メジャークラフトジャイアントキリングのキャスティングモデルインプレ!近海の浅瀬攻略

メジャークラフトジャイアントキリングのキャスティングモデル
メジャークラフトのジャイアントキリングにキャスティングモデルが登場したのでインプレします。

元々ライトジギングの大物狙いができて初心者にも扱いやすくコスパに優れたジャイアントキリングのキャスティングモデル。

釣果とともにインプレをどうぞご覧ください。

近年ジワジワ人気を集めているライトジギング。釣行に必要なタックルをショアとオフショアからのシーン別に選び方やおすすめ品をご紹介します。基本はジギングといえどもライト感覚ではじめられる釣りです。形式...




ジャイアントキリング・キャスティングモデルを購入した理由

それも30~40gのものを船の上で遠投したかった。遠くへ飛ばしたいとはいえ船の上ではどんなに長いロッドでも長さが限られる(実際は8ftまで)。

探していたら最初は知らなかったんですが、大鯛や青物がターゲットで評判が高かったジャイアントキリングからキャスティングモデルが出ているではありませんか。

で、自分の行くフィールドは使うジグの重さはせいぜい40~50gほど、近海の水深が~40mくらいまでの浅瀬なのでとにかく遠くにキャスティングして広く探りたかったんです。

で、船の上でちょうど良いなと思った長さが7.5ftだったので

するとスペック上、上記の求める性能を加味するとGXC-76MLだったので、即決!!

メジャークラフトジャイアントキリングのキャスティングモデルをインプレ

メジャークラフトのジャイアントキリング・シリーズに2017年に新たにラインナップされたキャスティングモデル。

その中でもルアーのキャスト許容重量が15-60g。最初Mタイプにしようかものすごく迷ったがロッドの長さが7.6ftだったGXC-76MLを購入。

ロッドスペック表|メジャークラフトジャイアントキリング・キャスティングモデル
出典:メジャークラフト

持った感触、重さ、柔らかさ

重さ・メジャークラフトジャイアントキリング
持った瞬間、さすがにMLタイプとはいえカツオやシイラなども対象魚のジギングロッド、第一印象はさすが「重い!」

単に重たいというわけでは決してない、青物のグングン来るあの強い引きを受け止めるにはある程度重さがなければ操るアングラー側がかなりしんどくなる。納得のいくどっしりとした安定感のあるお父さん的(笑)な重さと感じた。
重さ計測したメジャークラフトジャイアントキリング
年のために重さを測ってみると・・・。200g。

決して重たくない。ライトタックルの部類では重たく感じるがガチなジギングではむしろ軽いほう。
まったく問題ない。
ティップ・メジャークラフトジャイアントキリング
今回試したのがMLタイプだからなのか、非常にティップが柔らかいと感じた。

実釣キャスト・メジャークラフトジャイアントキリング・キャスティングモデル

実際40gのメタルジグを振り込んでいくとかなりしなり、ルアーの重さを乗せて飛ばしやすい。
が、柔らかいので降り抜いたときに若干穂先がブレるのが気になる。上手くキャストが決まれば問題ないのか…?

ガイド

ガイド|メジャークラフトジャイアントキリング
元ガイドはご覧のような大きいものが設置されている、ほかのガイドも多きめだが、気になる持ち重りは感じない

手元に重心があり、キャストもファイトもしやすい

見た目

見た目|メジャークラフトジャイアントキリング・キャスティングモデル
メジャクラらしくからぬ、4軸カーボンの強固そうなクリア塗装の部分が◎

グリップ、バッド

グリップ|メジャークラフトジャイアントキリング・キャスティングモデル
バッド部とブランクス部で結合するタイプだが、バッドの部分も柄が長く脇に挟んでも使いやすい長さがある。このあたりはライトジギングでもありがたい。

一番気になったのが、このリールシートの脱着部分。
リールシート|メジャークラフトジャイアントキリング・キャスティングモデル
下のほうを回して脱着するのだが、この下の回す留めの部分がなぜか2つに分かれていて、先に一番したの丸いほうをクルクル回してからじゃないと、上のリールを止める部分が回らず下に下がらない。

一緒に回すことができないのでやっかい!

価格

もっとも庶民が気になるであろう価格は、グレードやタイプにもよるが
Mとか、MLタイプで18000円前後。

この値段でこ性能なら十分!!コスパが非常に高いロッドといえる。

実釣インプレ


で実際にキャスティティングロッドなので、40gジグでキャスト。ここち良くけっこう飛ぶ。おそらく50~60mは飛んでいる感じ。

キャスト時のティップのブレもしっかり、スパっとキャストが決まれば収束も早いので許容範囲。
若干、ジャークやファストリトリーブのときに左右にブレる。

で、肝心のファイトwww!!!

60アップのハマチを1匹ゲット!!

う~ん、重くて曲がるのでこれ素材に「グラスが入ってる?」と思うくらいめちゃしなる!、ものすごく曲がります。
ロッドの中心部からぐにゃ~って感じです!

吸い込みはいいです。サゴシ(50cm以下のサワラ)などのアタリも明確にわかります。ジギングロッドにしては乗せやすいのは確か。

ただ掛かってからのファイト。
これはそれぞれのファイトスタイルで好みが分かれそうです…。

受け止めてはいるが柔らかく柔軟に包み込むような感じ。いわゆるファイト中も魚をいなしていく、直接喧嘩しないタイプのロッド。

固く曲がらずに、ガチっとロッド全体で受け止めこちらが完全に主導権を握れるロッドが好きな人には向かない。これがMタイプだったらどうだったかはわかないけど。もっと固いタイプが好きな人はM以上がおすすめ。







こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。