シーバス釣りのベイト・ロッドの使い方・釣り方

最終更新日

シーバス釣り・ベイトロッド
スピニング全盛時代であったソルトウォーターシーンでも
昨今のシーバス釣りではベイト・ロッドを用いた釣り方が注目を集めるようになってきました。

この章では、シーバス釣りにおいてのベイト・ロッドの使い道を
ベイトロッドとスピニングの違いからよく理解し

使い分けができるように使い方を解説するとともに
これからシーバス釣りをベイトタックルではじめようとする方へ 
もっともベイトロッドがあってる釣り方を、その理由も踏まえて詳しく紹介していきます。

ここではシーバス釣り専用に開発されたベイトロッドのなかから初心者向けにコスパの優れた商品からおすすめをご紹介します。シーバス釣りなどのソルトウォーターのジャンルではベイトロッドは選択肢が以前よりは...

ベイトロッドとスピニングの違いと特徴

これまで使ってきた(主流であった)スピニングとベイトロッドはそれぞれ得意とする分野があり、

使い分けをしてそれぞれの個性を生かして上手く使いこなす努力をしましょう。それどころかちゃんと使わないと釣果に影響してくることでしょう。しっかりそれぞれの得意とすることと苦手な部分をまず理解します。

ベイトロッドとスピニングの違い
/ベイトロッドスピニング
操作性手返しがいい
重たいルアー向き
ピンスポットを狙いやすい
初心者でもすぐに扱える
軽いルアーでも飛ばせる
遠投が得意
長さあまり長いと操作性が悪い遠投用に長いものも◎
重さ多少重い軽いものが増えた
ライン太くて丈夫なラインが使える太くてハリの強いラインは不向き
強度パワーファイトが可能やり取りは十分可能だが若干パワーはベイトに怠る
扱いやすさコツを掴むまでの練習と慣れが必要すぐに使える

上記の表で見比べてもこのようにタイプが明らかに違うのであ。遠投が必要ならスピニングを使うほうが慣れやすいのでそう言われているが、実際はベイトで大海原で大遠投が必要な堤防やサーフからキャスティングジギングなどをやっている人もたくさんいる。どちらが良いとか悪いという話ではなくて、そもそも使う場所やシチュエーションが異なる場所で特徴を生かして上手に使いこなせばなんら問題ないのである。

デメリットをしいていうならば、ベイトタックルはある程度の慣れと練習が必要なこと。スピニングのようにすぐに使いこなせないところか…。これもなれてしまえばベイトほうが良くなってきたりするシチュエーションが必ず訪れる。

近年ソルトウォーターの世界でもその独特の釣り方から人気がジワジワと広がってきているベイト・ロッドを使ったシーバスゲーム新しい釣りスタイルが見い出せそうだけど、見た目とか格好のよさだけで始めると面食...

ベイトロッドに向いている釣り方、得意な使い方

ベイトロッドに向いている釣り方

岸壁ジギング
岸壁から足元の真下にメタルジグを落として岸際に付いているシーバスを狙う釣りでは、ベイトロッドのほうが使い易い。その理由はほぼキャスティングしないで真下に落とすだけなのでロッド自体に長さが必要なく、短くてもシーバス釣りに充分なパワーが確保できるベイトロッドがいい。

しかもこの釣り方は岸際にくっ着いている貝類に引っ掛けやすくPEラインよりも堅くて横ズレに強い、太いフロロラインが使えるベイトリールがいい。では単純にスピニングに太いフロロを巻けばいいじゃないかと初心者の方は思うかもしれないが、疑うなら試してみるといい。ハリとコシのある12lb以上ある太いフロロをスピニングに巻いてもゴワついてライントラブルの原因になる。スピニングでバックラッシュしてしまう。

ボートシーバス
ボートで橋脚やストラクチャーに近づいて、ピンスポットを狙いうちするシーバス釣りではもはやベイトロッドしか選択肢が無いといっても決して過言ではない。上記に挙げた岸壁ジギングのときと同じ理由もさることながら、

ボートシーバスの場合ほとんどが8cm前後の10g~25g前後のルアーを4,5メートルほど飛ばして探り、また投げて、巻くの繰り返しなので展開が早い。そのためすべて片手だけで操作が可能(遠投しないボートシーバスの場合)なベイトタックルのほうが断然手返しがよくスムーズにゲームを運べる

ベイトロッドの得意な使い方とは

要するにあたり構わず遠くに飛ばすことなくシーバスが居そうな小場所を的確に狙える(ピン撃ち)できる操作性と手返しの良さ、ストラクチャーを果敢に打ち込める強度のあるラインの使用が主な特徴といえます。

なので的確に身近なポイントへルアーを送り込みたいとき=そういう場所は遠くても10m以内の場所なのですぐに巻いては投げてができる手返しが必要なときにベイトロッドを用いるといい。

ビッグベイト・スイムベイトにも
最近流行しつつある、ビッグベイトを用いたシーバス釣りにも太いラインが使え、パワーのあるやり取りができるベイトロッドは向いているのである。なぜならビッグベイトやスイムベイトはルアー自体に重さがありそんなに遠くへ飛ばして引いてくるイメージはない。

どちらかというとストラクチャー付近をピンポイントで狙ってステイやストップ&ゴーに、自然に流し込むという高度な使い方が要求さるのでベイトのほうが取り回しがいい。

昨今のシーバスシーンも大きく様変わりしベイトリールとロッドを使ったベイトタックルでのシーバス狙いが若年層を中心に注目を集めはじめています。ブラックバスでは主流であったベイトリールの良さや、その特徴...

シェアする