シーバスリールランキング。見ると心がざわつくトップ10!

最終更新日

シーバス・リール・ランキング
シーバス用のリールのランキングってあまり聞くことがこれまでなかったが、よく思い起こすとものすごく気になったので調べてみることに…。

今回はあまり難しいことを考えたりしないで単純に売れているリールのランキングを調べてそのまま記事にすることにした。
どうしても自分も好きなタックルなのでこれまでのいろいろランキングでは偏った嗜好も多く入っていたと思われるが今回は主観的な判断はできる限り排除。

っていっても納得のいくけどあんまり自分が好きじゃないリールには文句のひとつやふたつは言いたいので(笑)

ちょっとだけ自論も挟みながらシーバス・ハンターのための売れ筋リールを検証し自分なりの感想も踏まえてランキング昇順でご紹介します。

無論いま最も人気のあるシーバスロッドのランキングいってみます。ビギナー向けとクラス、上級者向けのクラス混合ですが、より探しやすくするために人気メーカーごとに並べ替えてみました。求められる特徴と選び...

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!




リールそのものの選び方、最初のセッティングなど使い方をおさらいしてみます。

最初に購入する1つ目のリール選びがその後の釣果にも大きく影響してきます。

シーバス釣りにおいてリールに求められる(ほしい)性能や特徴をつかんで、ご自身の良きパートナーになるタックルを選んでください。

シーバス釣りに適したリールの特徴

シーバス釣りができるリールとは、基本的にルアー用のリールです。
エサ釣りの仕掛けや遠投するリールとは仕様が異なります。

リールの種類

一般的にリールにはスピニングリールとベイトリールの2種類が存在します。
シーバス釣りでは、スピニングリールが多く用いられていますが、近年ベイトリール(ベイトタックルでの釣り)も若い世代を中心に人気を集めているようです。

ベイトリールはある程度練習と慣れが必要なので、ブラックバスなどでベイトタックルを使った経験がある人なら良いですがこれからはじめて釣りをはじめる⇒シーバス釣り初心者にはスピニングリールをおすすめします。

番手(大きさ)

国内でいちばん売れているシマノとダイワの番手で例えると、

だいたいシマノで3000番~4000番、ダイワなら2500番~3000番です。

リールの番手についてはこのサイト以外でもどこでもよく聞くお話だと思われますが、この説明の仕方が一番わかりやすかったのであえてここでも同じような説明をしました(笑)

シーバス用のリールを新潮したり、これから本気でシーバスをはじめようと考えたときにけっこう迷ってしまうリールの番手の見方と意味。メーカーによって基準がまちまちで、選ぶときにメーカーまたいで決めるのは...

ドラグ

ドラグ|シーバス釣り・リール・選び方・特徴
リールを選ぶときに、必ずチェックしてほしいのがこのドラグ性能。kgで表記されています。

最大ドラグが、6kg以上~10kg前後くらいが望ましいです。メバリングやアジング用の最大ドラグ3.5kgとかでは小さすぎます。
小さなリールで釣るとわかりますが全くといっていいほどリールが機能しません(力強く巻いて寄せきれない)。

負荷を重さで例えるとシーバスの個体でいうとランカーサイズと呼ばれる80cm越え~1mクラスになると重さが10kg近くにもなります。
掛かってからランディングするまでのやり取りの最中にかかる負荷はそれ以上です。ランカーを主体に狙うベテランアングラーさんがドラグが12kgなどの4000番クラスを使うのはそのためです。

ただ一般的によく釣れるシーバスのサイズは60cm前後、重さも3kg~4kgといったところなので、最大ドラグが6kg以上~10kg前後の3000番クラスがシーバス釣り初心者の方のリールとして向いています。

ノーマルギアとハイギア

シーバス釣りのリールに限らず、リールにはギア比が設定されています。
このギア比が、高いとリールの1回転の巻き上げ長が長くなります。これがハイギアです。
逆にハイギアよりも若干ギア比が低めに設定されていて、巻き上げ長が短いのがノーマルギアです。

リールのメーカーや種類によってこのノーマルギアとハイギアの区切りは曖昧で、ギア比○○以上がハイギアとか決まっているわけではありません。

シーバス釣りで使われるリールは基本的にはハイギアです。

それは飛距離がアドバンテージになる場所が多いので思い切り振りかぶって遠くに飛ばしますがその時にできた糸ふけなどを素早く回収できたり、シーバスがかかった時に素早く近くまで寄せてこれ、一気に勝負に持ち込める最大巻き上げ長が85cm~のハイギアのほうが有利なのです。

右巻き!?左巻き!?

これも自身の好みとかクセとかでどちらでも大丈夫です。

あえて言うなら一般的にルアーフィッシングのスピニングリールは左巻きです。ルアー釣りでのスピニングリールでは左巻きの人のほうが多いです。右手で投げて持ち変えることなく、左手で巻き始められるので「手返しが良い」と言われています。

が、ベテランアングラーさんにも右巻きの人もたくさんいます。自分のやり易いほうで構いません。

シーバス釣りで必要なリールの使い方とセッティング

ここでは一般的にシーバス釣りで使われているスピニングリールの使い方と最初のセッティング方法をご紹介します。

リールの使い方

基本的なリールの使い方についてはこちらの動画がわかりやすいです。

あくまでもリールの使い方です。スピニングリールのキャスト(投げ方)ではないので初心者の方向け。

ドラグ調整

シーバス釣り初心者の方が最初に戸惑うのがこのドラグの調整。いったいどのくらいがちょうどよいのか?という疑問がでてきます。

ドラグは、使うラインの太さ(号数)や、釣ろうとする対象魚にもよります。
いろいろ諸説ありますがドラグの性能を生かしきりラインを守りながらやり取りするのであれば、

シーバス釣りで使う一般的なPEラインは0.8~1.5号までが標準だとするとそのラインの強度の約1/3くらいの荷重でドラグが効くように設定するのが基本になります。

0.8号のPEでは耐強度が約3.6kgなのでその1/3の1.2kgくらい=おおよそ1リットルのペットボトルをぶら下げてギーッと音を立ててドラグが出ていくくらいです。

ラインの種類と強度の目安表
号数PE0.8号PE1号PE1.2号PE1.5号ナイロン2号ナイロン2.5号ナイロン3号
ポンド(lb)8lb10lb12lb15lb8lb10lb12lb
強度3.6kg4.5kg5.4kg6.8kg3.6kg4.5kg5.4kg

※おおよその強度です。メーカーによっても異なります。

これだとベテランアングラーさんからすると固すぎると言われますが、その人たちはそもそもドラグ使わなくてもリールのヴェール(クラッチ)を返しラインを送ってやるとか、やり取りの途中でバランスを見ながらドラグを絞めたり緩めたりすることができるのでそうしているのです。

初心者の方は緩いといつまでたってもラインばかり出て行ってなかなか寄せれないとかなりかねません。

どうしても固すぎると心配の方は、ラインを自分の手で力強く引っ張ってみたときの強さで設定してみてください。おおよそ500g~1kgの強度くらいでドラグがはたらく設定にできます。そこから実戦で徐々に扱いやすいように調整してみて下さい。

釣行後のメンテナンス

釣行後リールはその日のうちに必ず洗浄しましょう。
シーバス釣りは、淡水ではありません。汽水域でも塩水が混ざっています。

リールはとても繊細で精密なパーツの集合体です。塩水が掛りそのまま放置しておくと水分だけ蒸発して塩分だけ残り白く固まってしまう「塩ガミ」ができてしまいます、スプール内部などにこれが出来てしまうとうまく回転しなくなります。そのまま無理に使っていると破損の原因にもなりかねないので必ず真水で洗浄してください。

リールは冷たい真水で洗浄
⇒中のグリスやオイルを溶かし出してしまわないため
逆にロッドはお湯で洗浄
⇒塩ガミ、汚れが付着した特にガイドをお湯で溶かしながら洗い流す。

シーバス用のリールのランキングってあまり聞くことがこれまでなかったが、よく思い起こすとものすごく気になったので調べてみることに…。今回はあまり難しいことを考えたりしないで単純に売れているリールのラン...

シーバスのリールで人気機種に共通するスペック

シーバスのリールで人気のある機種を調べているときにあることに気づいた。

よくビジネス後援会とか成功者の話を聞くと「失敗するときはいろんな理由があるが、成功するときの理由はひとつ」というのをよく聞く。
聞いたことがある人もいるだろう。このことをシーバスの人気のあるリール軍を見ていて思いだした。

人気のあるリール=世の中的に広く認知されいわゆる成功しているシーバスリールは共通点が多いことがわかった。あたりまえといえばあたりまえなことかもしれないけど改めてこうして別の角度からシーバスリールを見るとおもしろい

ともかく新調するときに、この普遍的に

人気のシーバスリールの共通点を知る

ことでもう迷わなくても済む。あとは好みだけで選べばいいからだ。

この章ではシーバスで人気のリールにスポットをあて、それらの共通点から人気の理由を探ってみました。

人気リールに共通するシーバスリールの基本性能

各メーカー、各人気リールのシーバスリールには共通する基本スペックがある。

時流もあるし、その時代で人気の理由も変わってくと思われるが
2018現時点でシーバスで人気のヒミツをまとめました。

まずはそれらが何なのかをご覧いただきたい。

 

軽量化

軽量|シーバス・リール・人気
いまもっともトレンドな性能だと感じる。
一時期はタックルの軽量化なんて「そんな軟弱物…」などと比喩され、あたかも軽いリールを望むアングラーがひ弱な男のように言われていたが
今では軽量化も認知されはじめたと感じる。

軽量=低い剛性というイメージも日進月歩、軽い素材でも剛性が高められる技術は私たちが知らないだけで確実に進んでいる。

ポイントが荒磯やサーフしか行かないとか、重たいルアーしか投げないとか、釣り方によっても求められるリール性能が違うが、同じくらいの性能ならばより軽いほうがいいに決まっている。

感度も良くなり、疲れにくいという利点は、シーバスアングラーの集中力を持続させることに直結するため必然的に釣果にも結び付きやすくなる。

 

安心できる重さ

適度な重さ|シーバス・リール・人気
軽量さと謳っていながら相反することを言うので躊躇はしたが(笑)、率直に最近のいろんなタイプのリールを手に取ってみて感じる。

最近のリールは巻きも軽いし、体感する軽さは実際の自重以下に感じるけれど、なんていうのか言葉にするのが難しいがパワーもあってランカーシーバスに対応するようなシマノの4000番、ダイワの3000番以上に共通するのが「適度な重さ」なのだ。

スプール形状が大きいだけでなく、ギアとかベアリングひとつの厚みとかが違うことで釣り種にあわせて剛性を高めていることを適度な重さで感じるのである。

 

巻きの軽さ

巻きの軽さ|シーバス・リール・人気
これも、人気のある機種は今の時代シーバスリールはどれも巻きが軽い。どんなハイギアでも重たく感じることはほぼない。(ノーマルと比べればあるが…)

ギアの鍛造技術とか組み合わせの技術が進歩したからだろう。価格=性能=巻きの軽さの図式は最近のリールの主流だと思う。

 

防水性能

防水性能|シーバス・リール・人気
フレッシュウォーターの釣りならあまり関係なさそう。

ダイワのマグシールドからはじまった機能で、これがついているかとセルテートイグジストを好んで使う友人をみて「そんな機能なくてもいい!」と思っていた。
が、今では現在のシマノのX-プロテクトなど、ソルトウォーターでは必須な項目であると勘違いしそうな性能。これも今の人気のリールに共通している。

あれば海水からギアが保護でき、耐久性にも繋がるのだろうけど、なければ毎回釣行後に真水で洗い乾燥しておけば問題ない。

 

高剛性

高剛性|シーバス・リール・人気
シマノのCi4+や、ダイワ独自のZAIONなど独自に開発された新素材で作られたリールが発表されたときには、こぞってみんなで「剛性が低い」、「剛性が不安」などとも言われた。

そんな時代もあったが、著名なメーカーに限っていえば剛性に不安を感じる?ことなんてそうそうない。使い方にあった必要最低限のリールさえ選択していれば何も問題は感じないほどに各メーカーの剛性の信頼度は上がっている。

 

所有欲を満たすデザイン

見た目・デザイン|シーバス・リール・人気
好みもあるだろうし、そのときの時流にも左右される(旧型と現行のステラやイグジスト)など、見た目のデザインに対する価値観は人それぞれ違うがやっぱり直接釣果につながる要因ではないにしても、

カッコイイデザインのリールには憧れる。

 

ブランドとして定着

ブランド化|シーバス・リール・人気
シーバスシーンにおいてのリールは、ロッドよりも選ぶ種類が限られている感じが否めない。
リールの種類が少ないと言っているのではなく、偏っているということ。

アメリカ人は「自ら率先して新規開拓!」
イタリア人は「女の子にモテるほうを選ぶ!」(笑)
で、日本人は「みんなが持っているから…」

これはお国で違う行動の動機を示した例だけど妙に納得がいく。

シーバスを狩るために釣れるリール、安心して使い続けられるリールとして選ぶのだけど、結局数種に絞られるということに気が付く。

これは日本だけの特有の現象なのだろうか?気になるけど、私自身もまた同じメーカーの人気リールを買ってしまう(苦笑)

 
 

新鮮さ

新鮮さ|シーバス・リール・人気
今の釣り具メーカーは2年~4年周期でフルモデルチェンジされる。
やっぱり人気のあるものは売れ筋ランキングを確認してもいつも上位にいるが、

新機種が発売開始されたときは、普段ではランキング圏外のやつでもやはりその時だけは上に来る。

単刀直入で行く!シーバス用の売れ筋人気ランキング・ベスト10☆彡

1

シマノ 18ステラ 3000MHG
なるほど、このタイミングでみるとやはりこのリールなのですね。けっこう皆さんお金持ちが多いこと…。

出た当初はひとつ前の10ステラのようになったルックスに賛否両論があったけど、結局選ばれる。

いつかはクラウン…(古い)みたいな使っている、このリールで釣っているのがステイタスになるんだろうな。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
9kg225g86cm12 / 1¥66,500前後
18ステラが登場してから半年余りたってようやく手にした。新しいステラ。新品を中古よりも安い価格で譲ってもらうことができた。買う直前まで悩んだシーバス主体に使うステラの番手、C3000MHGと3000MHG。絶対3000...
2

シマノ 18エクスセンス Ci4+ C3000MHG
やっぱりね~という感じがします。そうです。何度もここで言っているように昨年出た17エクスセンスはいらないんですよ。

庶民目線で見るとその意味がよくわかりますよね。実際このくらいの価格帯の良いリールを求めていたということ。

もっと上位機種ならステラでいいわけでして…。このランキングにも顕著に表れていると思います。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
9kg205g85cm9 / 1¥27,000前後
皆様長らくお待たせいたしました。エクスセンスリール好きの私のお時間ですヾ| ̄ー ̄|ノ これですよコレ! シーバス専用機と言われているエクスセンスはこれで十分なんです!!昨年、先に出たマグネシウムボデ...
3

シマノ 17ツインパワーXD C3000HG
シマノが誇るシーバスに最適なパワーを兼ね備えたリール。これも自分の友人、知人に好んで使っている人が多いが、その人たちに見つけたある共通項が、みんな「ジギング」も兼ねた磯ヒラとかやる人であるとうことだった。パワー重視の高剛性と力強いリーリングがタフなシーバスの状況をも難なくこなす。ツインパもこのモデルからシマノ独自のXプロテクトと呼ばれる防水構造が採用されている。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
9kg235g88cm9 / 1¥36,000前後
シーバスハンターにも、ランカーを主にターゲットとするアングラーに絶大な信頼を誇るツインパワーの新しいバージョンが発売された。さっそく手にしてみたのでインプレしたいと思います。最近流行の軽量さや感度...
4

ダイワ 16セルテート 3012H
なるほど。。。やっぱりセルテートは納得の順位。このリール持ってる人は自分の周りには2人。他にも釣り場で出会った人も…。ギアとか大事な箇所に海水が入り込まないように施されたマグシールドが搭載されていてこの価格が魅力的なんでしょうね。S社のツインパとかと並ぶ誰もが認めるミドルクラスの優秀リールでしょう。シーバスのほかにもエギングやチニングにも汎用が効きます。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
5.6kg270g60cm10 / 1¥40,000前後
5

ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH
ダイワのリールの最高峰イグジストが5位にランクイン。こんな上位機種なのに結構売れているところに庶民の味方の私が一般ピープルを代表して声を出して言いたい「みんなお金持ちなのね!」(笑)とういかシーバス釣りも趣味の世界で極めていけばいくほど金額がどうの、小遣いがどうの以前にないお金貯めながらでも一番自分が欲しいと思ったリールを買いたいと思うのは共感できる。リールはロッドと違って、番手以外に大きな違いがないので安いのいっぱい持ってるよりも汎用性のある大事な1機種を使いまわしたほうがいい。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
10kg185g93cm12 / 1¥75,500前後
出典:Amazon ダイワ 18イグジスト LT3000-CH2018年は新しい時代を迎えるリールの数々がモデルチェンジを噂される中、60周年を迎えるダイワが渾身の一撃を送り込んできた!2月発売予定とされる18イグジストだ!対...
6

ダイワ 17モアザン 3012H
ランカーシーバス対応のブランジーノを彷彿させる専用のリール。ライバルはS社のエクスセンスというところだと思う。S社のそれよりも若干重量は重めでパワー感とか剛性感が高いように見受けられる。リールもロッドもすべてがダイワ派の崇拝者のものにはとても魅力的なモデルなんだろうと想像がつく。頭のてっぺんから足のつま先までD社のシーバスタックルで揃えたい人には必須アイテム。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
5.6kg285g60cm12 / 1¥58,000前後
7

ダイワ 18カルディア LT 3000-CXH
こんなところにこれくらいビギナークラス+いったか価格を抑えたものでも、トップ10入りですね。

最近は10,000円出せば、それくらい出せば上位機種とあまり差がわからないほど本当にいいものがそろっています。

間違いなくこのカルディアもそれらに属するコスパの高いリールです。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
10kg195g93cm6 / 1¥19,000前後
8

シマノ 18エクスセンス Ci4+ 3000MHG
ほらねここにも入っていました!。エクスセンスCi4+ 。

これでいいんです。シーバサーに人気のエクスセンスはこれで十分。求められているものを十分に兼ね備えているわけですから。ランキングにも入っていて当然です。

こちらはC(コンパクトボディ)ではない、ギアとボディが大きく剛性が強い3000番クラス。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
9kg205g85cm9 / 1¥27,000前後
皆様長らくお待たせいたしました。エクスセンスリール好きの私のお時間ですヾ| ̄ー ̄|ノ これですよコレ! シーバス専用機と言われているエクスセンスはこれで十分なんです!!昨年、先に出たマグネシウムボデ...
9

シマノ 19ヴァンキッシュ C3000MHG
そりゃ入ってますよねやっぱりこれは。シマノの今のリールを代表するモデルです。今年モデルチェンジされた機種は伝統のヌルヌルとした軽快な巻き心地がさらに磨きがかかって前作よりも高級感が出た見た目と相まってシーバス狙っている人達のステイタス性も満たしてくれる感じがします。渓流や河川上流でのリバーシーバスやネイティブトラウトとかにもってこいのリール。入るべくしてランクイン。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
9kg170g89cm11 / 1¥44,250円前後
19ヴァンキッシュのインプレです。遂に入荷したという報告を聞き即購入。箱から取り出したときに率直な感想やラインを通してみてロッドに装着した後の感覚などをお伝えします。19ヴァンキッシュC2000Sの実釣を含...
10

アブガルシア REVO MGX 2500SH
どこかランキングに入っているだろうと予想していたアブガルシアのリール。ここにランクイン。アブらしいアメリカンな!?ゴッテゴテした見た目がとても印象的。男勝りというイメージがぴったり。この見た目とは裏腹なのが驚くべき軽さ!なんと自重は185g!16ヴァンキッシュのC3000と同じで旧エクスセンスよりも10g軽い。合わせてこの新しいRevoシリーズに仲間入りしたMGXはアブのほかのリールにはこれまでなかったスムーズな巻き心地も加わっている。

最大ドラグ自重最大巻上長ベアリング数実売価格
5.2kg185g>87cm11 / 1¥25,000前後

初心者向けのリールの選び方

シーバス釣り・リール・おすすめ
シーバス釣り初心者が最初の一つに揃えるべきリール。

シーバス釣りのタックルの中でロッドの次に重要になってくるのがリール。私もシーバス釣りを始めたときはリールはロッド以上にいろいろと試しました。経験からそこで感じこれからシーバス釣りを始めるひとでリールの購入を検討しているひとに伝えておきたいことがあります。

それは「リールは初心者だからと言って安いものに拘る必要なし!」とうことです。

あまり自分がシーバス釣り初心者だからと言って「はじめは安いリールで練習!」というどこで植え付けられたのかもわからぬ固定観念に振り回されないようにすることが大事です。

私はロッドはそれなりに安いものでも機能すると思っておりリールのほうが大事な気がしています。早い話がロッドの場合価格が高いものの安いものの違いは強度=感度とか重さとかだったりするわけで普通にシーバス釣りをするくらいならそれほど問題も感じないわけですが、

リールの場合、価格が安いとドラグの性能とか巻きの軽さとが全く違います。ロッドは慣れたら買い替えてもはじめから良いリールを買っておけばリールだけそのまま使えるわけです。

初心者だった頃5000円のリールを使っていたのですが、大物らしき重たく強い引きのものがかかった時にまったくそのリールが重さと引きに耐え切れずにリーリングできなかった苦い経験があります。

そこで自分は思い切ってシーバス釣り用に25,000円前後のミドルクラスのリールを購入してビックリ!しました。

もう廉価版のリールとの持った時の重さとか、巻きの軽さとか全くの異次元の世界。ほんと比べるとよくわかります。比べ物にならないです。というより比べてはいけないくらい違いに大きな差があります。

動画とか雑誌でよく言われる「巻き方1回転~○○」とか、あの一回転などはプロが使っている一流品を元に話しているので性能が低い安い廉価版リールでは話が違うわけです。

今ではそこそこの価格のものでも上位機種並みに優れたリールもたくさん出てきているためリールだけは怖がらずに少しだけ奮発して良いものを揃えておいた方があとあと後悔せずに使い続けることができるのです。

初心者におすすめシーバスリール

賛否はおありでしょうが上で説目した私の持論で、「安くて良いリール」に絞ってビギナー向けのシーバス釣りリールをセレクトみました。

このあたりまで持っていればロッドは変えたとしても当分使える値段終わりにハイスペックなシーバス釣りのおすすめリール。

ダイワ 15ルビアス 2508PE-H

上位機種のイグジストには遠く及ばないものの、セルテートよりも自重が軽くて扱いやすいく、必要十分な機能を持ち合わせておりこの価格なら納得いくので私はこちらをおすすめしている。


シマノ ストラディックCI4+ C3000HG

これからシーバス釣りを始めようと思っている人には10代や20代の方も当然いることだろう、このストラディックは若年層を主に絶大な人気を誇っている。

この価格で、この滑らかなリーリングが味わえる上に軽量で異常にコスパが高すぎて旧ストラディックや旧エクスセンスBBなどを買ってる人からしたら羨ましがられるレベル!


シーバスでも人気があるストラディックCi4+のインプレします。シーバスで使えるリールは出回っているものだけでも数多くあるけれど本当に人気があって売れているリールというのはごく一部だったりする。ロッドよ...

初心者に人気のリール

こちらでは、ネット上での販売ショップで常に売り上げランキングの上位に入っているミドルクラスで人気のシーバス釣りに使えるリールをご紹介。

ダイワ 17セオリー 2508PE-H

こちらもダイワ派の中で、コスパという意味で常にリールの人気商品の中で常に上位を占めている。

イグジストやセルテートの風格を備えた剛性感も感じる高級でいて武骨なルックスも人気の秘密か!?

海や河川でよく出会うあの人も…。なんてこともありそうなくらい人気のリールなのだ!


安い価格だけで選ぶなら

シーバス釣りおすすめは上で紹介した3機種なのだが、
「どうしても、もっと安く!」という方のために

もう少し10000円くらいのお値段で良さそうな人気のあるものをピックアップしてみました。

うう~ん、最初の1本は安いリールでいいのか?、はじめから高くてもいいものを…なのか?

このあたりは自分の判断によるところが大きい。頻繁に買い替えるようならこのような安いシーバス釣りのリールが好ましい。

ダイワ 15フリームス 2508RH


シマノ 17アルテグラ C3000HG


まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか?ランキングに納得されましたか?

自分はこの順位を見たときに好みは抜きにして妙に納得させられたランキングでした。

自分が欲しいとか欲しくないとかは別で、同じシーバス釣り友達でも違う嗜好の人が持つリールとか、ポイントで会う仲間たちのものを見てどれも大きく外れていないというか、よく見かけるやつがやっぱり上位にきてるんですよね。

ということでみんなに人気の売れ筋にはそれなりの理由がある!

どうぞご参考までに。







シェアする