タイラバ(鯛ラバ) のスナップはあった!交換がサクサクになる紅牙エイトスナップ

タイラバでスナップ
タイラバ(鯛ラバ) のスナップはタイラバが流行りはじめた頃からアングラーの間でいつも課題でした。出来そうでできない。ありそうでないそんな遊動式のタイラバ(鯛ラバ) のネクタイとフックのユニット部分を素早く交換できるスナップが登場。使い方とタイラバ(鯛ラバ) のスナップについて考察します。

船釣りでもPEラインとリーダー使用は全盛時代! エサ釣りがメインの人にはわかりずらい単語かも知れませんので一応おさらい。 リーダーとは、リール側の道糸とタイラバ側のフックを固定しているハリスとの間に...

タイラバとスナップ従来の考え方

遊動式タイラバの動きを殺さない結び方タイラバには固定式と遊動式の2種類あり、
現在の主流になっているのは遊動式と呼ばれる鉛の部分とフックの付いたハリス側が別々に動き、バラシ軽減やより繊細な動きを演出してくれるタイラバが一般的になっています。

この遊動式のタイラバ(鯛ラバ)は他のルアー釣りと違ってスナップなどを使えません。(以前は)
というのもスナップが使えない=使うとなると遊動式本来の鉛とネクタイやスカートが別々に自由に動く動きを阻止してしまい役目を果たさなくなってくるからです。

じゃあ、タイラバ(鯛ラバ)はいろんな色にすぐ交換できるようにスナップ使うほうがいいよなってなると固定式を使うしか方法がなくなってきます。

でも、今ドキ固定式でタイラバ(鯛ラバ)釣ろうと思う人が何人いることか…。(2014年の初夏)
それからはや5年あまりが過ぎ…。

便利なタイラバ用スナップ

どこかダイワさんとかシマノさんとか大手のメーカーが開発してくれない限りタイラバ(鯛ラバ)のスナップは生まれてこないでしょうね。。。。。なんて言ってたらあれから出ちゃいました!!

ありました!

タイラバ用スナップ

ダイワ 紅牙 エイトスナップ

使い方は簡単、あらかじめフックやスカートをセットしたものを購入しておくか、自分でユニットをいくつか作って用意しておけばいいだけでショアでも船の上でもスナップの部分を引っ掛けるだけでネクタイとかスカートの部分は一瞬で交換が可能になります。

自分でユニットを組んでから、こちらのスナップを使うには、ダイワの接続パーツでフックやネクタイとスカート作るのが一番相性が良いでしょう。

ダイワ 紅牙ラトルマジック接続パーツα
接続パーツ自体が”音でアピール”するラトル入り!

スナップを使わずにタイラバ(鯛ラバ)を素早く交換する方法

現在では、セブンスライドにしろダイワやシマノのそれ専用の遊動式タイラバにしろ、鉛の部分は結び治すしか方法がありませんが、ネクタイの部分などは簡単に交換ができるようになっています。

ラインを切らずにヘッドまで交換する方法も動画で紹介されています↓

現在のタイラバの主流である遊動式タイラバの結び方を見ていきます。基本的なタイラバの結び方と、応用としてラインを切らずにタイラバとネクタイを結べる結び方をご紹介します。現在タイラバの釣り方でもっとも...

結局、結論から言うとヘッドの部分のカラーも何度か変えようと思うと結び直ししかないです。スナップなんてナンセンスですね。慣れたらひとつ結ぶのに、10秒~20秒くらいなものでしょう。

結ぶ練習を繰り返してはやくなって、船の上でもその時の潮の状況によって、スナップなしでも自由自在にタイラバ(鯛ラバ)をチョイチョイっと交換するアングラーの方がちょっとカッコよく見えるかもしれません。

底まで沈む重さとヒラヒラ泳ぐベイトを演出する遊動式タイラバ。いまではタイラバと言えばこれ!というくらい一般的になった遊動式タイラバ。以前の固定式とは断然違うその艶めかしい真鯛を誘う自然なタイラバ本...

タイラバも自作するから釣れたときの喜びも倍以上!けっこう買うとひとつ2,000円~3,000円とルアーとして考えるとちょっと高めの値段。しかも底を取る釣りなので根がかりも他の釣りよりも起こりやすくロストしや...







返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。