シーバス狙いのサーフで出番の多いリールの条件

今回はサーフでのシーバスに使うリールにスポットを当ててみました。

遠投性能が必要だとか?いろいろ言われていますがそれって本当なのか、ではなぜ遠投が必要なのかを理解しやすいように解明。

サーフでのシーバスゲームに必要なリールの選び方に直結するほしい条件からタイプや番手をご伝授します。




シーバスのサーフ用リールの番手

サーフでのシーバスには一般的にリールの番手は
シマノの場合4000番、ダイワの場合3000番か3500番だと言われています。

この2大メーカーで番手が違うのは同じくらいの大きさで換算すると若干シマノのほうがダイワより小さいためです。

では、なぜ3000番~4000番のものがちょうど良いと言われているのかを調べてみると、それには納得のいく明確な根拠がありました。

スプール径が大きいリール

広大なサーフで狙うシーバスでは、どうしても遠投が必須な釣り方になってきます。

遠浅ならなおさら、急深でもフラットフィッシュと違いシーバスはカケアガリや流心の奥へルアーを送ってやる必要があります。
そういった遠投性能はロッドに頼るだけでなくリールにも性能が求められます。

そのためには、通常河川や港湾部のシーバスで使うリールよりもひとつ上の番手がほしくなります。
一段大きい番手のリールゆえの大き目のスプール径が、必要十分な糸巻き量を確保しラインの放出抵抗を抑え飛距離が伸びる要因になるのです。

ハイギアが主流!?

先述した径の大きいスプールと同様に、サーフのシーバスには1回転あたりの糸巻き量が多いハイギアが当然になっています。

まず投げて大きな糸ふけを回収するのも素早く回収しなければサーフでは根掛かりの原因になるため素早く巻き取れる充分な巻き取り量のハイギアのほうが適しています。

もともと遠投が必須の釣りで、魚を掛けてからも寄せてくるのにかなりの長さを巻いてこなければいけません。ですから素早く手元まで寄せてこれるハイギアが必要というわけです。

ハイギアはノーマルと比べると巻き重りがするとかいう人がいますが最近の進化したリールはそんなことはありません。
シマノのステラSWやヴァンキッシュの4000番とか回してみてください。驚きますから(笑)その辺のリールのノーマルギアよりも軽い巻き心地です!

シマノorダイワ?

特にこのふたつのシマノとダイワのメーカーでサーフのシーバスに特化されたブランドはないのでどちらがいいというのはありません。

これは人それぞれ解釈の違いや、好みによると私は思っていますね。yahooの知〇袋の質問箱覗いてみてください、読んでみると少し笑えます。

最もらしい理由とともにシマノが良いという人もいれば、ダイワしか選択肢がないという人もいます(笑)いったいどっちがいいの!?となってしまうわけです。

ダイワには海水の浸透を防ぐマグシールドがついているから、サーフでもこれしかない!…。

かたや、マグシールがついていてもいざ故障したときに自分で分解洗浄ができないからシマノだ!…。とかね(笑)

これからサーフでシーバスはじめるビギナーさんは新しいリールを購入する際に何を買えばいいのかわからないので迷うのはわかりますが、そんなネット上に溢れている身勝手な情報に惑わされてはいけません。

条件さえ揃っていれば

「あとは自分の好みでOK!」

ちなみに私はリールはいつからか完全にシマノ派になってしまいましたが、周りの知人友人にはどちらもいます。若干ソルトウォーターではダイワ派の人が追いかなという印象はあります。

シーバス用のリールを新潮したり、これから本気でシーバスをはじめようと考えたときにけっこう迷ってしまうリールの番手の見方と意味。メーカーによって基準がまちまちで、選ぶときにメーカーまたいで決めるのは...

シーバスのサーフで使うリールの条件まとめ

●シマノの場合4000番、ダイワの場合3000番
●ハイギア(巻き取り量が90cm以上)
●できるだけスプールの径が大きいもの

上記3点が満たされていれば、付加する機能(軽さや防水機能など…)やメーカーについては自分の好みで!







こちらもおすすめ!