チヌ (黒鯛)をルアーで乗っ込み攻略!チニングの春は高確率で爆釣可能


ルアーで釣るチヌ(黒鯛)
お待たせしました!春です!チヌの乗っ込みの時期が来ました!
みなさん!お元気ですか!^^

日本全国でキビレや真チヌ (黒鯛)をルアーで追っかけまくるチニングフェチ!?の皆さんも私と同じく長いつらい冬を乗り越えて春の到来を待ち望んだことと思います。

春になり少し気温や水温が温かくなりはじめると

チヌ(黒鯛)は産卵の時期を迎えます。

この頃になると、産卵のために護岸や藻場などで産卵するために浅場の岸近くまで寄ってきます。で、この時期に産卵のための体力をつけるためにエサを荒食いすると言われるのがチヌ(黒鯛)の乗っ込みになります。

早い話が釣りやすい季節に入るという事なんです!

エサ釣りで狙う人にとっても格好の釣り時期に入り、人気が高く週末の朝マズメなんかだと人気ポイントは人でごった返し、うかうかとルアーなんて振り回せないほどの大渋滞になります。

だからといって我々チニングファンもジっとしていられないのでいざ、出陣です!

みなさん、春のチヌ(黒鯛) ルアー釣り楽しまれましたか?一年通してこれから夏に入るともっともっと楽しくなるんですけど、その前に長~い、長~い冬が終わり訪れた春の陽気☆彡乗っ込み期は、夏のチニングのハ...

チヌ(黒鯛)をルアーで狙う乗っ込みの時期

チヌ(黒鯛)の乗っ込み時期画像
乗っ込みの時期は、だいたい桜の花が咲くころ、桃の節句が終わり肌寒く感じていた昨日から少しだけ気温が温かく感じ始める3月中旬~5月中旬くらいまでです。

ただこれも大体の目安で、それぞれ地域によって異なりますし同じ都道府県でも行くポイントによっても異なり、ルアーで狙う我々にとって有利な場所と不利な場所があります。

またちょうど釣行する日によってもチヌ(黒鯛)のご機嫌は変わってっ来るようです。

地域によっては6月くらいまで

でもお腹が腹子や白子でパンパンのチヌやキビレが釣れるところもあります。

乗っ込みチニングに大事な水温!

チヌ(黒鯛)乗っ込みの水温疑似画像
チヌ(黒鯛)をルアーで釣るチニングの場合、私自身あまり水温を意識することは少なかったのですが、実はこの水温の変化にヒミツが隠れていました。

乗っ込みのシーズンがちょうど春先の頃になるので人間が感じる気温と同じく水温も上昇すると考えがちですが、答えは逆です。

地域によって異なりますが冷たい雪解け水が流れ込むので水温が最も下がるのが3月頃。乗っ込みのはじまりが感じられるのは水温が14~15℃になってからと言われています。エサ釣りだけでなくチヌ(黒鯛)のルアー釣りにも応用できます。

ちなみにチヌ(黒鯛)の行動する水温が13℃~23℃くらいと言われており、その中でも最も活性が上がるのが18℃。
ですから、夏の最盛期ほど食いの良い高活性ではないということも想像がつきます。ご参考までに覚えておくとあとのポイント選びや仕掛けに役に立ちます。

メガバス サーモビジョン SP 水温計

チヌ(黒鯛)ルアーで乗っ込み狙いのポイント

この時期になると産卵のために浅瀬の藻場などに接岸してきます。すなわち浅瀬を狙います。

また自由に泳いで動き回ってくるというよりはチヌ(黒鯛)が潮の流れに乗ってやってくると思うのがイメージしやすいでしょう。

汽水域の河川や、地磯、テトラなどのある波止(護岸)で狙う時間帯や潮の流れで同じ乗っ込みでも釣り方が変わってきます。

基本的にチヌ(黒鯛)の乗っ込みは潮の流れが速いと難しいです。「穏やか流れで少し動いている程度」がベストです。

■大き目のゴロタ石が点在しているような場所、磯の場合は岩礁の点在している場所
■沖にカケアガリのある場所
■テトラや捨石が敷き詰められているような場所、水深が浅くても良い。
■ワンド(少し入り組んでいる個所)の奥の方
■藻が点在していて潮の流れが穏やかな所絶好ポイント◎
■水が濁っている日

堤防など波止でチニングする場合は、チヌのルアーはどうしてもクセで潮のぶつかる場所、流れのある場所にルアーを送りたくなりますが、乗っ込みは逆に潮の流れが沖に向って緩やかに流れる場所を探すようにすると良いです。

また波止の構造が床下が空洞になっていて水中が入り込んでいる堤防などの場合は壁側キワキワが狙い目になります。

乗っ込み期のチニングの釣り方

乗っ込み期のチニングの釣り方画像
乗っ込み時期のチヌ(黒鯛)をルアーで狙う意場合は、派手なアクションなどほとんど必要ありません。

アピール系(勝手に浮いたり、ゆらゆら泳ぐワーム)なら落として沈めているだけでも食ってくるのがこの時期の大きな特徴です。
ルアーをゆっくり沈めてしばらくステイがベストだと思います。

動かしてもハイシーズンのデイゲーム用にリアクションバイトを誘うトゥイッチなどは必要がありません。夜の攻略と同じように

ゆっくりとただ巻きで

いいです。これだけで十分釣れます。

チヌ専門で狙っているような達人の方からだと怒られるかもしれませんが、チヌ狙いはルアーフィッシングの中でもライトソルトに分類されるように、あまり難しく考えないで気軽に楽しんでいただきたい釣りです...

乗っ込みチニングの仕掛け

チヌ(黒鯛)のルアー釣りは基本マッチザベイト。
先に述べたように、あまり元気に動き回る夏場のような高活性期とは異なります。

ポッパーやミノーなどのプラグ系でも食ってくるほどの勢いは望めないと思っていた方が良さそうです。

ベイトではなく穴シャコやカニなどの甲殻類や、テトラなどの波止からキワを狙うならフジツボやイガイ、磯からだとサンドワームとかちびチヌムシとかも有効的です。

エサ釣り師の人に聞くと乗っ込み期のチヌ(黒鯛)は食い込みが悪く

柔らかい吸い込みの良いもの

にするそうです。

ということは、必然的にロッドはULまたはLタイプになってきます。遠投する必要もありません。

チニングとはルアーでチヌ(黒鯛)を狙う釣りのことで、エサで釣るチヌ釣りとは一線を画します。 なので「仕掛け」と聞くとエサ釣りとも混同されがちですし、エサ釣りからチニングに移行されてきた方...

チヌ(黒鯛)の乗っ込み期のルアー選択

エサを荒食いする時期なので、プラグでも食いそうですが確率は減ります。

小魚ベイトよりも甲殻類やイソメ類などを模したワームのほうが適しています。

産卵前で警戒心が高まっていると思われるのでジグヘッドの重さも軽めの3.5グラム前後ぐらい。

私の場合はカン付チヌ針直結でガン玉5B程度をつけてまず足元を探ります。

チヌ(黒鯛)の乗っ込みでルアー釣りする場合のトレーラーに使うクロー系(カニやシャコ、ザリガニ系)ワームのサイズは
けっこう大きめでも夏場のハイシーズンくらいまでは果敢にアタックしてくるし食ってくるのでさほど気にしなくてもよいと思うけど、

数釣りを楽しみたいならワームのサイズも

1.5インチ~2インチ

までの乗せやすい小さめのサイズがベターなセレクトだろう。

”食わせ”の小さめサイズのおすすめワーム

バークレイ SWインチホッグ 1.5インチ

メジャークラフト ファイティングクロー 1.6インチ

皆さんワームで釣れてますか?あなたがワーム使うチニングが釣れない理由はもしかしたらワームの選び方間違っているかも!?チニングでは定番中の定番のワーミング釣法。チヌ (黒鯛)をルアーで釣るときのなくては...

チニングの定番中の定番ルアーといえばこのジグヘッド。手軽に遊べてとっても簡単に取り付けできすぐに始められます。ルアーを使ったチヌ釣りでボトムをズル引きするための専用の仕掛けの代表であるジグヘッド...

チヌ (黒鯛)のルアー釣りを始めたばかりの頃に、近くにいる釣れてない俺の横でバンバン挙げるフカセ釣りの名人の人に「見えてるチヌ (黒鯛)は釣れない」って聞いてからずっとそれを信じていました。けどそれから...







こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。