冬のシーバスを制すアミパターン攻略メソッド

真冬の極寒期のシーバスのパターンと言えば、その代表は間違いなくアミパターン。

朝起きても寒すぎてすぐに布団からは出られないし、
やっとの思いで着替えて車に乗ると外気温がマイナス1度とか…。

足先が寒くて震えながら暖房が温まる前に釣り場に到着(笑)

寒い冬が大嫌いの私でもシーバスだけは行きます。

ただでさえ気難しいシーバスを、こんな低活性な極寒期に釣るのであるからして
それなりにメソッドが存在しているはず。

一連のアミパターンに関する攻略法をまとめてみた。

シーバスや青物攻略でよく聞くマイクロベイトパターンについて掘り下げてみたいと思います。初心者には難しいといわれる釣り方だけになんとなく頭の中で分かっているだけでは釣れない状況が生まれやすいマイクロ...

この章では、ランカーシーバスが狙える晩秋~冬にかけてのコノシロパターンの攻略方法を解説します。単なる机上理論ではなく実践に基づいた、実戦派ノウハウです!河川のリバーシーバスの代表である「落ちアユパ...




アミパターンとは

そもそもアミパターンとは何かっていう話になったりしますが、
アミとは、5ミリ~1cmくらいの体長の小さなエビ

餌釣りで用いられるアミエビとかオキアミもその類です。

アミ自身に

遊泳力がないため、潮の流れなど水流に任せて移動する

ことから

体力の弱った冬のシーバスが動き回らなくても食わせられることから好んで食します。

シーバスから見ると通常のベイトの小魚のように逃げられる心配もなく追い回す必要がないので、

まるでコタツに入ったままみかん食べれる人間のようにラクチンに食事ができるというわけです。

ポイント

アミパターンのポイントは、港湾部や河口、時には塩分濃度の比率が高めの河川の汽水域に湧いているときもあります。

水深が50cmもあれば、アミが居さえすればパターンは成立します。

アミは

自ら泳ぎ回ることなく大群で漂っている

ため、それを待ち構えているシーバスが居着いているであろうポイントを探し当てます。

アミが流れているカレントの向きを知ることで、どのあたりでシーバスが口を使うかが読み取れます。

シーバスの場合冬の12月、1月、2月はオフシーズン!?ではないです。シーバスは年中釣れる魚です。決して冬はシーバスが「釣れない」わけではなく、「釣りにくい」だけです。冬に産卵時期を迎えるシーバスは深場...

アミの見つけ方

水面にエビのような波紋が出ている場合、水面がモワンと変形しているのがわかります。
シーバスが水中でキランッ☆!とヒラを打っているのにベイトが見えない時などは、
アミの群れが近い可能性が高いです。

ヒットポイント

潮の流れが、ストラクチャーやボトムの地形変化で反転流を起こし流れが拡散されアミが散らばる場所がヒットポイント。
具体的に言うと、運河や港湾部の角のヨレや、河川ならば橋脚やストラクチャーの下流側のヨレなどが見つけやすいでしょう。

光に集まってくる修正があるので常夜灯のある堤防や、外灯の光が差し込む橋脚の明暗部もポイントとなります。

ウェーディングしているときに、自分の照らしたライトの明かりに集まってくることもあります。

釣り方

アミパターンの釣り方ほどむずかしいパターンはほかにはないでしょう。

レンジ・リトリーブコース

水温が低く活性が高い時期とは決して言えないので口元近くまで寄ってくるアミをジッと待っているだけでシーバスも動かない

レンジとリトリーブのコースが非常に狭いです。

一か所にじっと身を潜め近くに来たら「パクッ」

少し上や後ろに見えるとその場で反転して「パクッ」とかそんなイメージなので、
まずはカレントの切れ目や潮目を見つけたらその前後を通しながら丁寧に全レンジを探ります。

アタリの取り方

シーバスはアミを群ごと吸い込んで捕食しますから、

アタリ方も「コッ」とか、「コツッ」といった

弱い感触

が特徴です。

そのアタリがあったレンジを見つけたらそこをくまなく通していきます。

リトリーブスピード

アミパターンでシーバスを狙う場合は、リトリーブはほぼ止まる寸前くらいの超デッドスローが基本です。

着水してからたわみを巻き取りながらカウントダウンして任意のレンジに持ってきたら、
極ゆっくり巻きながら、ルアーを流れに乗せてコースを通します。

◆番外◆

ボトム付近にステイしている場合は、バイブレーションでトレースしていき
ゆっくりと引いてくる最中に一瞬だけ止めて動かすリアクションで食わせる方法もあります。

ルアー選び

アミパターンに使えるシーバス・ルアーは
自然に流れに乗せてドリフトさせたりしやすいものであったり、

任意のレンジをキープしやすいサスペンドなどが適しています。

一般的には、いちばん向いているのはシンペンと言われていますが、ビギナーには一定のレンジとコースをキープしにくく難しいです。

また、アクションが控えめな、というよりほぼ動かないものが適しています。

・クリア系カラー
・アクション控えめ
・サイズは7cm~9cm
【冬シーバスの激渋突破!初級~上級別おすすめルアー6】極寒の寒い冬のシーバスシーンでは激渋な状況を目のあたりにすることになる。自分たちの目の届くような釣れる場所にはシーバスの個体も激減する。=絶対...

アミパターンのルアー・カラー

俗に言われている、マッチザベイトで言うとクリア系がベストだと思っています。

アミ1匹ずつ見ると、1cmとまりなので、個体ではなく「アミの大群」に似せたイメージです。

しかし、アミパターンでイワシカラーやイナッコカラーでもない限り、

シルバーホロやピンクバッククリア(グリーンバッククリア)などでも釣れます。実績があります。

釣れるシーバスのルアーのカラーは?誰もが知りたい情報だからあちらこちらで語られ知恵袋とか質問箱でもよく迷った人が質問しているのを見かける。それくらいシーバスアングラーにとって気になるアイテムなのだ...

ルアー・サイズ

サイズは5cm~9cm
7cm、または9cm前後がベターだと思われます。

長さが11cm前後でも釣れるといわれていますが、シーバスはアミを食らいついてくるわけではなく、
大きさのあるルアーを「アミの大群」として、モワッと吸いこんでくるため吸い込みやすい大きさがベスト。

おすすめルアー

元祖シンキングペンシル!
その個性ともいうべき、ほぼ動かない超控えめなアクションと任意のレンジを狙いやすいものがアミパターン向き

ティクト×ラッキークラフト ストリームドライブ45

水面下よりもチョイ下30cmレンジがこいつの得意分野。アミパターンを意識したカラーと尖ったミノーみたいなシンペンの形状が気に入っている。

デュエル ハードコアミノー TMクリア

シーバスアミパターンにおすすめのルアーハードコアミノー TMクリア
スローなリトリーブが基本となる極寒期の1月くらいから見受けらるアミパターンはアピールし過ぎない、アクションが控えめで

しかもその微弱ながらルアー自体が持つ自然なアクションは超ゆっくりなスロー・リトリーブにおいても持続できる、動きが破綻しないルアーが二重丸◎

またカラーはアミにマッチザベイト!ドンピシャ、クリア系がおすすめ。写真はデュエルのハードコアミノーのTMクリア。

サイズはアミよりも数倍大きくても構わない!、アミの大群に似せられればいいのだ。

レンジは水面直下から深いところまでいるベイトなのでどのレンジも探れるようフローティングタイプとシンキングタイプがあるといい。

ラッキークラフト ワンダー80

こんなに何の変哲もないアクションなのになぜかシーバスを誘い出す、釣れるルアーの代名詞ともいうべきワンダー80。

オールクリアのカラーは今のところ見当たらないが、クリア系のカラーならいくつかあるのでそれらがアミパターン向きだろう。

釣れるサイズは80のみ! これ以上の長さだとか、スリムだとかほかのにするとワンダーだと全くもって特性が異なるので注意が必要。

単に長さや形状の違いだけではない。釣れるのはワンダー80のみ。

ローリングベイト・クリアカラー

レンジが深いときはこいつの出番。

バイブとミノーの愛のこのようですがアクションはいたって地味。

よく飛びよく沈んでもくれるが、スローでも浮き上がりにくくレンジを一定に保ちやすい。

ロッドを立てれば水面直下でも引いてこれ、扱いやすい。

楽釣
釣りも釣り道具集めも楽しんでなんぼ!

タックル

アミパターンの最適なタックルは、その捕食方法から弱いアタリでも的確に感知でき確実にフッキングに持ち込める「吸い込み」の良いものが適しています。

バチ抜け時に使うロッドで代用可能です。

 

おすすめロッド

ティップが柔らかく、微弱なアタリもはじきにくいLタイプか、
もしくはティップだけ柔軟で、バッドにパワーを持たせたML/Mタイプが有効です。
ダイワ モアザン エキスパート AGS 87LML

真冬の極寒期のシーバスのパターンと言えば、その代表は間違いなくアミパターン。朝起きても寒すぎてすぐに布団からは出られないし、やっとの思いで着替えて車に乗ると外気温がマイナス1度とか…。足先が寒くて震...






こちらもおすすめ!