シーバス初心者のためのルアー講座~種類とそれぞれの使い方

シーバス釣り・ルアー・初心者
シーバス釣りにおいて初心者なら真っ先に揃えておきたいルアーについてのお勉強ページです。ビギナーが知らない種類やそれぞれの使い方を一つ一つのルアーの特性に分けてわかりやすいようにご説明します。これであなたもシーバス釣りのルアー通!

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

シーバス釣りに適したルアーの種類

シーバス釣りで頻繁に使われるルアーの種類を解説します。

基本的なミノーやバイブレーションはもちろんそれらの中にも細かな役割分担がされており、そちらも踏まえて種類と使い方を、シーバス釣りの代表的なルアーから順にそれぞれ見ていきます。

軸となるルアーの動かし方・完全マスタールアーには基本的な動かし方があります。ルアーの種類によっても動かし方が違うのはもちろん、例え種類が同じミノーでもメーカーが違えばタイプが異なるため使い方が違っ...

ミノー

シーバス釣りにおいて基本中の基本であるミノー。まずはこれらの種類を熟知し使い分けできるように動かし方やアクションのつけ方をマスターしましょう。

それぞれのタイプに、だいたい7cm前後~15cm前後まで用途に合わせたサイズが用意されています。自らがシーバス釣りに行くポイントでのベイトのサイズや、狙いたいシーバスの大きさで判断します。

フローティング(サブサーフェス)ミノー

ミノー|シーバス釣り・ルアー・種類
河川、河口などの干潟からのシャローで活躍する、フローティング=浮くミノーです。
メーカーやその製品によって潜航深度もまちまち。基本的には水面直下~中層までが一般的です。

サブサーフェスと呼ばれる水面直下型の水面下10cm~中層より上を泳ぎ切るルアーも存在します。
ベイトの活性が高く、ベイトの大群が水面に浮いている状況の時に適しています。

シンキングミノー

ミッドダイバー|シーバス釣り・ルアー・種類
文字通り、沈むタイプのミノーです。フローティングよりも下のレンジ=中層~ボトムを泳いでくるミノーです。その深度は80cm前後~1.5mくらいです。

ベイトはいるけど上まで浮いてきていない状況に使います。一般的に昼夜問わずいちばん出番が多いのがこのシンキングミノーです。

大河川の河口や、ドン深のサーフでボトムまで素早く潜り、ボトムスレスレ~1mくらいを泳ぎ切ってくれるミッドダイバーというミノーも存在します。

サスペンドミノー

サスペンドミノー|シーバス釣り・ルアー・種類
一定のレンジで、沈みもせず浮き上がりもせず、そのレンジで浮いたままに止めることができるミノーです。

巻いてくるのを止めると、そのままのレンジでステイします。スローシンキングと呼ばれるわずかにゆっくりと沈んでいくタイプのミノーもあります。

タダ巻きにおいても任意のレンジをキープしやすく、一旦「止める」という食わせのタイミングを演出するときなどがメリットを生かした使い方が可能です。

湾奥サスペンドや汽水域サスペンドとメーカーによって浮き幅の設定が異なります。汽水サスペンドを外洋で使うと浮きすぎる傾向になります。自分の使う場所でベターなルアーを選びましょう。

シンペン(シンキングペンシル)

シンペン|シーバス釣り・ルアー・種類
ミノーの次に、よく使われるシンペン。ほぼシンキングミノーと同じくらいのレンジを泳ぎます。

ミノーとの違いはその重心と飛距離。よく飛んであと一歩ミノーでは届かなかった遠くのポイントへルアーを送ってやることができ、しかも奥深くまで沈められることも可能なルアーです。

ドリフト釣法と呼ばれる河川での流れに乗せながら引いてくる釣り方の時に多用されます。

バイブレーション

バイブレーション|シーバス釣り・ルアー・種類
シーバス釣り初心者の方でもいちばん扱いやすいルアーがバイブレーションです。
扱いやすい=ミノーでは釣れないけどバイブレーションでは釣れるということも初心者の方にはよく起こります。

その名前のとおり小刻みに、ブルブルとボディを振動=バイブレーションしてその波動でシーバスを誘います。
重心がありシーバス用のサイズは7cm~12cm前後と小さいのに重さがあり、飛距離も稼げボトムレンジまでしっかり沈みます。

ベイトが水面に見えていない、タナ落ちしている状況での投入や、デイゲームでの「速巻き」など幅広く応用がききます。

メタルバイブ

メタルバイブ|シーバス釣り・ルアー・種類
別名「鉄板バイブ」とも呼ばれるスチールやカーボンファイバーなどで作られたバイブレーションで、

通常のバイブレーショにはないテールフィンを持ちバイブレーション波動が強いのが特徴です。

スピンブレード

スピンブレード|シーバス釣り・ルアー・種類
小型のバイブレーションにスピンテールをくっつけてアピール力を増したものです。特にデイゲームのシーバス釣りで有効とされています。

スピンテールの部分に噛みついてくることが多く、そのスピンテールにフックが一体化されているもののほうがバラシを軽減できます。

メタルジグ

メタルジグ|シーバス釣り・ルアー・種類
一枚のスチールでできたルアーで、バイブレーション並みかそれ以上に重くよく沈みますが、バイブのように波動を生みません。

どちらかというと、ロッドを握っているアングラー側が操りアクションさせるイメージです。トゥイッチ、ジャークなどの動きがしやすい設計になっています。

シーバス釣りでは、ボートシーバスや堤防の岸壁ジギングの使用に向いています。

トップウォーター

水面を這うように泳いでくれるルアーがこのトップウォータールアーです。

夏など水温が高くなりベイトがよく中層より上に多く浮いてくる時期にはこのようなルアーが頻繁に選ばれます。

使う時期や釣れる時期が限られるためシーズンになるとトップでの釣りをする人が多く、人気があります。
ミノーやバイブレーションとは一味違った釣り方を楽しめます。

本来水面に浮くルアーなのですが、ソルト用に作られたトップ用ルアーの中には、塩分濃度の低い汽水域で使用した場合沈んでしまうルアーもあるので注意してください。沈んでしまい姿勢が崩れると本来のトップルアーの動きをしなくなります。

ペンシルベイト

ペンシルべイト|シーバス釣り・ルアー・種類
シンペンと同様、ペンシルの形をしている水面を這って動く浮くルアーです。

後術するポッパーとの使い分けは、ポッパーよりもペンシルベイトのほうが飛距離が出るので、パイロットルアー的な役割で最初に広く探っていくときに用います。

シーバス釣りでのトップウォーターではポッパーよりもペンシルベイトのほうが使っている人が多いです。

ポッパー

ポッパー|シーバス釣り・ルアー・種類
シーバス釣り以外のルアーフィッシングでは、トップウォーターの釣りで使用するルアーといえばポッパーが大半を占めます。

口元に大きなカップがついているのが特徴で、そのカップで水をはじきゴポッ、ゴポッと特有の音を立て下にいる魚を誘います。
独特のドッグウォークと呼ばれるロッドアクションを用いた動き方で動かします。

ポッパー特有の音や引き波を上手に演出できる動かし方が使い方のキモになります。

ソフトルアー(ワーム)

ソフトルアー(ワーム)|シーバス釣り・ルアー・種類
プレッシャーの多い状況で、プラグルアーに反応しないときなどにワームを使います。

主に塩化ビニールなどゴム素材で作られた柔らかで自然な動きをします。

プラグルアーよりも、簡単で釣れるイメージがありますが、動きがナチュラルな分、アピールする力はなく集魚力はプラグルアーに軍配があがります。

居るとわかっている小場所などで使いたいルアーです。

ビッグベイト・スイムベイト

ビッグベイト|シーバス釣り・ルアー・種類
近年、流行していきているビッグベイトでの上級者向きシーバス釣り。

ボディの中間位置でジョイントしてあり、独特のS字を描きながら泳いでくるのが一番の特徴で、15cm前後~と通常のプラグルアーよりもワンサイズ大きいのが特徴です。

重たく大きいジョイントルアーで飛距離は期待できません。元々エレキボートの上からのブラックバス釣り用に開発されたルアーです。

それでも本当にベイトにそっくりな動きをして泳いでくるので、ここぞというときにドリフトやステイといった水の流れに任せて、むやみに動かさない釣り方が上手な使い方です。

出典:メガバスシーバスではあまり馴染みのないスイムベイトについて最近シーバスが釣れると噂になっているので取り上げてみました。もともとブラックバスでは定番的なルアーの一つだったソフトワーム素材ででき...

シャッド

シャッド|シーバス釣り・ルアー・種類
サイズが7cm~9cmほどで小粒なミノーによく似たルアー。ミノーよりもリップが長いものが多く、その長いリップが水を噛み巻いてくるのと同時に潜ります。

小粒ではあるけど、ミノーよりもアクションや波動は強く、アピール力もあります。

春先など大きいサイズのルアーには口をつかってこない難しい状況にダウンサイジングとしても使え、

食わせの一口サイズはもちろん、その持ち前の波動とアピール力でストラクチャーの奥底に潜んでいるシーバスを手前まで引き寄せる時などに用いることができます。

シーバスルアーのリップつきとリップレスの違い

シーバス釣り・ルアー・リップつき・リップレス
シーバス釣りをはじめるときに必ずいくつも揃えたくなるルアーのバリエーション。

釣行時に状況に合わせて慣れないルアーローテーションをするためにも必然的なことですが、
そこでシーバス釣りの定番ルアーのミノーやシンペンを探すときに気づかされる

リップつきとリップレスの違い!?についておさらいしてみます。

そもそも「リップ」の役割とは

リップは水を噛み、リップ自体で水量を受け沈んだり、一旦リップで受け取った水流を後ろへ流してアクションを起こします。

リトリーブするとリップが水流を受けて潜ろうとするボトムへ向いた力が働きます。

リップ付きルアーの特徴

リップ付きルアーは水流を受けるので、流れを感知しやすくシーバスが居着きやすい流れのあるレンジや潮目を手元で感知しやすく

流れのある場所でも動きが破綻しにくいのが特徴です。

リップなしルアーの特徴

流れが弱いポイントでもわずかな微妙な水流でもアクションを起こしてくれます。その分若干アピール力が少ない控えめのアクションのものが多いです。

また前方にリップがないので水受けせずリトリーブを弱めるとすぐに浮いたり沈んだりしやすく、レンジキープがしにくいです。ですがリップがない分空気抵抗も少なく、飛距離はこちらに軍配が上がります。

またトゥイッチやジャークなどのアクションを入れやすいです。しかし抵抗が少ないので操るアングラーが手元で感じる感覚は薄く水中の動きがわかりずらく、ダートのような激しい動きでは追従できずにアクションが破綻してしまう欠点があります。

あまり水流のある強い流れの中では良い動きをしてくれません。

リップつきとリップレスの使い分け

リップつきの出番

リップつきは、流れが速い場所では迷わずリップ付き。

その水流感知能力を生かして流れが速いときに、狙えるレンジを探るためのサーチベイトとしても使います。

リップレスの出番

流れの弱い河川や、潮止まりなどの時間帯などには
わずかな水流でも動くリップレスのシンペンなどが適しています。

アピールが少ないので、特にデイゲームなど口を使わせきれないときには
リップレス特有のトゥイッチやジャークアクションを入れて使いわけすると口を使ってくる状況が増えます。

ルアーの種類まとめ

こうしてみると、ひとえにシーバス釣りのルアーの種類といってもさまざまで、使い方や用途がまったく異なります。それぞれのルアーの特性にあった使い方を、自分の行く場所での使い道に落とし込んで自分だけの一軍ルアーを探し当ててください。

購入するときのルアーの選び方

シーバス釣りの初心者の人がまずタックルを揃えてから一番最初に揃えておきたくなるのがルアーですが、やみくもにこれ欲しい!とかこれカッコイイという物欲的なところだけで買っても釣れません。

この章では初心者の方が知りたい釣れるルアーの選び方から簡単なルアーの使い方などをまとめてみました。

自分で選ぶ

基本よく使うルアーの三種の神器と呼ばれているものはミノー(フローティング)、シンペン、バイブレーションのこの3つです。まずはこの3つを持っていれば間違いないです。

なぜこの3つなのかと言うと、ルアーが泳ぎ切ってくれるレンジ=水中の層が関係しています。一般的にシーバスは水面直下を泳ぐ小魚を捕食するシーバスが一番食い気があり大型が狙えるためまずはフローティングミノーで探っていくのがベストだと考えられています。

それでも魚がいないようなら、もう一段下の中層(ミドルレンジ)をシンペンやサスペンドタイプのミノーで探っていき最後はボトム(深層~底)までを重量がありよく沈むバイブレーションで探っていきます。

私はレンジを下げながら、ルアー本体の大きさ(長さ)を最初のミノーが12cmだったなら、次は10cm、バイブレーションは7cmとかにし見た目を少しずつ小さくしていきます。

【飛距離レンジ】

それら3種のルアーも選ぶ際に大切なことがあります。それは飛距離とレンジです。
自分の通うポイントでルアーを通したい場所へ送ってやれる飛距離とレンジキープ能力が必要になってきます。

【レンジ】

ルアーの持つレンジは「潜行深度」っていう表記で示されていますので判断しやすいです。
飛距離については、シマノのルアーなどはおおよその目安となる最大の飛距離が明記されているものがありますが、ほとんどのメーカーは飛距離については公開されていないため、形状とか重さで判断します。

重さが重いもののほうが重心があるため飛距離が伸びます。形状はシンペンなどペンシル型で先が尖った細いものがよく飛びます。ただこれらはあくまでも飛距離が稼ぎたい場合の選び方であり、飛距離が必要ないシーバス釣りではそれほど考えなくてもいいです。

【カラー】

ルアーのカラーで迷ったらとりあえず私は「アピール系」、「ナチュラル系(マッチザベイト)」、「クリア系(ブラック系)」の3種だと思っています。
アピール系カラー|シーバス釣り・ルアー
アピール系とはチャートバックパール、レッドヘッド、コットンキャンディー、アカキン、グリーンゴールド、ピンクなど海水中の生物にはいない派手目のカラーです。

ナチュラルカラー|シーバス釣り・ルアー
ナチュラル系とは、マッチ・ザ・ベイト=いわゆるシーバス釣りをするポイントにいるベイトに合わせてイナッコ(ボラの稚魚)、ハク、イワシ、ヒイカなどの魚体を模したカラーのもの。

クリア系カラー|シーバス釣り・ルアー
クリア系とは、全身がクリアで光をよく遠し、水の動きにもよくなじみやすくスレてるシーバスや活性が低いと思われる状況下で他のカラーでは食ってこない時に有効です。中に反射版やアワビプレートが取り付けられているものが最近の流行です。

この3種類を基本にして選んでいくとそのときのシーバス釣りの状況に合わせて引き出しが増えます。

ブラック系カラー|シーバス釣り・ルアー
ブラック系とは文字通り真っ黒なルアー。何を隠そうナイトシーバスでめっきり強くスレた場所でも威力を発揮する。光のない暗がりでも、魚のシルエットを出しやすいカラー。

釣れるシーバスのルアーのカラーは?誰もが知りたい情報だからあちらこちらで語られ知恵袋とか質問箱でもよく迷った人が質問しているのを見かける。それくらいシーバスアングラーにとって気になるアイテムなのだ...

ネットサーフィンで調べる

ネットサーフィンで探す|シーバス釣り・ルアー
ネット上で「釣れる シーバス ルアー」などで探すと画像付きでいっぱい出てきますが。ただし目につきやすくよく見るそのほとんどがメーカーの宣伝だったりします。騙されて買ってしまいそうになりますが一旦踏みとどまって再考することをおすすめします。

なぜならそれらはたとえ画像付きでも1000回行ったうちのたまたまの1回かもしれません(笑)そんなの“釣れる”ルアーって言いませんよね。(笑)

あと最近あるyoutubeの動画で紹介されているものもありますが、あれこそ決して鵜呑みにしてはいけません!あんなの釣れる一級ポイントに、テクニックを持ちあわせたシーバス釣りのプロが地元のよく釣れる状況を把握した船頭とともに船に乗るわけです。どんなルアーでもそりゃ釣れますって(笑)

メーカーは釣れるといって売れなければ困るわけで信じるなとも言いませんが、見ても釣り方の参考程度にしておくべきです。

でも個人の方や雑誌の取材などメーカー以外の方がルアーについて語っている場合もあり、それらは信ぴょう性が高いと言えます。見分け方はそれらの発信している元がメーカーのオフィシャルだったり専属のプロスタッフやテスターさんか、地方の個人さんかです。メーカーさん側の動画あるいはブログの場合は注意が必要です。

個人さんの釣れるルアーっていうのはその人のフィールドで“釣れる”と言っているわけで、自分のフィールドでは釣れない(場所にあっていない)かもしれません。そこで「●●● シーバス ルアー」、●=自分のシーバス釣りする地域名で検索してみて出てくるブログや動画を参考します。

それらがルアーの宣伝のためのものでなく釣り方や攻略の仕方の解説だったり釣果記録だったりすると一番いいです。ルアーとは関係なさそうでも記事の最後とか動画の途中に出てくる「タックルデータ」のその時使ったルアーをはじめロッドやリール、ラインの種類や太さまで公開されているので非常に参考になります。

ルアーだけで考えても自分の行く地域で実績のあるルアーの情報が得られるなら一石二鳥です。

釣れてるルアーを人に聞く

気難しいシーバス釣りで釣果を上げている人たちはそれなりにお金も時間も、行動力も使っています。近くで釣っている私たちにおいそれと釣れるルアーを教えてくれるはずがありません。気の優しそうな人に声をかけて1しか聞いていないのに10話してくれる人たちもいますが、そういう人に限って話を“盛ってる”人が多いのも事実で私は話半分で聞いています(笑)

私自身はシーバス釣り初心者の頃は釣り場で同じようなアングラーを見つけたら挨拶を交わしよく話しかけていました。全く愛想のない人もいますが気にせず誰にでも話しかけ有益な情報だけを気軽に盗み聞きしていました。

ショップ店員に聞く

あとよく行く釣具ショップの店員さんに聞いてみるのもいいですが、ここにも落とし穴があります。その店員さんがシーバス釣りをされる方ならいいですけど、そうでないエサ釣り専門のひととか、ルアー釣りでもエギングやメバリングしかしない人にいくら聞いて的が外れた答えしか返ってこないでしょう。

それならまだしも個人的に「自分ならこれを買う」というものをゴリ押しされたり、お店の売り上げ的に高いものを買わそうとされているかもしれません。ですから何度か通い仲良くなった店員さんに聞くのが無難です。

シーバスのワームのランキングいってみます。勝手にこれ釣れそうなだという予測だけで並べたものはランキングとはちょっと違う気がするのでここではひとつ持論を封印して単純に売れてる人気商品をラインナップ。...

主なルアーの種類別シーバス釣り方

シーバスの釣り方はルアーによって動かし方が異なり、まったく用途が変わってきます。

シーバス釣りで主に使うと思われる主要ルアーからそれぞれによる釣り方をご説明します。

ミノー

ミノー|シーバス釣り方・ルアー
ミノーを使ってシーバス釣り方をマスターしたい。動かした方はいろんな方法が応用できる(後述)が、
基本”ただ巻き”で釣れる。

有名なシーバスアングラーも数あるルアーの中から一つだけ選んでしか使えない状況であったときに「持ってくとしたら?」という質問に「ミノー」と答える人が多いのもうなずける、最強ルアー。

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

シーバス釣りで頻繁に使われるルアーの種類を解説します。基本的なミノーやバイブレーションはもちろんそれらの中にも細かな役割分担がされており、そちらも踏まえて種類と使い方を、シーバス釣りの代表的なルア...

シンペン

シンペン|シーバス釣り方・ルアー
シンキングペンシル。略してシンペン。シンキングなのでそれなりに重量があり(軽いものはフローティングペンシルまたはトップペンシル)、その先の尖った形状から飛距離が稼げる。自然に流れに乗せてルアーを泳がすドリフト釣法にはペンシルがよく用いられる。ミノーのキレのある動きにスレてしまった状況下で、ややアピールの少ないシンペンを
スローに巻いてくるとスレッカラシシーバスにその効果を発揮する。

トップペンシル

トップペンシル|シーバス釣り方・ルアー
トップペンシルは比重が軽く水面を這うようにして泳いでくるプラグルアー。活性の高いハイシーズンに水面または上層部を意識したシーバスの釣りのときに使うのがこのタイプ。軽くロッドをあおりトィッチすることで頭の部分を上下に振りながら
左右へテンポよく動く「ドッグウォーク」
させて使う。

他にもトップ(水面付近)で使うポッパーもあるがシーバス釣りに使うトップルアーではペンシルが用いられることが多い。

バイブレーション

バイブレーション|シーバス釣り方・ルアー
バイブレーションは巻いて引いてくると細かくブルブルと震えることからその名がついている。そのネーミング通りこの振動でシーバスを誘う。シーバスの釣り方としてはデイゲームでレンジがボトム(下層)付近で低いときなどに、深く沈めて下層のレンジを探る。デイゲームでは基本底まで一旦落としてから一度だけ少しだけ浮かせて
「速攻巻き」が有効
リフト&フォールも多用される。

重量があるので飛距離も出るしよく沈む特性を活かして着水してからボトムまでをカウントダウンしておき、その数えた数を調整しながら引いてくるレンジをコントロールして全レンジのどこにいるのかを探ることも可能。

ワーム+ジグヘッド

ワームとジグヘッド|シーバス釣り方・ルアー
アピールが弱いためスレにくくスレたシーバスでも釣れるワーム。でもそれなりに釣り方にはテクニックを要するのがこのルアーの特筆すべき点だ。
特徴であるテール(尻尾)の部分の微妙な動きを生かすためには、ジグについた針の通し方にも慣れを要し、繊細なロッドワームとリートリーブが必要。基本ロッドを立てて持った手をブレないように一定のレンジをキープしながら
等速巻きと呼ばれる一定の同じ速度で巻いてくるのがキモになる。

メタルジグ

メタルジグ|シーバス釣り方・ルアー
ほかのプラグルアーよりも比重が重いため圧倒的に飛距離が稼げ、重く沈下速度が速いので素早く深いレンジから浅場までを探れるのが大きな特徴。
遠投してボトムまで沈めて、大きくジャークしてルアーを動かす釣り。
サーフや堤防、またはオフショアのボートシーバスなど広大な水面に面したエリアでなければ根係もしやすく扱いにくい。河川では不向き。






こちらもおすすめ!