シーバス釣り初心者のため入門バイブル!釣り方の基本からタックル、ロッド、リール、ルアーの探し方

最終更新日

シーバス釣り、初心者向けにこれからシーバス釣りをはじめる際に気になるであろう知りたいことから順を追って解説していきます。

ロッドは?リールの選び方は?、釣れる時間帯やポイント。釣り方や持っていた方がいいルアーなど初心者の方が最初に疑問を持つ事柄だけに絞って情報をまとめました。

シーバス釣り、初心者向けにこれからシーバス釣りをはじめる際に気になるであろう知りたいことから順を追って解説していきます。 ロッドは?リールの選び方は?、釣れる時間帯やポイント。釣り方や持って...




シーバスとは

シーバス
出典:https://ja.wikipedia.org/

まずはそもそもシーバスってどういう魚なのか?
これを知らなければ敵と戦えません。

シーバスとは、スズキ目・スズキ亜目・スズキ科に属する魚で海岸近くや河川に生息する大きなものは1mを超える個体も存在します。

スズキはブリなどと同じく出世魚で、全長15~30cmくらいまでを「セイゴ」、~50cmくらいを「フッコ」(関西ではハネ)、60cm以上を「スズキ」と呼ぶが定義もあいまいで地方によって基準や呼び名が異なる。

いちばん釣れる確率の高いフッコサイズ

またシーバスは回遊魚で、冬の間は産卵と越冬のために外洋の海の深場に生息し、春~秋にかけては港湾部や河川で暮らす一定の回遊周期をもっています。
海水域でも淡水域でも生きられる対応能力にも優れ、夏の水温の高い時期は河川のかなり上流まで遡上してきます。

シーバス釣り。ルアーで大型の回遊魚であるシーバスを比較的身近な場所で狙うことができることに人気の秘密がある。が、実際はそうそう簡単に釣れさせてくれる魚でもない…。(adsbygoogle = window.adsbygoogle ||...

釣りたいターゲットであるシーバスはご存知の通りフィッシュイーター(小魚をメインにエサとする)魚種だがこれと言って特定のメインとなるエサは決まっておらず季節はもちろんのこと、地方や場所によっても捕食...

シーバス釣りとは

ご存知の通りシーバスはフィッシュイーター(肉食魚)なので、ルアー釣りの対象魚として人気があり、

特にシーバス釣りとして人気があるルアーフィッシングの間ではシーバスと呼ぶ慣習があります。

シーバス釣りとは一般的にルアーで狙うスズキ釣りのことです。エサ釣りの人はシーバス釣りとは表現する人は少ないように思います。

シーバス釣りの時期とパターン

シーバス釣り・時期
シーバス釣りは年中成立する釣りです。1年中釣れます。

ただし釣れにくい時期と、釣れやすいハイシーズンと呼ばれる時期があり

またその時期によって、シーバスのエサとなるベイトの種類が異なってくることからそれらベイトの種類によって釣り方を変えて攻略していかなければなりません。

そのことをベイトパターンと言い、季節によって変わるその時期にシーバスのエサとなるベイトの種類で春ならイカパターンや稚アユパターン

春ならばイナッコパターンやイワシパターン

「バチ抜け」や「バチパターン」という言葉はシーバスはじめてしばらく経つ人なら、初心者の頃から幾度となく聞いたことがある人がかなりの確率でいるるだろう。シーバス=バチ抜け!?だと思っている人もいるか...

春のシーバスパターンのひとつである「稚鮎パターン」はあまり知られていない。あまりに有名なバチ抜けに押されて認知度が低い。があまり知られていないからこそ知っているとけっこうな確率でシーバスに出会える...

ハイシーズンとなる秋ならば
コノシロパターンや落ち鮎パターンとなります。

この章では、ランカーシーバスが狙える晩秋~冬にかけてのコノシロパターンの攻略方法を解説します。単なる机上理論ではなく実践に基づいた、実戦派ノウハウです!河川のリバーシーバスの代表である「落ちアユパ...

河川メインのシーバスアングラーご用達の落ちアユパターンのシーズン。この頃、名の知れた有名ポイントは連日連夜で地元でも遠征組でプロアマ問わずごった返す。この時期にしかお目にかかれない主級のランカーシ...

シーバス釣り方

シーバス釣り・釣り方
シーバス釣り方は決してむずかしいことはありません。好みのルアーを投げて釣るだけです。

唯一練習が必要なことといえばPEラインとリーダーとの結束方法と、PEラインのキャストでしょうが、それも練習あるのみで回数を重ねていけば必然的に慣れて上達します。

シーバス釣り方はパターンごとのルアー選びや、ルアーごとの動かし方&アクションのつけ方なども、徐々に覚えていけば大丈夫です。基本はまず「ミノーのただ巻き」から覚えましょう。

詳しくは下記の記事を合わせてご覧ください。

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

軸となるルアーの動かし方・完全マスタールアーには基本的な動かし方があります。ルアーの種類によっても動かし方が違うのはもちろん、例え種類が同じミノーでもメーカーが違えばタイプが異なるため使い方が違っ...

シーバス釣りのポイント見つけ方

シーバス釣り・ポイント
何も考えずに釣れたとしても、何度も同じ場所で同じように釣っていても二度と釣れないようなら、その釣れたは“たまたま”だった可能性が高いです。
シーバス釣りでもビギナーズラックで単に投げてたら釣れたということもありますが、実際はそうそう上手くはいかないのが現状です。

シーバスは海水でも淡水でも生きられる個体なので海水域でも汽水域でも何処にでもいます。
港湾部なら堤防、河川であれば、橋脚周りや、カーブの外側や瀬など常に水が動いている場所などが最初に狙いたいポイントの代表格です。

サーフや河川でも何もないように見えて水中に、沈み根や岩場などストラクチャーが潜んでいることもあるのでそのあたりも狙い目となり、それらを目視し確認できるようになって釣り行けるようになるには場数を踏むことです。

場数を踏んでいくとその日の潮周りや水の濁り、ベイトの有無で、何となくでも自分でその日のパターンを予想できるようになってきます。

シーバ釣り攻略のための、シーバスの生態や特徴を把握して挑むための講座第2弾。今回はシーバスが好む居場所=ポイントについて詳細に解説していきます。生息する場所シーバスの話をするのに必ずと言っていいほど...

シーバス釣りにおける釣れる時間帯

シーバス釣り・時間帯
基本的にシーバス釣りは、夕マズメがいちばん釣りやすい初心者向きの時間帯です。夕マズメとは日が暮れ始めて暗くなるまでの魚がお腹を空かせエサを食べたがる言わば魚の夕ご飯時です。

それと同じく朝マズメという夜明けから、日が昇る時間帯までも同じように魚がエサを最も食べやすい時間帯になり初心者でも釣れやすい時間帯です。

ただし、この「マズメ」の時間帯に潮周りが関係してきます。ここが最も大事です。いくらマズメの時間帯でもこの潮が動かない時間は釣れにくくなります。潮が動きはじめ最も動く時間帯=これがいわゆる「時合」です。

この時合とマズメの時間帯が重なった時がいちばん釣れやすい時間ということを最初に覚えましょう。

時合と時間帯について下記のページで詳しく記事にしてます。併せてご覧ください。

シーバス釣りで釣れる時間帯!?そりゃ気になりますよね、だれでも釣果は欲しいですから。まずはとにかく釣果を出したいですからシーバスが釣れると言われている時間帯の基本的な考え方からおさらいします。シー...

シーバス初心者のタックルの揃え方

シーバス釣りの基本的なことが勉強できたら、いよいよタックルの準備です。

はしめから高価なものを使う必要はありません。それは高価であればそれなりに良いタックルに当たりますが、まだちゃんとシーバス釣りができるかどうかもわからない状態で高価なタックルを揃えるのは不安でしょう。

タックルは段々とシーバス釣りが上手くなってくると同時に、上位機種に買い替えていく方法で十分です。

最初は安いほうで慣れてしまっていて、高価なものを使い始めたときにその違いに驚かされることはあると思いますが、初心者の方はタックルとシーバス釣り方に「まず慣れる」ことが先決です。

でも…。シーバス釣り初心者の方ならではの悩みがここで出てきますよね。値段は安ければ安いほうがいいのは確かですけど、俗に言う“安かろう悪かろう”というものにはできる限り当たりたくは

ほかにも「果たして安いロッドやリールでシーバス釣れるの?」

釣れなくなったときに「こんな安いものだから釣れない」とか(笑)タックルのせいにしてしまったり。

そんなことにならないために、この章では“安くてもそこそこいい”シーバス釣り用のタックル紹介します。

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!




シーバス釣りロッドはじめの1本は予算10,000円以内

ロッドははじめから高くていいものを使わなくても、そこそこ名の知れたメーカーであれば安いもので十分。

ひと昔前と違い最近では安くていいものがたくさん出てきているので初心者向けといえど、昔のロッドと比べると断然良くなっています。

シーバス釣り初心者向けおすすめロッド

そこで初心者さんにおすすめなのが、こちら↓


メジャークラフトのその名も「ファーストキャスト」。往年のアングラーのみんながいちばん愛していたレングスの9ftがおすすめ。
河川、河口、港湾などどんな場所でも通用する長さです。橋脚狙いなど河川おかっぱりがメインの場合は一段短い8.6ftのほうが取り回しが良いでしょう。ただいろんなポイントに行くごとに8.6ftでは少し物足りなく感じてくる場面がきっとあるので私のおすすめは9ftです。

誰が言い出したか知りませんが「メジャークラフトは折れやすい!」という人がいますが、そりゃ乱暴に扱ってたら高いものでも折れます(笑)

ちなみに私は初心者の頃ずっとメジャークラフトのものを何本か買い替えながら使っていましたが1本も折れたことなんてありません。

もっと安いロッド使っていたので、はじめてメジャークラフトのロッドを使ったときに驚いたほどです(笑)未だにアジングやメバリングやるときはメジャークラフトのものを使っています。

シーバス釣り初心者でもリールはミドルクラスがおすすめ

リールだけは初心者の方でも、ミドルクラスをおすすめしています。
ロッドはキャストの仕方のクセや、硬さなどに好みが出てきやすいのですが、

ほとんどただ巻くだけのリールはメーカーとか見た目の好みとかくらいしか出てこないので、初心者のうちからなるべくならミドルクラス(25,000円前後)くらいのある程度良いものを買っておいたほうがロッドを買い替えても長く使えます。

単純に価格だけで比較するなら、ロッドは素材の構成とかが性能の大半を占めるけれど、リールは機能的に動く”メカニカル”な部分が大きいためロッドと比べると価格がそのまま性能に反映されやすいです。

そのためある程度のクラスのものをはじめから購入し使い慣れておくことで上達もはやくなります。

このくらいは、はじめから持っているとこの先使おうと思えば少なくとも2,3年は十分このまま使い続けられる性能です。

リールだけで20,000円!?と驚くかも知れませんが、後から上位機種が欲しくなった時、買い替えることを思うとはじめからこれくらいのクラスを買っていると本当に長持ちします。

「とてもそんな予算出せないよ!」っていう人はこちら↓

最低でもこのくらいは欲しいです。

今の時代この値段で、この性能です。上達は早くなるはずです!

シーバス用のリールを新潮したり、これから本気でシーバスをはじめようと考えたときにけっこう迷ってしまうリールの番手の見方と意味。メーカーによって基準がまちまちで、選ぶときにメーカーまたいで決めるのは...

ダイワ派のみなさんごめんさい!先に申しておきます。私はリールだけはシマノ派です!私の言うおすすめとはすなわちハイ!シーバス用のリールもめっちゃくちゃ偏ってます(笑)最近のS社のリールの出来は半端ない...

シーバス用のリールのランキングってあまり聞くことがこれまでなかったが、よく思い起こすとものすごく気になったので調べてみることに…。今回はあまり難しいことを考えたりしないで単純に売れているリールのラン...

シーバス釣り初心者がはじめに揃えておきたいルアー

シーバス釣り初心者の方が最初に揃えておくと良いルアーは基本的なパターンとルアーアクションを身に着けるのにも最初のセレクトが肝心です。

シーバス釣りにおいて初心者なら真っ先に揃えておきたいルアーについてのお勉強ページです。ビギナーが知らない種類やそれぞれの使い方を一つ一つのルアーの特性に分けてわかりやすいようにご説明します。これで...

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

ミノー

シーバス釣りにおいて、ミノーの使い方、動かし方、釣り方をマスターすることは基本中の基本。
まずはこれからキャストして、任意のレンジへの送り方やトレースの仕方、水流に乗っての動かし方やアクションの付け方を体得してください。まずは練習です。
練習しながらいきなり釣れちゃうことがあるのはやはり夜のナイトゲームになります。

シーバス釣り初心者におすすめはこちら↓

安価で扱いやすくて釣れるミノーといえばこの1本。適度なアピール力で良い泳ぎをしてくれるし、最初の1本目のルアーとしてミノーの練習にはやはり「リップ付きミノー」でリトリーブとアクションの感覚を掴むことから始めるのがよい。

長さはや11cm以上のミノーでは食ってこな状況も多々あるため初心者の方が
できるだけ早くに釣果をてにいれるかで判断すると”食わせのサイズ7cm~9cm”



重たいルアーのほうがよく飛び、遠投できるために釣っている気持ちになりやすいので、初心者はバイブレーションやシンキングタイプなど重たいものを選びがちになるが、基本はフローティングミノーから習得しておいたほうがあとから自分の釣り方の幅も広げやすくなる。

シンキングでは沈みはするが初心者には任意のレンジをキープしにくいという理由もあるためフローティングを選んだ。

バイブレーション

練習も必要だけど、シーバス釣り初心者に一番必要なのは「釣れる楽しさ」を早い段階で体験していくこと。

夜のナイトゲームでも、ベイトが底付近に落ちてる場合にもバイブレーションは有効だし、なんといっても春夏からのデイゲームでもメインのルアー間違いなしがバイブレーション。

よく飛んでよく潜るので”釣りをしている感じ”は感じ取りやすくて、初心者にはミノーよりも釣れやすくなる。

おすすめのバイブレーションはこちら↓
バイブレーションの代名詞的名作品☆彡



いつまでも釣れない時期が長くなると途中で心が折れてしまったり、シーバスは「釣れない」となってしまうからだ。「釣れる」という成功体験ははじめてからの初期で重要。そんなときにはバイブレーション!

必ず通る道であるミノーとバイブレーションこのふたつまずはこれからシーバス釣りの醍醐味を味わいましょう。

それから鳴れたらシンキングミノーやシンペン、メタルジグなどを使ってみましょう。

シーバス釣り、初心者のタックルまとめ

まずはシーバス釣りの楽しさを味わいながら、安価に納められるタックルを選ぶこと。

まずは基本をしっかりと抑えて、自分なりの釣り方の引き出しが増えてきてから、タックルに拘っていけばいい。

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!







シェアする