シーバスロッドをベイトにするときの注意点とおすすめベイトロッド10選


ベイト・シーバスロッド
近年ソルトウォーターの世界でもその独特の釣り方から人気がジワジワと広がってきている

ベイト・ロッドを使ったシーバスゲーム

新しい釣りスタイルが見い出せそうだけど、見た目とか格好のよさだけで始めると面食らうことがあるだろう。

ブラックバスでベイトのロッドとリールに慣れてるひとならすんなりとシーバスにも使えそうだが

初心者にはちょっとハードルが高い

と思われる。

スピニングタックルよりも慣れが必要なのも確かだし、扱いやすいとも言い難いけどベイトやりだすとハマる人が多いのも事実。

シーバスをベイト・ロッドで狙う時の良い点や注意点を踏まえながら知りたいと思われる気になる点をまとめてみました。

無論いま最も人気のあるシーバスロッドのランキングいってみます。ビギナー向けとクラス、上級者向けのクラス混合ですが、より探しやすくするために人気メーカーごとに並べ替えてみました。求められる特徴と選び...




ベイト・ロッドでシーバスを狙う場合のメリット

シーバスでベイト・ロッドを使う時の最大のメリットはその

手返しの良さ」だろう

スピニングのようにヴェールを上げたり下ろしたりする必要がなく、投げたあとに聞き手以外のチカラはすべてハンドルに即座に持っていけるために手返しがいい。

ランガンして何度もキャストするシーバスでは有効になることもあります。

ベイトロッドとスピニングの違いと特徴

これまで使ってきた(主流であった)スピニングとベイトロッドはそれぞれ得意とする分野があり、

使い分けをしてそれぞれの個性を生かして上手く使いこなす努力をしましょう。それどころかちゃんと使わないと釣果に影響してくることでしょう。しっかりそれぞれの得意とすることと苦手な部分をまず理解します。

ベイトロッドとスピニングの違い
/ ベイトロッド スピニング
操作性 手返しがいい
重たいルアー向き
ピンスポットを狙いやすい
初心者でもすぐに扱える
軽いルアーでも飛ばせる
遠投が得意
長さ あまり長いと操作性が悪い 遠投用に長いものも◎
重さ 多少重い 軽いものが増えた
ライン 太くて丈夫なラインが使える 太くてハリの強いラインは不向き
強度 パワーファイトが可能 やり取りは十分可能だが若干パワーはベイトに怠る
扱いやすさ コツを掴むまでの練習と慣れが必要 すぐに使える

上記の表で見比べてもこのようにタイプが明らかに違うのであ。遠投が必要ならスピニングを使うほうが慣れやすいのでそう言われているが、実際はベイトで大海原で大遠投が必要な堤防やサーフからキャスティングジギングなどをやっている人もたくさんいる。どちらが良いとか悪いという話ではなくて、そもそも使う場所やシチュエーションが異なる場所で特徴を生かして上手に使いこなせばなんら問題ないのである。

デメリットをしいていうならば、ベイトタックルはある程度の慣れと練習が必要なこと。スピニングのようにすぐに使いこなせないところか…。これもなれてしまえばベイトほうが良くなってきたりするシチュエーションが必ず訪れる。

パワーファイトが得意

一段太いラインを用いることができる
パワーも持っているので、

ストラクチャー撃ちや橋脚を
ナメるように攻めるときに太いラインで
強引に攻めることができる。

同じベイトとはいえ、それ相応のロッドも必要だが
ルアー許容重量や許容ラインのポンド等で調べて
パワー重視のものならランカーシーバスなど
大型のパワーファイトが得意なのは

スピニングリールよりベイトリールに軍配が上がる。

だからといってやみくもにパワー重視なのかといったらそれだけじゃない

ベイトにもちゃんとベイトフィネスといって軽いルアーを飛ばせる専用ロッドや飛距離を重視した100m近く飛ばせるリールも存在する。

ただスピニングから乗り換えるのではなく釣り方の引き出しを増やすためのひとつとするなら

ストロングスタイルに照準を合わせたときに選択したくなってくる人が多いのも理解できる気がする。

シーバス釣り・ベイトロッド
スピニング全盛時代であったソルトウォーターシーンでも昨今のシーバス釣りではベイト・ロッドを用いた釣り方が注目を集めるようになってきました。

この章では、シーバス釣りにおいてのベイト・ロッドの使い道をベイトロッドとスピニングの違いからよく理解し

使い分けができるように使い方を解説するとともにこれからシーバス釣りをベイトタックルではじめようとする方へ 
もっともベイトロッドがあってる釣り方を、その理由も踏まえて詳しく紹介していきます。

ベイトロッドに向いている釣り方、得意な使い方

ベイトロッドに向いている釣り方

岸壁ジギング

岸壁から足元の真下にメタルジグを落として岸際に付いているシーバスを狙う釣りでは、ベイトロッドのほうが使い易い。その理由はほぼキャスティングしないで真下に落とすだけなのでロッド自体に長さが必要なく、短くてもシーバス釣りに充分なパワーが確保できるベイトロッドがいい。

しかもこの釣り方は岸際にくっ着いている貝類に引っ掛けやすくPEラインよりも堅くて横ズレに強い、太いフロロラインが使えるベイトリールがいい。では単純にスピニングに太いフロロを巻けばいいじゃないかと初心者の方は思うかもしれないが、疑うなら試してみるといい。ハリとコシのある12lb以上ある太いフロロをスピニングに巻いてもゴワついてライントラブルの原因になる。スピニングでバックラッシュしてしまう。

ボートシーバス

ボートで橋脚やストラクチャーに近づいて、ピンスポットを狙いうちするシーバス釣りではもはやベイトロッドしか選択肢が無いといっても決して過言ではない。上記に挙げた岸壁ジギングのときと同じ理由もさることながら、

ボートシーバスの場合ほとんどが8cm前後の10g~25g前後のルアーを4,5メートルほど飛ばして探り、また投げて、巻くの繰り返しなので展開が早い。そのためすべて片手だけで操作が可能(遠投しないボートシーバスの場合)なベイトタックルのほうが断然手返しがよくスムーズにゲームを運べる

ベイトロッドの得意な使い方とは

要するにあたり構わず遠くに飛ばすことなくシーバスが居そうな小場所を的確に狙える(ピン撃ち)できる操作性と手返しの良さ、ストラクチャーを果敢に打ち込める強度のあるラインの使用が主な特徴といえます。

なので的確に身近なポイントへルアーを送り込みたいとき=そういう場所は遠くても10m以内の場所なのですぐに巻いては投げてができる手返しが必要なときにベイトロッドを用いるといい。

おすすめのシーバスロッド ベイト

ベイトロッドでシーバス
ここではシーバス釣り専用に開発されたベイトロッドのなかから初心者向けにコスパの優れた商品からおすすめをご紹介します。

シーバス釣りなどのソルトウォーターのジャンルではベイトロッドは選択肢が以前よりは増えたとはいえまだまだスピニングに比べて種類が少ないです。ネット上でのショッピングでも他のアイテムと比べて極端に取り扱っているお店も少ないのが現状です。

そこで元々数の少ないシーバス釣り用のベイトロッドの中から
これからシーバス釣りをはじめるビギナー向け最初の1本に最適なおすすめをまとめてみました。

決してまだまだシーバスシーンにおいて専用のベイトロッドは数が少ない。

その中でも人気の高い3社のメーカーに絞って
おすすめのシーバス用に使えるベイト・ロッドを紹介します。

 

シマノ

シマノ ディアルーナ XR B806ML
う~~ん、「オールラウンドベイトモデル」っていうところに
すごく引っ掛かったのだが、いくらシーバスとはいえ

ベイトロッドで9フィート以上あると取り回しが悪く
せっかくのベイトの良さである「手返しの良さが生かせない」

逆にこのくらい長さはないとシーバスではちょっとしんどい

Mを選択したのはベイトのパワー向けに選んでみたが
806MLでも十分シーバスで活躍する機能は備えている。

エクスセンス インフィニティ B806M/R
言わずと知れたシマノの最高峰ロッドならベイトロッドでもその性能はゆるぎないはず!

高感度、高剛性に加え軽量化が図られた新しいエクスセンスのハイエンドモデル!

最近流行の「曲がるロッド」を体感できる比較対象が見当たらない唯一無二のシーバス用ベイトロッドだ!

 

ダイワ

ダイワ モアザン AGS 87MLB
あの”湾奥のプリンス”こと大野ゆうき氏が監修したモアザンのシーバス用のベイトロッドと聞いてしまったらくわしい説明は不要だろう。

細身肉厚にしてその剛正感と操作性と降り抜け感はサスガ!

AGSガイドの使用でベイトでも手元で感じる高感度も期待できる。

この見た目とこの性能で実売価格4万5千円前後で手に入るのだから決して高くない!

ダイワ ラブラックス AGS 87MLB
ダイワのシーバスロッドの中では中核的存在であるが、決してハイエンドクラスには勝るとも劣らずの性能で、中級社以上のアングラーに人気のラブラックス。

そのラブラックスのベイトロッドと聞いて使ってみたくならないわけがない!

ランガンしながら、接近戦、ストラクチャー撃ちなど、取り回しと手返し重視で選ぶのだから、このくらいの長さ(レングス)がちょうどよい。自分のイチオシベイトロッドだ☆彡

モアザン エキスパート AGS 93MLB
軽さと操作性を突き詰めたフラッグシップであるエキスパートのベイトモデル!

短めのレングスとグリップで取り回しが良く、ボートにも対応した711MLBと中・大型河川、河口、干潟などの大場所で気持ち良く遠投やドリフトをできるバーサタイルの93MLBの2つがラインナップされています。

テンリュウ

テンリュウ スワット SW83LML-BC
なんだろうな~このいい感じ…(笑)

ちょうどよい長さと、6-30グラムの使い勝手のいちばんよいルアーの許容重量。

ベイトロッド特有の機動性と高いアキュラシー性能を持っているのに、このどこかレトロな重厚な感じのする趣のある外観。

メインのロッドとしてもいいが、2本目のロッドに欲しい!

エバーグリーン

エバーグリーン アバンギャルド ZAGC-73 グランフューリー
ハチマル(80cmオーバー)しかいらない!アングラーに送る最上級の1本。

ビッグベイトなど空気抵抗が大きいルアーを振り切るには、初速を殺さず飛行姿勢を安定させ、狙いのポイントに飛ばすことが肝心になるのだがそのためにはあまり長すぎるロッドは好ましくない。

受け止められるある程度の重量とこのくらいの長さがちょうどよい。

アブガルシア

アブガルシア ソルティーステージ KR-Xシーバス SXSC-832M-KR
ソルトウォーターでベイトロッドを流行らせた火付け役のパイオニア的存在。
かっこいい☆彡惚れ惚れする見た目が最高!

「全てにおいて従来を上回るハイスペック仕様!」と謳っているだけあってその性能も折り紙付きバスからシーバスに転向してきた人たちに人気が高い

このモデルはシーバス用のベイトのなかでも適応ルアー:5~30gでいちばん出番が多い15g前後のルアーをつかって釣る
バーサタイルロッドだ。長さも8フィート3インチと取り回しもいい。

シーバスロッド ベイト ビッグベイト

ビッグベイトを使用してのシーバスには
ぜひともベイトを使ってほしいと思う。

最近流行しつつある、ビッグベイトを用いたシーバス釣りにも太いラインが使え、パワーのあるやり取りができるベイトロッドは向いているのである。なぜならビッグベイトやスイムベイトはルアー自体に重さがありそんなに遠くへ飛ばして引いてくるイメージはない。

どちらかというとストラクチャー付近をピンポイントで狙ってステイやストップ&ゴーに、ドリフトで自然に流し込むという高度な使い方が要求さるのでベイトのほうが取り回しがよくて操作がしやすく。

狙う対ランカーが掛けてからのパワーファイトにも向いている!

先にシーバスで使うベイトのメリットでもお伝えしたように
太いラインを使いパワーファイトを得意とするベイトは

スピニングタックルの延長線上ではなく
まったく別の釣り方として選択するのが正しい使い方だと思う。

そのなかでもビッグベイトを使った
ストロングスタイルのシーバスのベイトがイチ押し☆彡

ツララ モンストロ 75


出典:TULALA

シマノ ワールドシャウラ 1754R-2

ビッグフィッシュ対応と聞いて一番に思い浮かぶのが子のロッドではないだろうか。シーバスだけでなくてオフショアのライトジギングとの併用もできるだろう。

安いシーバス用のベイトロッド

上記でおすすめした、シマノのディアルーナXRや
メジャークラフトのものなら2万円前後で揃えられるので安いほうだと思うが…。
もっとリーズナブルに揃えるには、

ルアーの許容重量=キャスト可能なルアー重量

とかを考慮しさせすれば
ブラックバス用のベイトロッドでも十分事足りるしなんせ、ラインナップが多く安くていいものを見つけやすい。

まだシーバスシーンでのベイトは、月日が浅いのでそんなに選べる種類も多くはない。

バスロッドの中で安いものを探すほうが、選択肢が増えていいとも言える。

ただ少しバスロッドではレングスが短く感じると思う。遠投を必要としないピンスポット撃ちになら十分使えるロッドは多数そろっている。キャストできるルアーの許容重量が1/4oz(7g)~1.1/2oz(35gもしくは1oz=28g)くらいのものでベイトロッドを選ぶと大概のシーバスのルアーはバーサタイルに使える。

ダイワ ラテオ 89MLB・Q

間違いなく!コスパが高くビギナーに大人気のラテオのベイトロッドはこれからシーバスをベイトタックルでやろうとしている人へ最初の1本として一番のおすすめ!

迷ったときにはこれにしておけばほぼ間違いなし!

メジャークラフト N-ONEエヌワン NSL-T832M/BF

メジャクラの魅力はそのほかメーカー三強のS社、D社、O社に引けをとらない性能を持っているのに対し価格が安い点に最大の利点がある。

このモデルは現在メジャクラが持っている最新のテクノロジーが全部詰まっていると思われる唯一のベイトのシーバスロッドでおすすめ

折れやすいと言われるのは、価格が安いので手に入れやすく扱いに慣れていない初心者が多く使っているからという人もいるし、自分もまったく気にならないし、かえって魅力的なロッドもたくさんあるのでおすすめのメーカーだ。

オリムピック ヴェローチェ RV GLVRC-70M

バス用のベイトロッドだが現在のシーバスで使えそうな中では、この安い価格で安心感のある誰もが認める性能は非常にコスパが高い!

数少ない純国産のメーカーだから信頼度は抜群!


ベイトロッドでシーバスに必要な飛距離は?

ロングレングスのベイト・ロッドにシマノのエクスセンスDCなどキャスト時のラインの放出をコントロールしてくれるリールならそれなりに60m越えとか飛ばせると思うが、やはり飛距離については

スピニングタックルに及ばない

堤防から足下を狙うとか、ウェーディングで橋脚を攻めるとかあまり飛距離を必要としない小場所とか、狙ったポイント一点集中的に使うのがベターだと思う。

ベイトロッドの「最初の1本」は…

ベイトロッドはスピニングに比べてキャストにも練習と慣れが必要です。先に「最初の1本」を新調する前に手持ちのものでも練習も可能です。

ブラックバス用のバスロッドでベイトロッドを持っている方ならそちらで練習してみても構いません。というかあまりに大きいランカーサイズのシーバスは抜きにしても、バスロッドでもシーバス釣りも可能です。

その場合注意したいのがロッドの「ルアー許容重量」です。これはキャストしたときにロッドが耐えられるルアーの重さのことなのでそれを考慮しよく確認してから決めてください。

シーバス釣りで頻繁に使われるルアーは、10g前後~35gと幅広く、少なくても15g~30gくらいは投げらるロッドでないといけないので注意してください。

もとはといえばバス釣りでベイトロッドに慣れているなら練習なんて必要ないのですが…専用にベイトロッドを買い揃えなくても
シーバス釣りはできるということを覚えておいてください。

昨今のシーバスシーンも大きく様変わりしベイトリールとロッドを使ったベイトタックルでのシーバス狙いが若年層を中心に注目を集めはじめています。ブラックバスでは主流であったベイトリールの良さや、その特徴...

ボートシーバスの場合、使うロッドとリールはどちらもベイトタックルをおすすめしている。時と場合によってはスピニングのほうがいい場合もある!?とか言ってる人もいるが、個人的にボートシーバスだけはスピニ...







こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。