[最新更新日]2018/08/20

チニングが楽しくなるペンシル!トップゲームをアツくするおすすめ8

チニング・ルアー・ペンシル
まさに末広がり!ペンシルで広がるプラグルアーのチニング
最近見直されているチニングでのプラグルアーの釣り方でペンシルベイトの存在意義が最近になって急上昇中!

もはや釣り方のバリエーションがボトムズルだけではなくなってきた昨今のチニング事情はペンシルに代表されるように楽しみ方も増えました。

もちろんペンシルで釣れます。

チヌに有効なペンシルというルアーの使いどころから、チニングにおすすめなペンシルをご紹介します。


チニングでペンシルベイトの使いどころ

ルアーフィッシングにおいて、ペンシルの使いどころというと飛距離がほしいとか、通常のアピールの強いプラグでは食ってこない時などにローアピールのシンペンを投入することがあります。

ではチニングではどんな場面かというと、まさしくトップウォーターです。

チニングのトップ狙いでポッパーでは届かないポイントや、

飛距離を生かして

広範囲を素早く探ることができる利点

を生かし最初の一投のサーチベイトとしても役割を果たしてくれる。

またポッパーでは食ってこない状況下で、細めのルックスのペンシルを使いシルエットを細くしてやると口を使ってくる場面もあり、さまざまな使い方ができます。

今ではチニング・タックルに1本は持っていたいルアーのひとつ。

釣れるチニング!噂のおすすめペンシル

売れてる、人気、などあまり気にせず自分が持っていて、使ったことのあるもので実績のあるものからこれから気になるものを独断と偏見でピックアップ。

バスデイ・シュガペン・70/95 F

言わずと知れた「餌」と称されたソルト用ペンシルで絶大な人気を誇る「シュガペン」
これで釣れなきゃなんで釣る?と言われるくらいのペンシルの王道。もちろんチニングにおいてもその効果は抜群。様々なプロアングラーたちが使用してその効果を証明してくれている。

トップで使うならば、F(フローティングタイプ)が好ましい。サイズは70と95がある。口の小さなチヌにはこちらのほうが良さそうだがなんせ細くて小さくて飛ばない…。

95でも~30cmクラスのチヌ (黒鯛)は食ってくるので自分のフィールドに応じてそちらを選ぶのも可能。画像は95。
バイブレーションを語るのに外せないレンジバイブでお馴染みバスデイだから安心。


タックルハウス レジスタンス クロナッツF

チヌ (黒鯛)をターゲットにして新開発されたペンシルべイト、我らがタックルハウス。シーバス界では知らない人はいないだろうローリングベイトの生みの親。信頼度は抜群。

マジ、ぱっと見ただけだけど、一瞬にして「これ、釣れる!」と思ってしまった。

通常のペンシルと一緒でロッドワークとリトリーブでコントロールするのはもちろんだが、このペンシルの持ち味はなといっても移動距離が控えめのクイックターン。

いまイチオシ☆彡のペンシル。この夏はこれでいこう!!


ザブラ・フェイキードッグDS-CW

こちらもシュガペンと並びチニング界では超有名なペンシル。
ここ数年自分が愛用しているチニング用トップペンシルの1軍ルアーだ!

チヌにはちょうどよい長さに適度な重さ(8.2g)は飛距離も出てまさに広く探りたい河口付近やサーフや磯などで活躍してくれる。
とにかくよく飛ぶし、使い勝手が非常に良いよくできたペンシル。初心者にも扱いやすい。

いろんなタイプがあるが自分の愛用はこちらのCW(クレイジーウォーカー)。
前部のウエイトを抜き、フラッシングプレートを内蔵しクイックかつクレイジーな動きとフラッシング効果を生み出したまさにクレイジーなアピール力が魅力のモデル。

ただし尻下がりのハイアピール。スレてる場所では食ってこないので、通常のタイプのほうが初級者向き。


nada・セッター

うぉ~チニングの世界にもこういうのが名乗りを上げてきたか~

ブラックバスで使ったことがあるひともいるだろう「スイッシャー」のチニング用だ!
リアに付いたプロペラ(スクリュー)が水面を攪拌して、強いハの字型の引き波を立てながら、プロペラ自体の音でもアピール。
飛距離はあまり出ないので小規模河川向きかな。


メガバス・DOG-X・SW

こちらもフェイキードッグと並んで、飛距離が稼げるしチヌにちょうどよい大きさの釣れるペンシルルアー。
ブラックバスではなじみの深いペンシルとして聞いたことのある人も多いだろう。トップでのチニングが流行り始めたころ放映されたメガバスのプロスタッフの出演した番組でチニングにおいて有効なペンシルとして一躍その名を轟かせた。

アピール力も飛距離も申し分ないが若干値段が高いので今は自分は使っていない。
通常のバス用と、SW(ソルトウォーター)用がある。フレッシュウォーター用のものをソルトで使うとどうしても浮きすぎてしまうのは否めない。トップで使うだけならほぼ問題ない。

バス用でも釣れるがSWは塩分濃度のある水中での動きを考慮し、チヌやシーバス用にフックチューンが施されたものなので似て非なるものだということを覚えておいたほうがよい。


モアザン・ソルトペンシル 70/95

プラグルアーのペンシルカテゴリーを語るのに間違いなくこれも外せない1本である!
以前は名前がTDペンシルとして出回っていたのが改名された。元々はこれもブラックバス用のトップルアーがあまりの釣れ用に「餌ルアー」として定着し長い間愛されてきた。

釣れるペンシルの中で不動の地位を確立していた知る人ぞ知る釣れるペンシル。

その独特のおちょぼ口のカップで受けた水を左右に押し流す形状と、シンペンにしては少しボリュームのある若干ファットなボディが生み出すアクションは秀逸。

細身のシュガペンとまた違う使い方が出来て引き出しが増やせる。
自分はもっと大きな125サイズのものをオフショアの青物用トップでも多用している。頼れるルアーである。


シルバーウルフ・チニングペンシル

以前から気になっていたけどいつまでたっても買わない自分がいるのも事実のシルバーウルフのチヌペン。

フックはダイワのsacsusが最初からついてる。このフックはシーバスや青物のときにフックを入れ替えるときは高価だが、必ずsacsusに交換するという信頼が厚いもの。

がしかし・・・。使ってはみたいけどどうしても使わない理由の一つがこの形状。どこかで見たことのある細身のボディと自重の軽さ…。
これならシュガペンでいい!けど一度使ってみたい気がするので誰かプレゼントしてくれないかな~(苦笑)


スミス・チヌペン

なんか釣れそう!動きは可もなく不可もなくぽいが
バス用のポッパーを多用する私はリアのフェザーフックが自分好み(笑)
機会があったら使ってみたいなぁ。










こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。