冬シーバス12月、1月、2月のヒット術!極寒期のパターンと釣り方

シーバス・冬
シーバスの場合冬の12月、1月、2月はオフシーズン!?ではないです。シーバスは年中釣れる魚です。

決して冬はシーバスが

「釣れない」わけではなく、「釣りにくい」

だけです。
冬に産卵時期を迎えるシーバスは深場に移動すると言われるせいで、いろいろと攻略法を練ってテクニックを駆使しなければいけないため難しいだけです。

そのため良くも悪くもアングラーの経験値や腕が試される時期でもあります。

言い方を変えると冬のシーバスは、冬の時期のシーバスの行動を理解し、パターンを熟知し、居着きやすいポイントを選んでルアーローテーションを組めば間違いなくシーバスは釣れる時期です。

真冬の極寒期のシーバスのパターンと言えば、その代表は間違いなくアミパターン。朝起きても寒すぎてすぐに布団からは出られないし、やっとの思いで着替えて車に乗ると外気温がマイナス1度とか…。足先が寒くて震...

【冬シーバスの激渋突破!初級~上級別おすすめルアー6】極寒の寒い冬のシーバスシーンでは激渋な状況を目のあたりにすることになる。自分たちの目の届くような釣れる場所にはシーバスの個体も激減する。=絶対...




冬のシーバスの行動・生態系

真冬は人間で行動をするのがイヤになるくらい気温も下がる時期なので当然水温も低くなり魚たちも深場へ移動して身を潜めています。

けれどそんな釣りにくい時期にも釣りに行くのがこの私たち冬のシーバス釣りで必ず1匹釣るための釣果の出し方教えます。

冬はシーバスが産卵期に入ります。産卵前に餌を荒食いしていたのが秋のハイシーズンでそこで腹ごしらえしたシーバスたちは
沖の深場へと移動して産卵をします。

このためルアーを遠投してもキャストで届くような浅瀬(水深20~30m)の箇所には大きな個体がはおらず
ほとんどの個体が沖の奥深くに流れています。

ただしこの時期においても、幼魚(産卵するまで成長していない)、未発達のセイゴクラスのシーバスならば沖へは出ず
河口や、湾奥、または河川にいます。サイズを望まないならば釣れないことはないのがこの時期です。

ただし絶対数が少なく、餌を「食べたくて食べる」時期ではないのでいろいろな釣り方の方法やコツを知らなければ
むずかしい時期です。

産卵場所

シーバスは冬に産卵期を迎え、水温の高い深場へと移動します。
基本、極寒期に集中して行われますが、シーバスの産卵の好適温度は12~18℃だそうで、冬場の海水温を考えると外洋に出た沖合の深場ということになるでしょう。

適温が得られやすい西日本では12月~3月、北陸や東北など寒い地域ではおよそ12月~2月までと短いと言われていますが、極寒期の日本の平均水温を調べてみると太平洋側は平均水温が約16℃。西日本よりの日本海側で平均12.5℃。そしてなんと瀬戸内海は9℃だそうです。

日本海より瀬戸内海の水温のほうが平年低いとはビックリです。(内水面で温暖な外洋からの潮の流れがないためだと思われます。)じゃ、!?瀬戸内海(ランカーシーバスで有名な広島とか)どこに行くんでしょうか(笑)

産卵行動をしない小型のシーバスは近場にそのまま居る

わけです。小さくてもよければ冬場に居着くポイントさえ押さえれば十分釣れるチャンスはあります。

シーバス 冬 12月

12月は晩秋~冬に入り始めたばかりの頃で、まだ浅瀬や河口に大型の産卵前のシーバスがいくつか残っている頃で、
餌を荒食いするシーバスの終盤に入ります。
12月の下旬くらいになると、ほとんどのシーバスは深場へ移動します。大型の魚ほど先に深場へ移動するとも言われています。

シーバス 冬 1月

1月になると深場で産卵を終えた個体が戻ってきはじめます。ただ産卵後の体力がなくヘトヘト状態のシーバスはベイトフィッシュを元気よく捕食する威力がありません。シーバスの餌となる小魚も、浅瀬からはほぼいない状態になります。
いろんなパターンから考えてもいちばん活性が低くなり、釣りにくい時期です。

シーバス 冬 2月

いちばんの極寒期に入りますが、いちばん「釣りにくい」時期からは脱します。それは早いところでは2月からバチ抜けがはじまります。
まだ水温が低めなのでバチは水面まで浮いてくる時期ではないものの、産卵後の体の弱ったシーバスは動きの早いベイトフィッシュを追いかけず、流れの弱い港湾部でバチが出る場所では夜にバチを偏食していきます。

早い地方ではウェーディングしている夜にライトに寄ってくる無数の小さな白い光を見つけたらそれが「アミの大群」です!アミパターンが成立してくるのもこの時期です。

 

産卵のタイミング

産んだ浮遊性の軽い卵が、他の魚のエサとして捕らえられないようにすばやく散乱させるために産卵は沖合の表層近くで、潮が大きくて海が荒れた日の、夕方から夜にかけて行われると言われています。

そのタイミングで行けば子持ちのランカーシーバスに出会えるかもしれませんが…。荒れた夜の海のボートシーバス…怖すぎます!

シーバス 冬パターン

冬のシーバスももちろんベイトありきだ。
ベイトさえ確認できたらそこにシーバスが居れば必ず口を使う。

活性が低い場合などは、プレッシャーを与えすぎないアピールの少ないルアーにすることをおすすめする。

 

ベイト

冬のシーバスのベイトは、秋口からの延長線上であり、春前までつづくものもいます。

冬12月、1月、2月のベイトパターン
パターン 12月 1月 2月
サヨリパターン
=
コノシロパターン
=
=
=
ハゼパターン
=
=
アミパターン
=
=

【関連記事】

シーバスアングラーはベテランほど言う「サヨリパターンには手を出すな!」存在するパターンのなかでも1,2を争う難しさだというのはテスターさんやプロアングラーも多いのは周知の事実。そんな難攻不落のサヨリを...

この章では、ランカーシーバスが狙える晩秋~冬にかけてのコノシロパターンの攻略方法を解説します。単なる机上理論ではなく実践に基づいた、実戦派ノウハウです!河川のリバーシーバスの代表である「落ちアユパ...

シーバスで聞くハゼパターンついての特集ページです。冬から~春にかけての釣れるパターンとして知られ落ち鮎のボトムパターンともいわれ狙うとランカーサイズに出会えることも稀ではありません。また極寒期が最...

真冬の極寒期のシーバスのパターンと言えば、その代表は間違いなくアミパターン。朝起きても寒すぎてすぐに布団からは出られないし、やっとの思いで着替えて車に乗ると外気温がマイナス1度とか…。足先が寒くて震...

冬シーバスのポイント選び

冷たい北風が吹きはじめ水面の温度が一気に低くなるため、シーバスも深場へと移動し始まます。
ですから、比較的水温が低くなりにくい場所、周りよりも水温が温かいポイントを探します。

◆温排水が流れ出ている場所

 工場の近くや、下水道施設の水門付近などは◎

◆貯木場

 湾奥や河口付近にある貯木場の丸太の下などは、水面からの風が当たりにくいの水温が適温に保たれている箇所が多いです。

冬のシーバス釣りを制すルアーローテーション

春先や夏場と違い、表層にベイトが確認できる以外は、水面直下を通すことはほとんどありません。
この時期にいちばん扱いやすいのがシンペンです。

多少の重みがあるので飛距離が伸び、広く探れるのがおすすめの理由です。またミノーほどアクションが動き過ぎないシンペンは最適です。

そこから、冬の定番バイブレーションでレンジを下げて探っていきます。

【冬シーバスの激渋突破!初級~上級別おすすめルアー6】極寒の寒い冬のシーバスシーンでは激渋な状況を目のあたりにすることになる。自分たちの目の届くような釣れる場所にはシーバスの個体も激減する。=絶対...

冬のシーバス釣り方

シーバスの産卵場所から近い外洋に面した磯場や、大きな工場地帯のすぐそばの排水溝や水門周辺は温かい水が流れてくるので水温が比較的高いのでそういったポイントを狙う。

丸太がいっぱい浮いている貯木場の木の下に群れでいることもある。

その地方地方でその時期その土地でベイトが異なるが、おおまかに区切って冬のシーバスの釣り方をまとめてみた。

夜の表層

ベイトの存在が確認できる場合まずは表層系から攻めていくべきです。
サヨリにしても、アミにしても(コノシロ群も)水面直下にいる場合が多いためで、まずはアピール系の表層系ミノーで広範囲を探ります。

ボトム

まったくベイトが確認できない場合、バイブレーションでボトム付近を探ります。(コノシロの大群も底に落ちてる場合もあり)
もっとも大型のシーバスが狙い易いコノシロパターンでもバイブレーションが用いられる場合が多いので、冬のシーバスでバイブレーションはかなりのシーンで有効。

このときに底が泥質(土)、砂の場合ハゼがいるポイントもあるのでボトム(地底~約50cmくらい)を

丁寧に底面をトレースしながら探っていくことが釣果アップのキモ

です。

一度底までドンッと落として、ベールを戻し糸ふけをとった後、一度だけロッドをしゃくって任意のボトムレンジまで少し持ち上げて引いてきます。

 

アタリとあわせ

「モワンッ」とか、「コッ」といった感じの極ごく弱いアタリです。
乗せられないアタリが連発することもあります。

少しラインを送ってやり、ひと呼吸おいて鬼アワセでフッキングまで持ち込みます。

冬のデイゲーム

冬のこの時期は、水温や気温の関係上デイゲームのほうが有効のような気にさせますが、シーバスに限っては

冬のデイゲームほど渋い

時期はありません。

ただ釣れないことはないし、シーバスがいないわけではありません。できる限り水深のある外洋に面したポイントでボトム系のバイブレーション。

ミノーなどの表層~ダート系のミノーでパニックアクションをしながら広範囲のシーバスへ広くアピールし、寄せ付けます。

※パニックアクション(強めに何度もダートを入れてパニックを起こして逃げ惑うベイトを演出)

冬のナイトゲーム (夜)

夜(ナイトゲーム)の釣り方はゆっくり巻いてくるのが基本動作です。スローから時にはデッドスローリトリーブ。

活性が低くシビアと感じる時や、人気のあるハイプレッシャーな場所では、ルアーをアピールの弱いミノーやシンペンに変更し試します。

冬の河口・河川のリバーシーバス

冬になると河口や河川からのリバーシーバスは通年釣れます。

真冬に70cm越えのランカーは狙いにくいですが、

サイズを気にしなければ釣れる

わけです。なぜなら産卵の時期でもある冬でも産卵を行わない個体が河川や河口にも残っているからです。

冬場でも水温が高めのポイントで、夜のナイトゲームでスローなアクションの釣り方をしていれば釣れるシーバスは必ずいます。

シーバス 冬 ルアー

冬のシーバスにおすすめのルアーをこちらでご紹介します。

【冬シーバスの激渋突破!初級~上級別おすすめルアー6】極寒の寒い冬のシーバスシーンでは激渋な状況を目のあたりにすることになる。自分たちの目の届くような釣れる場所にはシーバスの個体も激減する。=絶対...







こちらもおすすめ!