っているとけっこうな確率でシーバスに出会える...

このように冬のアミパターンに代表される季節も終わり
少しづつシーバスのベイトの大きさも大きくなってくるのが春です。
(まだまだベイトが小さい「マイクロベイトパターン」の時期はしばらく続きます。)

春のポイントと時間帯

●バチパターン
 大潮の潮が動く夜の時間に、底から浮き上がり潮の流れに任せて浮遊しているバチを待ち構えています。河口や湾奥。
●イカパターン
 子イカは1匹で泳いでいることはなく、ほとんどの場合大群でいます。光に集まって表層付近を泳ぐ子イカ狙いやすくシーバスの警戒心が弱まる夜が有効。堤防など港湾部の護岸。
●稚鮎パターン
 河川の中流域~河口までがポイント。デイゲームでも釣れないことはないだろうが基本夜の釣りになる。

春のパターン別シーバス釣り方

●バチパターン
 泳ぐというよりは流されて漂うバチをイメージしながら、デッドスロー(超ゆっくり巻く)が基本となる。

抜け切る前はレンジがボトム~中層付近のこともあるが、
目に見えるくらい抜けている状態では表層付近をゆっくりと動かす。
●イカパターン
 こちらもゆっくりと優雅に泳いでいるように。1回転2.5秒~3秒くらい。時々1,2秒止めたり、軽くジャークさせたりするのも有効になるときも。
●稚鮎パターン
 5cmほどの大きさの稚鮎が複数の群れをなしてゆっくりと表層付近を泳いでいるのをシーバスは下から狙っています。
 どのレンジがいちばん当たりがあるかを確認しながら表層~ミドルレンジをゆっくりただ巻きします。

軸となるルアーの動かし方・完全マスタールアーには基本的な動かし方があります。ルアーの種類によっても動かし方が違うのはもちろん、例え種類が同じミノーでもメーカーが違えばタイプが異なるため使い方が違っ...

春のシーバスに使うルアーの代表の画像

春のシーバスはこの時期のベイトが稚アユ、イカの稚魚、(地方によってはシラウオ、早いところではイナッコ)など
サイズが5cm~7cmくらいが標準でどのポイントでもベイト自体が小さいのが特徴です。

そのためシーバスもベイトのサイズに対して非常にセレクティブになっている時期で大きすぎるルアーには反応が悪かったりもします。

「バチ抜け」や「バチパターン」という言葉はシーバスはじめてしばらく経つ人なら、初心者の頃から幾度となく聞いたことがある人がかなりの確率でいるるだろう。シーバス=バチ抜け!?だと思っている人もいるか...

ベイトから読み解くルアーのサイズ

ベイトの種類と、大きさ(長さや太さ)をまとめてみました。
表の数字からも読み取れるように、非常にベイト自体が小さいことが春の主流となるベイトの大きな特徴です。

ベイトの種類
パターン ベイト 長さ/太さ
アミパターン アミ類、小エビ 約1cm~2,3cmくらい
バチパターン ゴカイ、イソメ類 約5cm~20cmくらい
イカパターン スルメ、アオリ等 約5cm~15cmくらい
稚アユパターン アユの稚魚 約5cm前後

ルアーサイズ

春のシーバス釣りにおいてはルアーのサイズが決めてになる場面が多いです。

非常にきびしい選択で捕食する餌を見ています。

●バチパターン
 バチパターンに使うペンシルべイトの場合、逆で9cm~それ以上あるほうが比較的アピールが強く適しています。
●イカパターン
 長さは大体、5cm~7,8cmくらい
●稚鮎パターン
 稚鮎の長さはとても小さく、5cm前後くらい。

問題は、子イカや稚鮎をメインに待ち構えているシーバスで、5cm~7,8cm以上の大きいルアーでも食ってくることもありますが

基本的にこの春の時期は、シーバスが小魚ベイトのサイズに対して非常に敏感になる時期といわれており、あまり大きすぎるルアーのサイズを好みません。9cm以上のルアーだと食ってこないなんてザラに起こったりします。

その点バチが抜けるポイントさえ知っていればバチパターンのほうが比較的簡単に狙って釣れます。

ルアーのカラー

●バチパターン
 実績が高いのがレッドや、バチピンと呼ばれるベリー部がピンクとかレッドのものが実績があります
●イカパターン
 イカに似て見えるクリア系がスタンダード。釣行は夜間が多いため、蛍光のパール系、コーラルピンクやシルバー系など。
●稚鮎パターン
 ナチュラルベイト。もしくはクリア系など。少々派手なカラーでもサイズさえあっていれば釣れる。ただしナチュラル系は1本は準備しておきたい。

真冬の極寒期のシーバスのパターンと言えば、その代表は間違いなくアミパターン。朝起きても寒すぎてすぐに布団からは出られないし、やっとの思いで着替えて車に乗ると外気温がマイナス1度とか…。足先が寒くて震...

「バチ抜け」や「バチパターン」という言葉はシーバスはじめてしばらく経つ人なら、初心者の頃から幾度となく聞いたことがある人がかなりの確率でいるるだろう。シーバス=バチ抜け!?だと思っている人もいるか...

イカパターンとは孵化して間もない子イカが大群で接岸してくる時期にこれらを捕食しているシーバスを狙うのがこの時期のイカパターン攻略です。イカは真水を好まないため雨が降り塩分濃度が下がると深場へ移動す...

春のシーバスパターンのひとつである「稚鮎パターン」はあまり知られていない。あまりに有名なバチ抜けに押されて認知度が低い。があまり知られていないからこそ知っているとけっこうな確率でシーバスに出会える...

それぞれのパターンに用いる、マッチザベイトの大きさやカラーイメージが予測ができるかと思います。

春のシーバスおすすめルアー

こちらでは前章で確認した春のシーバスの特徴と春のベイトパターンを考慮し、
適切なルアーが理解できたところで、おすすめのルアーを紹介します!

バチパターンにおすすめルアー

春のシーバスバチパターンといえばジャクソン にょろにょろ画像
ペンシルベイト、シンペン、ワーム
写真は春のバチ抜けシーズンにシーバスルアーといえばコレッ!っていう春のバチルアーの代表格である

ジャクソン にょろにょろ

これ結構選ぶ色が重要になってくる。ベテランさんに怒られるのでここでは書かないけど…。

軽めのアピールと、目立ち過ぎないアクションはハイプレッシャーなポイントや活性が低い時にも有効で
春だけでなく、釣りにくいあるシーズンでもかかせない必需品だと言うアングラーさんも多く自分もそのひとり。

シーバスの春時期のバチ抜けシーズンにいいリードのフィール画像
もうひとつ人気のあるおすすめできるルアーがある、それが写真のリードのフィール。
これも実際釣れるし、春のバチ抜けにはもってこいのルアー。

釣れるというある色があって、やはりシーズンが来るとその色だけすぐ売り切れになってしまう人気色が存在する。
そのカラーは・・・↓
俺は何も喋ってないぞ~~(笑)
パズデザイン リード フィール

もうお気づきですかね、リードのフィールとにょろにょろ・・・。
水面に浮いてるバチを下から見上げているシーバスの気持ち(笑)

バチルアーはベリーの色がけっこう重要なようです…。
(;^_^A (汗)

イカパターン攻略のおすすめルアー

春のイカパターンの最強ルアースーサン画像
ミノー、シンペン
イカパターンも同じくアクションは控えめな誘い方をするので、そのときの操作がしやすく

派手なウォブリングは究極まで絞り込んだ控えめなロール系アクション

のルアーがおすすめ。

写真はおなじみ
ハイピッチなタイトローリングでファスト~デッドスローまでほぼ同じレンジをキープする。

春シーバスの人気カラーハッピーレモン。

夜のイカパターンで視認しやすい上部チャートカラーと、水中でシーバスから見たときにイカのカラーに似ているクリア系ホワイトが自分では気に入っている。

邪道 スーサン

ロール系アクションの代表といえばタックルハウスの
ローリングベイトも忘れてはならない。

クリア系のカラーが春の瀬戸内海のイカパターンで最強ルアーになるのは有名なお話。

稚アユパターン攻略のおすすめルアー

春のシーバス稚鮎パターンのルアー画像
ミノー、シンペン、バイブレーション
さまざまなレンジで攻略できる5cm~7cm前後がくらいの小型のベイトがちょうどいい。

春のサイズが小さい稚鮎のベイトパターンに最近おすすめなのがメガバストラビス7

おすすめの理由はバイブレーションしないミノーみたいなバイブ!?で、7cmで13.5gもあり飛距離も稼げる。

ロッドの上げ下げで全レンジを探ることが可能

バイブレーション並みによく潜り、その深いレンジでバイブレーションとは真逆に派手なロールアクションはしないルアーなのだ。なところ。アピールは控えめなゆらぎアクション
メガバス トラビス 7

春のシーバス稚鮎パターンのルアーアイボーン78F画像
デイゲームでの若干速いリトリーブにも浮いてこずに泳ぎ切る小ぶりのミノーはかなり重宝する。われらがアイボーンのミニバージョン。

でかいのよりも重さがないのに、通常の98Fよりよく潜る

アイボーン 78Fシャロー

フローティングミノー
春のシーバスのマイクロベイトパターンに有効なルアー画像
写真は水面直下から40cmくらい潜るimaのコモモⅡ 65。このサイズにしてはよく飛ぶし、春から夏にかけてのベイトが小さい時期のマイクロベイトパターンに非常に役に立つ。稚鮎だけでなく、まだ成長途中のイナッコやハクにも使えるマルチなルアーでお気に入りのひとつ。

春のナイトゲーム攻略には欠かせない1本になる。

アイマ コモモ II 65

シンキングシャッド
シーバスの春に使えるルアーB-太画像
もう少し下のレンジが探れるルアーが必要ならこちらもかなり有効。シンキングシャッド!

ソルトウォーターのシャッドプラグはアイマの得意分野。このB太前にあった、サスケのシャッド(現在は廃盤)の時代から使い続けている信頼のあるミニマルプラグ。

シャッド特有のキビキビとしたアクションでシーバスにアピール。
レンジは100cmくらいまで潜る。

7センチと小ぶりだがこれにデカイのが食らいつく!
アイマ B-太 70

春のシーバスパターンのひとつである「稚鮎パターン」はあまり知られていない。あまりに有名なバチ抜けに押されて認知度が低い。があまり知られていないからこそ知っているとけっこうな確率でシーバスに出会える...

春の釣れるルアーは小さめがいいようだ。

また春のはじめではまだ水温が上がりきっていない時期もあり、冬の名残があるのでアピールが控えめなルアーのほうがシーバスに効く場面も多そうです。







こちらもおすすめ!