チヌ (黒鯛) あら骨の下処理の方法

あら骨は6つほどに小さく切り分ける

ヒレは切る
たべるときに邪魔になりそうな家禽バサミでヒレの部分は切って取り除いておきます。

あら骨を切リ分ける
あとは包丁の付け根側の方をつかって叩き切るようにして写真のように

骨は6つくらいに切り分けます

中骨は3つほどに切る

中骨
サク取りしたときに身からとった中骨は
3つくらいに切り分けるといいでしょう。

自分でさばいてまるまる一匹料理の醍醐味を味わいましょう!(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); まずは、包丁の先や柄側の太いところを上手につかってうろこを取ります。写真1 ...

切れない包丁ほど危険!頭を割るときは小出刃包丁チヌのさばき方の中で一番、手ごわく「ホントに自分にも出来るの?」なんて思っている人がほとんどでしょう。コツさえ掴めば意外と簡単使う包丁は刃がちゃんと研...

腹骨をそぎ取る

逆さ包丁
腹骨は身とつながっている部分を、逆さ包丁でプツッと切っておきます。

腹骨を取る
そこから包丁を手前に持ってきて刃先を寝かせて、
腹骨を反対の手で押さえながらゆくっりと引いてきます。

一気に切ろうとせずに、一度切り込みをいれたら、同じところに包丁が当たらないように切り込みを入れた分だけ片手で持ち上げて、そこからさらに切りすすめてそぎ取ります。

腹骨はそのままでも大丈夫ですが、気になるなら半分くらいの大きさにに切っておきます。

画像:Pixabayチヌ(黒鯛)の料理レシピ。意外と近くで釣れたり簡単に釣れるけど結構な大きさのチヌ(黒鯛)は釣ったら料理にして美味しく頂くのが流儀。釣り好きである元料理人が教えるお刺身から揚げ物、蒸し物、ア...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。