シーバスの行動パターンと釣れるポイント~シーバス釣り 生態・特徴

最終更新日

シーバ釣り攻略のための、シーバスの生態や特徴を把握して挑むための講座第2弾。

今回はシーバスが好む居場所=ポイントについて詳細に解説していきます。

シーバス釣り。ルアーで大型の回遊魚であるシーバスを比較的身近な場所で狙うことができることに人気の秘密がある。 が、実際はそうそう簡単に釣れさせてくれる魚でもない…。 ”釣れない”から脱出!知...

生息する場所

シーバスの話をするのに必ずと言っていいほど出てくる話の中に、最もたる生態の特徴として生息域の範囲の広さが挙げられます。

スズキは前述の記事の中でも触れていますが、海水域だけでなく極めて塩分濃度が低い淡水域まで遡上してきます。

釣りたいターゲットであるシーバスはご存知の通りフィッシュイーター(小魚をメインにエサとする)魚種だがこれと言って特定のメインとなるエサは決まっておらず季節はもちろんのこと、地方や場所によっても捕食...




一般的に、河川などの汽水域に遡上してくるサケやマスでも全くの淡水域までは上がってきませんがシーバスは塩分濃度の変化に順応するため河川の上流でも季節を問わず個体を確認できます
昔は琵琶湖にも生息していたとされ、西日本の宍道湖など汽水湖でガイドがつくシーバス釣りの遊漁船が存在するほどシーバス釣りで有名なスポットもあります。

このような塩分濃度に広く対応できる魚種はチヌ(黒鯛)やボラなどあまりその種類は多くありません。

それくらい希少な生態をしているので、おのずと生息地も幅広く、狙いが定まりにくい一方でどこでもシーバス釣りが成立するとも考えることができます。

シーバスは河川の上・中・下流域、港湾部の漁港や堤防、護岸、サーフなど至るところに生息しています。

釣れるシーバスが潜むポイント

生息する場所が分かったからと言っても、その場所にいっても釣れる訳ではありません。
厳密に言うと、生息場所は広くていろんな場所に散らばっているため見つけ難く、見つけたとしてもエサを食うとも限らないのです。

ですから“釣れるポイント”とはシーバスがお腹を空かせたときに「エサを食べる」場所を選ぶようにしなければいけません。
そのほうがよりシーバス釣りで釣果が望めます。ではどのような

行動パターン別に見る絶好ポイント

シーバスの生態から分析した行動パターンと捕食行動によるポイントの選び方。
 

昼間の行動パターン

昼間は、日光が当たらない場所=陰になっている場所に身を隠しています。あまり濁りがない澄み潮の場合浅瀬に居ることは少なく日の光が届かない深場に居ることが多いです。

ここで潜んで身を隠しながら近くにエサが流れてくるのをジッと待っています。

・⓵沈み根や橋脚周り、テトラ側面の陰になる部分
・⓶堤防など護岸のケーソンの下
・⓷みお筋(最深部)のカケアガリ付近
シーバス釣り・ポイント

 

夜の行動パターン

日中に陽射しを避けて深場や影にいたシーバスも暗くなる夜になると警戒心が薄れ、浅場に浮いてきます。

…しかし浅場にいるシーバスは生後間もなく警戒心が成魚よりも薄いセイゴクラス(~30cmくらいまでの個体)のサイズが小さいものが多いです。

ランカーと呼ばれる70cm以上のサイズの大きいシーバスの老成魚は警戒心が強く深場のカケアガリ付近などに身を潜めています。

これらの特徴を踏まえて、小さいサイズでも数釣りがしたいのか、それても大きなランカーシーバスを狙いたいのかでポイント選びも大きく変わってくるというわけです。

・明暗部
橋げたの外灯や、堤防の常夜灯が水面に差し込む場所です。
その明るい場所から影になった部分にシーバスが潜んでいます。
明暗部|シーバス釣り・ポイント

・カケアガリ
深場からのカケアガリには大きな個体のシーバスが潜んでいる。



出典:グローブライド

ページが見つかりませんでした – 楽釣

天気で変わる行動パターン

太陽や月の光の加減だけでも大きく変化するシーバスの行動パターン。
もちろん天気による、光量や気温、水温でも変わってきます。

くもり


太陽光がギラギラ照っている日は釣りをしていると気持ち良いですが、シーバスにとっては逆となります。
曇りの日は光量が少なくシーバスの警戒心が弱まり、また気圧が下がるので水面近くまで浮いてきて活性が上がります。自分の中でもいちばん釣りやすい天気だと思います。

雨上がり

行動パターン|シーバス釣り・天気
雨が降ると水が濁り、フィッシュイーターであるシーバスはエサ取りの時に身を隠しやすくなるために捕食行動に出る機会が増えます。河川では雨の水流で流された小魚たちが海へ流されるために河口付近にベイトが貯まる時もあります。気圧もグッと下がった後なので魚が浮いてきやすくなります。

ただし、土砂が多く大雨の時は、水の中の酸素濃度が極端に下がるので逆に海の深いところへ散ってしまいいなくなります。また、気温の低い日の冷たい雨が降ると水温が一気に下がり、水温の変化に敏感なシーバスは深場へと逃げてしまいます。

南風が強く吹く


風が強く吹く日は、キャストも決まりにくくライントラブルも起こりやすくシーバス釣り自体がしにくいのですが、暖かい南風が吹く日は、水温が上昇しまた風が強いと水面をなでるので水が活性され酸素含有量が増えるのでシーバスが過ごすのに快適な状態になるのです。

シーバス釣りで釣れる時間帯!?そりゃ気になりますよね、だれでも釣果は欲しいですから。 まずはとにかく釣果を出したいですからシーバスが釣れると言われている時間帯の基本的な考え方からおさらいしま...






シェアする