オリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ!限定生産チニングロッドだけが持つ使い心地検証

最終更新日

オリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
オリムピックシルベラードIP-Gのインプレします!チニングロッドでデビュー以来大人気だった同モデルに限定生産モデルが2019年登場。早速手にしてみたので実釣して本体そのものの使い心地など細部にわたってインプレ。

オリムピックシルベラード「IP-G限定生産モデル」を手にしたものにしか味わえない魅力を余すことなくご紹介します。

今回インプレするこのチニング専用ロッド、ソルティストAGS CNシリーズはすでにダイワのカタログの中には存在していない。もう廃盤となった商品なのだ。自分が手にしたのは、2年以上前で、すでにその頃あったシル...

チニングに求められるのロッドの特徴をご説明するまえに、説明が理解しやすいように一般的なルアーロッドの各部位の名称をおさらいしましょう。【ティップ】先の細い部分からいくと穂先の細い部分あたりが【ティ...




シルベラードとの違い

オリムピックからチニング専用ロッドとして2017年にシルベラードがデビューしてから2018年モデルとベイトモデルがでて、3年目に登場したのが黒に怪しげな濃い紫色のシルベラードが一新され、さらに最強になった。

今回のIP-Gと前作までとの大きな違いはこの2点。

アイテムごとにシリアルナンバー刻印

オリムピックシルベラードIP-Gシリアル刻印画像
限定生産シルベラードには、個人のアイテムごとにシリアルナンバーがレーザー彫刻で刻印されている。番号は001~150番までの通し番号になっており、自分が手にしたものは世界にたったひとつのものであるということの証。限定生産にふさわしいステイタス性を満たしてくれる気の利いた
計らいだと思う。

カラー塗装

オリムピックシルベラードIP-G塗装画像
18年モデルまではなかった、イオンプレーティング蒸着技術が採用された特殊なブランクスカラー。
通常の塗装技術では出せない高級感あふれるガンメタルカラーに仕上がっている。

実際外に用い日光に当てるよく光ってカッコイイ☆彡。あまりキラキラしているのではなく渋め。それがまた男心をとてつもなくくすぐるのだ。

オリムピックシルベラードIP-Gラインナップ

ほかの違いについては、前作までは2フィート長いMLとLMLを含む4種類あるが、今回の19シルベラードIP-GはMLかLの2種類に限定されている。こだわりを持つ大人のアングラーだけの贅沢品と考えたら充分なラインナップだ。重さの違いは若干あるもののそれらは塗装や刻印のためだと思われる。

GSIS-742ML-LE(今回インプレ)
タイプ ML 長さ(m) 2.24
自重(g) 86 ティップ径 1.3
ルアー許容重量 3-15 PEライン 0.4~1.0
GSIS-782M-LE
タイプ M 長さ(m) 2.34
自重(g) 90 ティップ径 1.4
ルアー許容重量 5-20 PEライン 0.6~1.2

MLかMか迷ったあげく…

オリムピックシルベラードIP-Gインプレ画像
最後まで迷ったことが実はタイプ。7フィート4インチのMLタイプか7フィート8インチのMタイプか。シャローでの飛距離だけ考えたら78Mだが、なんせパワーが5~20gのルアーまでキャストできるレベル。15gでも滅多に使うことはない重さなのでオーバースペックを考慮してMLにした。

自分のフィールドではジグヘッドならせいぜい3.5~7gが主流。流れがキツく感じた時でも10gくらいまで。ましてやプラグルアー主体の自分でもチニング用のルアーはほぼ10g前後だからしてなんら問題ない。飛距離を犠牲にしても軽さと感度を考えたら柔らか目のほうがチニングには適している。

オリムピック ヴェローチェネオ インプレも兼ねて! 黒鯛(チヌ)のルアー釣りで風の強いとき、風自体は強くなくても自分がルアーを送りたいポイントの向きだと、めっちゃくちゃ向かい風のときなど、たく...

19シルベラードIP-Gを選んだ理由

オリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
正直初夏になると出はじめる他メーカーのチニングロッドもチェックしていました。D社のシルバーウルフAIRも今年発売開始されものは気になっていたのでェックしましたが、結局このシルベラード限定生産モデルに行きつきました。

それは価格がD社のそれとあまり変わらなかったことがひとつ、そして何もよりも決定的なよういんとなったのが見た目。これまでのシルベラードは黒を基調に紫が鮮やかな独特のカラーでしたが、今回は黒とガンメタでカッコイイ☆彡

D社の方はなんか赤黒が個人的にはダサくてあんまり好きじゃなかった。

今回インプレするこのチニング専用ロッド、ソルティストAGS CNシリーズはすでにダイワのカタログの中には存在していない。もう廃盤となった商品なのだ。自分が手にしたのは、2年以上前で、すでにその頃あったシル...

シルベラードIP-G実釣インプレ

到着してからすぐにシルベラードIP-Gを持って釣りに行ってきました。実際にリールをセットして1時間ほどの釣行で使い心地、感度はもちろん、さまざまなルアーを試して来たので、それらルアーごとに感じたロッドの特性と使い方を解説していきます。

オリムピックシルベラードIP-Gインプレリールシート画像
セットしてまずは利き手で握ってみて軽い!自重が86gのチニングロッドって!軽すぎなくらいだ。

Mタイプでも90gだからして、合わせるリールはタックルバランス的にシマノなら2500番、ダイワなら2000番あたりがちょうどよいように感じる。

チニングに最適なリールとは?扱いやすいうえに釣れるリールの条件をお伝えするコーナーです^^たとえライトタックルに分類されるチニングのリールではあっても、年無しなどが掛った場合には強い引きのチヌ(黒鯛)...

オリムピックシルベラードIP-Gインプレガイド画像
写真撮るのに反対側から撮ってしまいこれしかありませんでした。スミマセン(反省)
ガイドは最新トルザイトリングが採用されています。MLタイプで今回は一番重たいルアーは9gまでの釣行だったためかもしれないが、持ち重りなどは一切感じず。自分の下手クソなキャストでもスパッと決まる印象を受けた。

オリムピックシルベラードIP-Gインプレティップ画像
ティップはこのクラスのチニングロッドにしてはやや硬めの設定だと思われる。S社のブレニアスほど固くはないが多少使うルアーを考えて選択しないと感度が落ちるような気がした。このあたりはあとで詳しく説明します。

主観的にはD社のシルバーウルフ系やA社のソルティーステージ当たりの柔らかいティップのほうが好きだ。

オリムピックシルベラードIP-Gインプレグリップエンド画像
グリップエンドも握りやすい丸みを帯びたEVA仕様。

このあたりの握りやすい形状や軽さもチニングのようなライトゲームのロッドには非常に大事な部分。

ルアーごとのシルベラードIP-G実釣インプレ

それではここからは実際にルアーをセットして使ってみた感想を書いていきます。

シルベラードIP-Gとポッパー

ポッパーでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
最初はトップウォーターから、ポッパーで初めて見ました。ガイドのセッティングや自重の軽量化からか6.5gのポッパーでもけっこう飛ぶ印象。ロッドを軽く動かしてからのドッグウォークアクションも思うように動かせる。このあたりは少し太い硬めのティップが功を奏している。

水温が高くなると面白くなるチヌポッパー!!ま~何度も言ってますけど私は初夏(ゴールデンウィーク明けくらいになると)、デイゲームでプラグつかったチヌのトップウォーターゲームを必ずやります。「なぜ?」っ...

シルベラードIP-Gとペンシル

ペンシルでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
お次もトップウォーターでペンシルを投げてみました。使用したのはクロナッツ。ペンシルの形状の恩恵を受け先ほど使用したポッピングダックと同じ自重ながら、こちらのほうがよく飛ばせる感じ。よく飛んでもキャスト直後にティップが無駄にブレることなくシャキッと前を向く感じなので狙った広範囲を素早くペンシルでサーチができそう。

まさに末広がり!ペンシルで広がるプラグルアーのチニング最近見直されているチニングでのプラグルアーの釣り方でペンシルベイトの存在意義が最近になって急上昇中!もはや釣り方のバリエーションがボトムズルだ...

チニングでもそろそろ暖かくなりはじめ、トップウォーターの時期ももうそこまで近づいてきています。チヌ(クロダイ)に魅了されてルアーフィッシングにのめり込んだ自分も最近違う釣り種に浮気がちであまり機会が...

シルベラードIP-Gとクランク

ディープクランクでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
お次はディープクランクを使ってみました。手元まで伝わるぶるぶる感はあるものの、ちょうどよい引き抵抗でカレントの境目などもブランクスを伝って感じ取れる。シルベラードIP-Gはさすがに感度もいい

シルベラードIP-Gとシャッド

シャッドでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
ここでチニングシャッドに交換後、一投目でなんとチヌ(黒鯛)が釣れてしまった!

サイズは30cmあるなしくらいの小さかったが、試し釣りのはずが嬉しい誤算だった。釣り方はシャッドを潮の流れに乗せてただ巻き。

シルベラードIP-Gとスイミングポッパー

スイミングポッパーでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
お次はガボッツ(スイミングポッパー)使ってみた。ポッピングさせずに、水面を這わせるようにただ巻き。なんの問題もない。
それどころか、こんなにいいロッドと良いルアーがあればもう釣れる気しかしてこない(笑)

シルベラードIP-Gとミノー

サスペンドミノーでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
お次はミノーで試投。といってもただ巻きだけでは面白くなかったのでサスペンドミノーを使用しストップ&ゴーをしてみた。特に何も問題なくストップ&ゴーを繰り返しできるが、一旦ステイさせたあとクイッと動かしはじめる瞬間にもう少しティップが入るほうがいいかなと思った。

チニングでも使いこなせてこそルアーマンを名乗れる!ミノーやクランク、シャッド系プラグルアー。ラバージグとワームでも、もちろんルアー釣りなんですけどやっぱり「ルアーで釣ってる」っていう一種のゲーム的...

シルベラードIP-Gとジグヘッド

ジグヘッドワームでオリムピックシルベラードIP-G実釣インプレ画像
この日は大潮で、午前中正午前の下げ潮で街中ド真ん中の中級河川の中流域。

一番自分が使う7gのジグヘッドを使用。もちろんボトムズルしたときの底の質感や引っ掛かりなどもよく伝わってくる。ボトムズルでの感度は問題なし。

ただひとつだけ!!

リアクションバイトで誘い出すのに、ボトムパンピングさせたあと糸ふけを巻き取る途中にストンとまた底へ落ちていく感覚がイマイチ…大潮の影響を受けているかもしれないがリアクションバイトの時のボトムタッチがあやふやになりがち。底着いたのか着いてないのかがわからなかった。

ちょっと固め若干太めのティップのせいもありそうだと感じましたが、それならあと+3g~5gくらいジグヘッドの重さを加えれば対処ができると思われます。

チニングの定番中の定番ルアーといえばこのジグヘッド。手軽に遊べてとっても簡単に取り付けできすぐに始められます。ルアーを使ったチヌ釣りでボトムをズル引きするための専用の仕掛けの代表であるジグヘッド...

皆さんワームで釣れてますか?あなたがワーム使うチニングが釣れない理由はもしかしたらワームの選び方間違っているかも!?チニングでは定番中の定番のワーミング釣法。チヌ (黒鯛)をルアーで釣るときのなくては...

Rod:オリムピック シルベラードIP-G GSIS-742ML-LE
Reel:shimano 19Vanquish C2000S
Line:G-soul X8 0.6 + Seager Premiamumax fluoro carbon 16LB
Lure:shimano Chningshad 40F、DAIWA PeanutⅡDR、Megabass Poppingduck、Tacklehouse clonuts CR67、Blue Blue GABOZ65、Ima K-ta 58 suspend

チニングとはルアーでチヌ(黒鯛)を狙う釣りのことで、エサで釣るチヌ釣りとは一線を画します。 なので「仕掛け」と聞くとエサ釣りとも混同されがちですし、エサ釣りからチニングに移行されてきた方...

チニングはチヌをルアーとよばれる疑似餌で釣るやり方です。格と使い易さはもちろん、自分が使ってみた感想を元に釣れるおすすめを実績のあるチニングで釣れたものだけをご紹介(adsbygoogle = window.adsbygoogle...

まとめ

個人的にオリムピックの製品はこれで3作品目だが、やっぱりさすが国産カーボンのメーカーだけあって作りもしっかりしている分、信頼度も抜群。思ったよりもチニングの割にはティップが強靭に感じたけど、それも慣れだと思う。

限定生産ということで自己満足度も高く、黒とガンメタのルックスも気を引く。さりげない大人のタックルという感じがしてくる。

数に限りがあるので、手にしてみたいと思う人はすぐ行動に移さないとなくなってしまうかも。気になるお値段もそれほど決して高くはない。
オリムピック シルベラード IP-G GSIS-742ML-LE 2019







シェアする