チニングをベイトフィネスでしない理由とする理由

最終更新日

チニング・ベイトフィネス
流行りだけで手を出すとベイトフィネスじゃチニングが釣りにくいわけ
最近いたるところで目にする「ソルトウォーター用ベイトフィネス」ロッド。チニング専用のものまで出ています。

元々バスフィッシングからチニングに移行した人ならまだしも、ソルトのルアー釣りでスピニングタックルしか使っていなかった人が恰好だけではじめるとその扱いにくい操作性に面食らい、

慣れるまでまったく釣りになりません

私自身ベイトフィネスでチニングはやります!
けどスピニングタックルと使い分けしてます。

チニングに求められるのロッドの特徴をご説明するまえに、説明が理解しやすいように一般的なルアーロッドの各部位の名称をおさらいしましょう。【ティップ】先の細い部分からいくと穂先の細い部分あたりが【ティ...

初心者さま向けチニング専用タックルガイド!今さらながらタックルページでこんにちわ^^これからチニングをはじめようと考えてらっしゃる方のためにタックルについてひとつひとつ解説しているページが書きたいと...

ベイトタックルの中のベイトフィネスとは

黒鯛・ベイトフィネス
本来ベイトタックルはスピナベやビッグベイトなど重たいルアーを飛ばすため仕様で、黒鯛(チヌ)狙いのように軽いルアーを遠投するにはスピニングに軍配が上がります。

トーナメントなどに参加しているプロのバサーがボートの上から

軽いルアーで足元や近距離のカバーを狙うために考案されたもの

がベイトフィネスです。

最近ベイトリールも昔では想像もつかないほど恐ろしく発展してきているので、軽いルアーを投げられるようになったし、バックラッシュしにくいブレーキシステムや軽量スプールが開発され以前と比べるとずいぶんと扱いやすくはなってきていますが、ベイトフィネスでも簡単にチニングできると思ってやると初級者ほど意外と面喰います。

チニングに最適なリールとは?扱いやすいうえに釣れるリールの条件をお伝えするコーナーです^^たとえライトタックルに分類されるチニングのリールではあっても、年無しなどが掛った場合には強い引きのチヌ(黒鯛)...

ロッド:Abu garcia Eradicator baitfiness custom air EBFC-75MLS-TZ リール:Shimano 15 ALDEBARAN 51 ライン:seaguar R18 fluoro limited 8lb ジグ:Jackall chibichin...

はじめる前にベイトフィネスの特性を理解!

慣れの問題もあるでしょうが、単に飛距離を例にとっても同じルアーの重さなら断然スピニングの方が飛ばせます。
チニングでベイトフィネスを使いこなすためにはこの利点と欠点をまず理解しておく必要があります。
どんな場面で有効なのか、スピニングとのアドバンテージの違いは何か、ひとつひとつ比べて見ていきます。

 ベイトフィネススピニング
ルアー適応重量ベイトフィネス専用ロッドでなければ軽いルアーに対応できないULなら0.8gから軽快に投げれる
タックル重量
(ロッドは同じ長さと仮定)
スピニング用と比べるとロッドのブランクスが若干重い専用ロッドは非常に軽い
リールベイトフィネス専用でなければフィネスとはいえない。バックラッシュする。初心者でも扱いやすく。そこそこの機種で気にならない重さ
飛距離軽いルアーはピッチングorフリッピングで20メートル前後まで。練習がいる10g前後でオーバーヘッドで50、60メートルはたやすい
投げやすさ手返しがいい。得意な近距離戦のためにテクニック習得が必須
ピッチング、フリッピング、スキッピングなど
プラッキングでの手返しの良さはやっぱベイトリールのほうが上。
感度ロッドとリール全体をパーミングするので直感的にアタリをとりやすい黒鯛(チヌ)ルアー専用ロッドなら何も問題ない
ラインベイトフィネスの特質は軽いルアーを太いラインで投げられる点、フロロかナイロンが一般的。PEでもいいけどカックンバックラのときに切れてしまう。※あとで詳しく↓感度と飛距離で断然有利なPEが本質。扱いやすい。
チニング・ベイトフィネス

練習するならデイゲーム
どうしても使ってみたい場合は練習するなら明るい昼間のほうがいい。
【着水したらサミング】、このタイミングを見計らうのには暗い夜だと耳だけが頼りになるために初心者ではわかりづらい。

デイゲームで練習してから慣れてきたら釣れる夜に持っていく方が無難です。
陸からドラグをきかせ寄せて抜き上げるのはやっぱりスピニングに軍配が上がる・・・。

もっとわかりやすく言うとベイトフィネスの良いとこは

●軽いルアーを根が深い場所へ”太いライン”を使って送り込むことができる。
●パーミングするし感度は申し分ない。繊細のアタリのチニングには向いている気がする
●なんだかんだカッコイイ☆彡

ダメな点をあげると、

●遠投には不向き。慣れれば重たいルアーで飛ばせるがそれならベイトフィネスじゃなくてもいい。
●キャストテクニックを習得しないと釣りにならない。
●フィネス専用タックル(特にリール)は高価で気軽に手が出さない。
安いものだとフィネスとは言い難く、なんせ軽いルアーでは扱いにくい。上手い人は別。

結局、5g~10g前後の軽いルアーを使ったボトムコンタクトがメインで、プラグでもバイブレーションの15g前後があれば充分なチニングでは正直これといった理由がみつからない。

感度はベイトフィネスの方がいいけど、あくまで(高価なベイトフィネス専用タックル)を使えばの話であって、通常のバスロッドとベイトリールじゃスピニングの方が断然おトクでしょう。

どちらか片方だけ選ぶならスピニングでなんの問題もないんじゃないかと思うんです。
ベイトフィネスをいつものチニングスタイルとは違う楽しみ方として選ぶならOKです!!
それなら全然あり。私のように使い分けするといいです。

あと、沖へ投げる用と足元探るようにどちらも持ってランガンするなら、足元とか穴撃ち用に2本持ちの一本としてベイトフィネスは大いにありかもしれません。

私自身はバス用のものでやって試しての感想ですが、チニングでベイトフィネスにチャレンジするなら「あったら楽しい!」、「なくても大丈夫」くらいの気持ちではじめて欲しいです。

"達人"も多く存在するチヌの落とし込みをルアーでやる方法チニングしていると行ったポイントで水面をバッシャバシャ打ちまくるルアー釣りを嫌がる釣り人がたくさんいたりする。それもそのはず一ヶ所に...

■チニングでベイトフィネスする場合のライン選択



ベイトフィネスで使うラインはフロロカーボンが一般的だが、これは倒木などの激しいカバーを攻めるバスフィッシング時の横擦れに強いフロロでないとラインが破損してしまうことが多いからであって
カサゴとか根魚狙うとか、根の深い場所を果敢にせめるならフロロがいいけど、ソルトウォーターではそれほど重要じゃない気がする。

それと自分がいちばん

嫌いなのはフロロの【ヨレ】!巻きグセである。

そんなに遠投を必要としない足元探るのにフロロやナイロンだと巻きグセのおかげで、真下に落とすときもグルン、グルンと(表現が難しい…)、なんかドロン、ドロンと落ちていきスムーズにラインが放出されないので、1g~3.5g程度の軽いジグを使うときにやたら途中で引っ掛かる気がして自分は好きではない。ベイトリールで真下に落とすバーチカルジギングでもPEが主流なのは納得がいく。

チニング・ベイトフィネス
ただし安易にベイトフィネスでPEを使うと、通称カックンバックラのときに一発で切れてしまう。これも結局ベイトフィネスのキャストが上手ければ何の問題もないのだけれど…。いきなりPEではじめてもバックらして切れたりまったくもって釣りにならない。

どうしてもこの巻きグセが嫌いでベイトリールでPEを使うときは切れにくい8本巻きの1号(18lb)以上のPEを使うべきです。ちょっと高価だけど高い分なめらかで強固でオススメ。

また、PEのほうが断然同じ強度でも軽くて細いので100m巻いてもスプールが重たくならずにバックラしにくく、感度と飛距離はアップします。

ただ、何度も言いますけどキャストの慣れが必要です。
使いこなすテクがないとただの宝の持ち腐れです。

チニングに最適なラインをお届けするこのコーナー。チヌ (黒鯛)をルアーで釣ることから生まれたチニングはプロアングラーが考案したものなのでそれこそラインはPEがあたりまえでした。でもチニングが誕生する前か...

買うならコレ!おすすめタックル

驚異の軽さ!自重130グラム。このモデルから海水対応



いぶし銀の渋めのルックスと時代を超越した高性能!ここまで進化した!ベイトフィネスの性能。昔は軽いルアーの操作性や遠投性能はスピニングの独壇場であったが今では優れたベイトフィネス専用のリールがたくさ...

見た目二重丸!まずはチニングで試してみた最新ベイトリールチニングだけでなくブラックバスでも使えるベイトフィネスの専用リールが欲しかったのでちょっと高価でしたけど買って使ってみたので自分なりにインプ...

ベイトフィネスの使い分け

今日行く場所は接近戦だからベイトフィネスだな~とか、上げ潮とかで遠投したいときとか、広く探りたいときは飛距離重視でスピニングとかで使い分けしています。

ま~その日の気分とかもありますね。今日はベイトフィネス投げたいな~とか。

チニングとはルアーでチヌ(黒鯛)を狙う釣りのことで、エサで釣るチヌ釣りとは一線を画します。 なので「仕掛け」と聞くとエサ釣りとも混同されがちですし、エサ釣りからチニングに移行されてきた方...

チヌ専門で狙っているような達人の方からだと怒られるかもしれませんが、チヌ狙いはルアーフィッシングの中でもライトソルトに分類されるように、あまり難しく考えないで気軽に楽しんでいただきたい釣りです...







シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする