モアザン ブランジーノ AGS|シーバスロッド インプレ

モアザン ブランジーノ AGS・インプレ|シーバスロッド
誰もが認め憧れるダイワのシーバスロッドのフラッグシップモデルの「モアザン」。
その中でも、ひときわ異彩を放つパワーロッドがこの

ブランジーノAGS

だ。

パワーロッドと言ったのには意味がある。
みんなが羨むランカーシーバスをターゲットに見据えた、強靭なバットパワーと圧倒的な飛距離を持った確実にランカーシーバスを仕留めることだけを考えてつくられたパワー重視の設計。

モアザンAGSやエキスパートAGSが軽量・好感度設計なのに対して、ブランジーノはどこまでもランカーシーバス狙いにこだわりたい方や、サーフなどで重ためのルアーを遠投したい人のために用意された、まさにパワーロッド。

前置きが長くなったが、自分が購入してつかってみたあとのインプレどうぞ。

モアザンシリーズの中でもいちばんの廉価ヴァージョン通称AGSじゃない!?モアザンのインプレをしてみたいと思います。モアザンはAGSもブランジーノも使用して上であえてこの廉価モデルを購入したのには訳があり...

シーバスアングラーに人気の高いロッドとして知られるモアザンAGSシリーズのインプレ。自分がこれまでに使ったロッドの中で3本の指に入るだろうモアザンのAGSその他に類を見ない類まれな軽量さと感度など特筆すべ...




モアザンシリーズは折れる!?ウソ!ホント!

よく「折れる」といわれるモアザンシリーズのシーバスロッド。ブランジーノも例外ではない。

が、しか~しここでは誤解を解いておきたい。
このロッドにはルアーをより遠くへ送り込むために飛距離重視で高弾性のカーボンがふんだんに使われている。

一般的なロッドよりも大幅に弾性が高い素材な訳だから
自ずとそのアクションなりの曲がる量を出すために細くしなければならないのです
だから高い飛距離を出すための性能が保たれるわけだ。
細身だからこそ空気抵抗が低く振り込む速度が上がり、高い弾性でより高速にルアーを放り出すわけです
出典:yahoo知恵袋

説明するのが難しかったので引用させてもらった。
そういうことなのだよ諸君!(笑)

折れるかどうかは別として、飛距離を重視した性能ゆえのよく弾き細いロッドだということになる。

真の能力を理解せずして、自分の目的に合ったロッドを選ぼうともせずに折れやすいとか言ってるうちは、まだケツが青いガキの証拠だ!

このサイトで何度も言うがここは大人のシーバスアングラーを対象にしている。
そのモノの特性を理解したうえで適切に使用をしていればそうやたらめったら折れるはずがないのである。

本当に折れにくいロッドが欲しければ、このブランジーノとかの全く逆のコンセプトの、例えば飛距離を犠牲にした中弾性とか、軽量ではなく持ったときにパワーも感じ取りやすい太くて重たいロッドを使えばいいだけの話。

そもそもブランジーノとかは目指している目的が違う。

バット|モアザン・ブランジーノ・AGS
インプレはまずはバッド部分。このロッドは9.7ftだがこのクラスのロッドとしては少し細いのかな。
持った感じはかなり軽量。贅肉をそぎ落としているのが感じられる。

ほかのメーカーでこの太さでこの軽さだったら、肉厚が薄いのではないかと思ってしまって、強度が気になるが
そこはさすがの天下のダイワの上位機種。問題を感じるどころか軽量さとパワーを両立させる先進技術に感心させられるほど、ルアーを飛ばす感覚は申し分ない。

金ピカのバットを振り回していると周りが羨む大衆の憧れロッド

リールシート|モアザン・ブランジーノAGS・インプレ
モアザンAGSのときも思っていたが、このモデルもリールシートまで軽量化が図られており、手元に無駄な重さを感じない。

見た目は剛性感が心配になるほど軽くて清楚な印象だけど使っている分にガタついたり釣行時にズレたりすることも全くなく、逆に軽さの恩恵のほうが自分にはありがたい。

10ftクラスのロングレングスのロッドの中では軽量とパワーの両方をいちばんバランスよく持っているのがブランジーノではないかと思う。モアザンAGSやエキスパートではブランジーノより軽い分パワーに不安が残るが、これならサーフとかで

不意の大きな青物とかにも余裕をもって対処

できる。

ブランジーノに慣れてくると、ア〇アやエク〇セン〇などほかのメーカーのロングレングスでパワーのあるロッドが重たくて取り回しが少々キツく感じだしてくる。

グリップ|モアザン・ブランジーノAGSレ
このモデルが発売当初から強度は折り紙付き。もともとダイワ独自の高密度のカーボン素材を得意とするSVFコンパイルと呼ばれる製法でつくられたものに、

さらに近年カーボンロッドの材料として主流になりつつある東レ(株)ナノアロイ®の材料を組み合わせ高強度化と軽量化の両立を高次元で実現している。

詳しくはメーカーサイトでご覧いただきたいのでこちらでは説明は省くが、とにかく言いたいのは細くてよく飛び、軽量だけどパワーもあり丈夫なロッドだということです!

ティップ|モアザン・ブランジーノAGS・インプレ
ブランジーノの特質として、高弾性の特異なティップがあげられる。振り抜いたときのギュンッと曲がってルアーを跳ね飛ばしてくれるんですけど、飛んだ後にシャキッと元に戻る。

この振り抜き感はこのモアザンシリーズのシーバスロッドでなくては味わえない。

ワンランク上のキャストを体感できるといっても過言ではない。実際に自分が上手くなったような感覚になるから不思議だ。こんなロッドを一度手にしてしまったら他のが使えなくなるのも理解できる。

デーモンティップ|モアザン・ブランジーノAGS MLM
あとML/Mには通称デーモンティップと呼ばれる、吸い込みの良いソフトなティップが搭載されている。

このティップが私的には非常に好みで、食い込み吸い込みがいいのでバラしにくい。乗せて食わすティップで下手に弾いたりしない。

ショートバイトも弾かないで乗せるファストテーパーのティップでランカーの強烈な引き込みにも余裕を持って対峙できるMパワーのブランクスを併せ持ったのがブランジーノAGSのMLMの最大の武器で、シリーズ中に数あるモデルのなかでもMLMモデルが一番好きである。

ちなみにMLMは87、97、1010のレングスにラインナップされている。


楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

無論いま最も人気のあるシーバスロッドのランキングいってみます。ビギナー向けとクラス、上級者向けのクラス混合ですが、より探しやすくするために人気メーカーごとに並べ替えてみました。求められる特徴と選び...

こちらもおすすめ!