ダイワ モアザン AGS|シーバスロッド・インプレ

最終更新日

ダイワ モアザン AGS シーバスロッド・インプレ
シーバスアングラーに人気の高いロッドとして知られるモアザンAGSシリーズのインプレ。

自分がこれまでに使ったロッドの中で3本の指に入るだろうモアザンのAGS

その他に類を見ない類まれな軽量さと感度など特筆すべきところがたくさんある
文句なしおすすめのロッドなので自分が使ってみたモアザンAGS 90MLの感想いついて書いてみる。

誰もが認め憧れるダイワのシーバスロッドのフラッグシップモデルの「モアザン」。その中でも、ひときわ異彩を放つパワーロッドがこのブランジーノAGSだ。パワーロッドと言ったのには意味がある。みんなが羨むラン...

テンリュウ(天龍) レイズ RZ87Hposted with カエレバ 天龍(TENRYU) Amazonで探す楽天市場で探す自分はコルクグリップのデザインのロッドが好きだ。EVAが嫌いな訳ではなくて、所有している中のバリーエーショ...




軽さで選んで大正解、小・中級河川での感度と取り回しの良さはピカイチ

ティップ|シーバスロッド・モアザンAGS
先ずはティップから。
同社のデーモンティップやメガトップのように柔らかくしなやかな方ではなく、どちらかというとシャキッとした印象。

振り抜き感は爽快で、柔らかいティップのブウィーンとルアーの重みが乗っかって飛ぶというよりは反発力でシャキッと飛ばしてくれる感じ。
ロッド自体がきっちり仕事をしてくれ、狙ったところに的確にブレることなくルアーを届けてくれる気がするので、少し自分の

キャストテクが上達したかのような錯覚を起こしてしまう

ほどだ。

光ってカスリ傷のように見えるのは独特のカーボン繊維の配列によるものなのでご了承ください。

ガイド|シーバスロッド・ダイワモアザン・AGS
お次はガイド。ダイワ独自のエアーガイドシステム。カーボン製の超軽量でライントラブルを軽減してくれるAGSは
持ち重りは全くない。(最近のロッドは先重りするロッドは少なくなった)

糸絡みとかも一度も起こしたことはないし、9ftのクラスにして107gというアジングロッド並みに驚異的な軽さがもたらすラインから伝わってくる感度の良さは特筆すべき点。

しいて言うならこの軽さゆえに適合ルアー:7~35gとなっているが、25gくらいのバイブレーション投げようとするとティップが入りすぎてめちゃくちゃ投げにくい。

感覚でいうと

適合ルアーは20g

までといったところだろうけど、この9ft前後のシーバスロッドは中級河川とか湾奥がメインとなるので
そんな重たいルアーを使うことは滅多にないので何の問題もなかろうかと。

リールシート|シーバスロッド・ダイワ・モアザンAGS
この90MLと、96MLのモデルにはダイワ独自の技術の元開発された軽さだけだけでなくホールディング性に優れた

新型リールシート

を採用している。

どんな有名なロッドでも中にはこのリールシートが歪んでいたりするものも目にしたことがあるが、ことダイワのこの製品に関してたぶんこれまで使ったロッドの中で一番いい!これからも。

メーカーのブランドでもFuji製のリールシートを採用しているものはたくさん見かけるが、さすがダイワと言わんばかりの剛性と質感は他では見ることができない。

リールセット|シーバスロッド・モアザン・AGS
ダイワ製のロッドにシマノのリール!(笑)
だって俺リールは昔からブラックバスのタックルもすべてシマノ派なんでシマノしか持っていないごめんなさい。

けどエクスセンスとかヴァンキッシュとかはこの軽量なロッドにはよく収まる。タックルバランスは悪くない。

ダイワでいうならイグジストかルビアスの2500番クラス

あたりかな。セルテートじゃ手元が重たくなってせっかくのロッドの軽量さを生かせない気がする。

ブランクス|シーバスロッド・モアザンAGS
ブランクスからグリップエンドにかけての剛性感は、細くて軽くても折れる気は全くしない。

ただ50㎝のフッコクラスを超えるあたりから結構やり取りがしんどくなる…。それはこの軽量さを優先したがゆえに減らしてしまった「パワー感」だ。

重ためのブランジーノやアピアにツインパ(またリールだけシマノ^^)みたいな、ゴリゴリのランカーシーバス用タックルと違ってロッド自体の力でねじ伏せてグイグイ寄せてこれる感じはあまりない。モアザンAGSシリーズの中でも特に9

0と96MLは感度重視の繊細な釣り向き

かもしれない。

実際、シーバス狙いの時に飽きてきてワームでチヌ狙いしたときに驚いた経験がある。

チヌ狙うためにはワームを底を切らさずにボトムを引いてくるのだが、底の泥の感触とか石や岩の感覚が手に取るようにわかるほど感度が良かったのである。こんなシーバスロッドがあるんだとビックリした。

もちろんそのときチヌを2枚たてつづけにゲットできた!感度のよさの成せる技だと思った。
それ以来チニングロッドを売り払ってシーバスロッド1本にしてしまった。

エバグリップ|シーバスロッド・モアザンAGS
俺は女性の尻が好きである。どうでもいいけどグリップから見たこの角度の写真が好きでまた撮ってしまった。^^;

自分は何気にEVAよりもコルクグリップのほうが好きだけど、ソルトでの釣りの場合EVAのほうがいいような気がする。

実際オフショアのボートシーバス用のロッドとかはコルクよりもEVAのほうが長持ちするしなんか海の上ではこのEVAの見た目のほうが合う気がしている。

今回インプレしたダイワ・モアザンAGS90MLはすでにあまり販売がない模様
ダイワ ラブラックス AGS 90ML
自重:130g
ルアー重量7~35g
(投げた感想でいえば5g~20gまでが気持ちよく扱える)
適合ライン:PE0.6~1.2
定価:41,500円

無論いま最も人気のあるシーバスロッドのランキングいってみます。ビギナー向けとクラス、上級者向けのクラス混合ですが、より探しやすくするために人気メーカーごとに並べ替えてみました。求められる特徴と選び...

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング モアザン エキスパート AGS 87LML 釣り竿シーバス主体のアングラーから絶大な人気を誇るダイワ(現グローブライド)のロッドで群を抜いて突出しているモアザンAGSシリー...







シェアする