チヌ (黒鯛)の吸い物。釣りの疲れを癒し二日酔いにも効くあら汁レシピ

最終更新日

チヌ (黒鯛)の吸い物・あら汁
チヌ(黒鯛)のお刺身や唐揚げの後に残ったあら骨を使って吸い物をつくります。

吸い物は口にして喉を通り胃の中に届くとホッとすると同時にどこか高級感のある洗練された味わいを感じます。

その透き通るような味わいの中にもコクのある吸い物のつくり方をご紹介します。

チヌ(黒鯛)の旨味をぎゅっと封じ込めた美味しいあら汁をどうぞ!

庶民的な味噌汁はチヌの場合いろんな場所で釣りやすいので食卓にのぼることも頻繁にあります。臭みを感じさせないおいしい味噌汁のレシピ。回は腹骨と骨の部分だけで味噌汁をつくります。身や頭は酒蒸しやカマ焼...

残ったチヌ (黒鯛)のあらでつくる絶品料理。 キレイにウロコをとったら甘辛くコトコト豆腐や野菜といっしょに煮ていくだけ。 骨があって食べにくさもその旨さと比べたら何も気にならない美味しさは子供...




チヌ (黒鯛)の吸い物レシピ

●材料(2~3人前)
・チヌ (黒鯛) あら骨 1尾分(約200g)
・昆布 (5~6cm角)1枚
・水 550cc
・酒 大さじ 2
・白ネギの青いところ 1本分
・白髪ねぎ 適量
・三つ葉 適量
・薬味(柚子こしょう)なくても可 

あら骨・腹骨

チヌ (黒鯛)のあら骨
まずは、小さく小口切りにしたあら骨に塩をします。

これは下味をつける目的ではなく余分な水分と同時に臭みを抜くためです。

塩味がキツくつきすぎないように片面だけに軽くまぶします。
チヌ (黒鯛)の腹骨
腹骨も同時に、食べやすい大きさに切り、軽く塩をします。

このまま15分ほど置いておいて塩の浸透圧で余分な水分が出るのを待ちます。

そのあと流水で塩をさっと洗い流します。

あら骨は6つほどに小さく切り分けるたべるときに邪魔になりそうな家禽バサミでヒレの部分は切って取り除いておきます。あとは包丁の付け根側の方をつかって叩き切るようにして写真のように骨は6つくらいに切り分...

鍋底に昆布
鍋の底にさし昆布を敷き、チヌ (黒鯛)のあらを入れます。

鍋に水入れ
あらに日本酒をまわしかけたのち、水を適量(ここでは550cc)入れて強火で沸騰させます。

鍋に香味
少し魚が白っぽくなって鍋のふちのほうからフツフツと言い出したら(このあたりがちょうど約70度あたり)
香味として白ネギの青い部分を入れます。

煮だし
ぼこぼこと完全に沸騰させるまで火入れし、魚の旨味が水分に十分落ちるまで煮立てます。

火を中火にして、ぽつぽつと出てくるアクを取り除きます。


アクを丁寧に取り除いたら、適量の塩で調味します。

塩加減がいい感じになったら、火を止めて少量のうすくち醤油を少量加え香りづけします。

うつわにあらを盛りつけ汁を注ぎ、白髪ねぎと三つ葉を天に盛って完成です!

薬味に柚子こしょうを適量落としても◎
チヌ (黒鯛)の吸い物・あら汁レシピ

夜食やお父さんの晩酌後の軽い腹ごしらえに最適なチヌ (黒鯛)料理 前回ご紹介したづけ丼の切れ端を使っても美味しくいただける、 お子さんもお父さんも喜ぶレシピご紹介します。 チヌ (...

チヌ料理好きには何ひとつ気にならない、通称「磯臭さ」。チヌ (黒鯛)の料理で肝心な臭み!?好きな人にはあの磯臭さが独特の旨味を生んでいるものと感じるのに嫌いな人にはまずいという判断に直結してしまう臭み...







こちらもおすすめ!

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする