チニングを攻略するポイントの見つけ方


基本ラン&ガン!!足で探してアタリがあったらそこで粘る

潮を確認して時合に狙いにいくのですが一度釣れるポイントでは連発することが多いです。

チヌは回遊魚じゃないので、潮の流れがない満干時にもあまりうろちょろせずに一箇所に居座ってると思っています。

基本いそうな場所をラン&ガンしていき、一度でもアタリがあったらそこから動かずもう一度アタリがある(釣れる)まで少しだけ粘ってみます。

一箇所で釣れないのに粘るのは時間がもったいないので粘っても10分以内(2~3投)したら移動。
これを繰り返してその日のポイントを見極めます。

チニングするのにもっとも釣果が出やすい潮目と時合、釣れる時間帯のこと。潮周りは満潮時か?それとも干潮のときか?自らの経験を元に釣りやすいではなくあくまでもチヌ (黒鯛)が“釣れる”潮の高さや流れのちょう...

水深30㎝のドシャローも絶好のポイント!

チニング・ポイント・シャロー
ハイシーズンになると、日中でも水深30㎝ほどのドシャロー(浅場)でもたくさんチヌは入ってきています。
警戒心が強いと言われ、しかも見えチヌは釣れないなんて言うことも度々聞きますがチニングで釣るのに何の問題もありません。

ただの泥底や砂地に見える場所も干潮時に、そこをよく観察してみてください。

チヌのエサになるカニの巣穴がたくさん見える場所なんてもってこいの絶好ポイント。干潟で貝堀りできるような砂地も同様チヌが大好物の穴ジャコなどがたくさんいるのでオススメ。

水深なんてそこまでなくたって、こういった上記の条件を満たしている場所ならチヌが泳げるくらいの潮位があれば大丈夫なんです。

橋脚や護岸のブツブツ!?を確認

チニング・ポイント・橋脚
潮が引いた時に橋脚や護岸にイガイやフジツボがたくさんついている場所とかはチヌが多くいる可能性が大。

橋脚に流心があたりヨレが出来ている箇所の外側の淵あたりとかも投げてみる価値充分にあり!

チニングポイントの牡蠣ひび
こちらは、

満潮時には水の中に埋まっている岸壁に自生した牡蠣の群衆

必然的に根がかりも多発するがこういった場所がチニングの絶好のポイントとなる


あとは橋の下とか橋脚まわりの影になる部分にとかに
フジツボがたくさんついているとこみたことありますよね?

そういう場所は潮の動きとか時間帯に関係なく集まってきやすいので狙い目です。

ゴロタなどストラクチャ

チニング・ポイント・ストラクチャー
ストラクチャというと大袈裟ですが、底にゴロタがある場所とかです。

あまりにもゴロゴロし過ぎていると根がかり必須に危険区域になってしまいますが、その上をポッパーで通すとか、その両端のカケアガリとかに居着いてたりします。

チヌも根魚なので、岸側にぎっしり敷石や消波ブロック(テトラなど)場所など、一般的にカサゴやメバルなどの穴討ちするときと同じ場所にもいると思っていて間違いないでしょう。

ねらう場所が河口付近の場合だとカキ棚や大きな杭が打ってある場所とかも狙い目となります。

水門!?水道付近とウィードまわり

チニング・ポイント・水門
川幅いっぱいに広がる大きな水門じゃなくても川っぺりから水が流れる場所です。

近くの工場や施設から流れてくる温排水が冬場のチニングでもいいポイントになってっきます。

ウィードがある場所と同じように水に動きがあるとこは、流れがあると同時に酸素がたくさんある場所なので集まってきやすいです。

実際私は夏の真昼間、日中に日陰になるとある水門に行くと、なんと水深1mほどのその水門のくぼみのとこに20匹弱のチヌの大群を見かけたことがあります。(そこにはイガイやフジツボ、カキがぎっしりところ狭しと並んでました。)

チヌ専門で狙っているような達人の方からだと怒られるかもしれませんが、チヌ狙いはルアーフィッシングの中でもライトソルトに分類されるように、あまり難しく考えないで気軽に楽しんでいただきたい釣りです...

チニングとはルアーでチヌ(黒鯛)を狙う釣りのことで、エサで釣るチヌ釣りとは一線を画します。 なので「仕掛け」と聞くとエサ釣りとも混同されがちですし、エサ釣りからチニングに移行されてきた方...

海水と淡水が混ざり合う汽水域を好むチヌは遠方の海まで出なくても、近くの河川で気軽に釣れてしまう。それがチニングの気軽さでもありおもしろさ!しかも一年中釣れるんじゃないかって思わせるほどうじゃうじゃ...








こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。