チヌ (黒鯛)の炙りたたきレシピ!香ばしさが食欲をそそるオトナ料理


チヌ炙り・ぽん酢
磯臭いとかよく言われ好まない人には懸念されるチヌ (黒鯛)の刺身のチヌ (黒鯛)の刺身でイチオシ☆彡の食べ方

その欠点をものの見事に美味しさを引き出すメリットに変えたのがこの一品☆彡
といっても過言ではないほど超おすすめのひと品です!

もともと匂いなんてものが気にならずに好きだったひとは、
さらにチヌ (黒鯛)の刺身の虜になること間違いなしの絶品料理のレシピをどうぞ!

もっともポピュラーなチヌ (黒鯛)の料理となる刺身も他の魚と同じく鮮度がよければいいほど美味しく感じる料理です。 もちろん身の中にはたくさんのアミノ酸=うま味成分が含まれているので 少し(...

チヌ(黒鯛)の白身魚を生で気軽に味わえるカルパッチョは刺身よりも簡単でお子さんや若い世代のひとたちにもくちにしやすさがウケのいい洋風のおさしみ。簡単にアレンジする簡単カルパッチョのレシピをご紹介しま...

炙りたたきのレシピ

■準備しておくもの

 ・サク取りした切り身(皮つき)・・・片身分
下記のページを参照に下処理後の切り身をご用意ください

自分でさばいてまるまる一匹料理の醍醐味を味わいましょう!(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); まずは、包丁の先や柄側の太いところを上手につかってうろこを取ります。写真1 ...

 ・青ねぎ(刻みねぎ)・・・適量
 ・かいわれ・・・1/3パック
 ・ごま・・・適量
 ・一味唐辛子・・・適量
 ・氷水・・・ガラスボール
 ・ぽん酢・・・人数分

炙りの基本処理は”皮目”の生かし方:皮目を炙る

チヌ・串刺し
塩で揉んでヌメリと臭みを取った皮目を炙るために金串に指します。
(ガスバーナーがある場合は、この工程を省いてください)

このとき注意したいのが柔らかな身だけを刺してしまうと焼けた皮目が縮んで小さくなってしまいます。

必ず写真のように端の皮目から刺して下の身に食い込ませてから通してください。

黒鯛・串刺し
30センチくらいのチヌ (黒鯛)なら金串3本くらい

それ以上なら4本くらいを扇状に突き刺します

こうしないと持つ手に上手く力が入らず均等に火が通らないからです。

チヌ (黒鯛)炙る
基本や強火で短時間です!

それも、何度も身を動かしながらまんべんなく火が当たるようにします。
一箇所で止めると中まで火が通ってしまいますので注意しましょう。

ガスバーナーで炙る場合は、油を塗った焼き魚網などに置いてからバーナーの火を動かしながら炙ります。

炙った直後のチヌ (黒鯛)
炙り終わった直後のチヌです。

この時点で部屋中に香ばしい、何とも言えない、いい匂いが立ち込めます。

チヌを氷水で締める
それ以上中にまで火が通らないようにするためと、身を締めるために

氷水にさらして熱をさまし身を引き締めます。

黒鯛の水気を拭き取る
キッチンペーパーに巻いて水気をしっかり拭き取ります。

やり過ぎると身が温もってしまいますが、残っていると食べた時水っぽくて美味しくないです。

チヌ (黒鯛)を切りわけて皿に並べる
あとは普通のさしみを引く容量で、短冊切にして皿に並べていきます

↓切り方についてはこちらも参考にしてください。↓

美味しい刺身の切り方

チヌ (黒鯛)を盛り付ける
お皿に並べたチヌの切り身の上に用意しておいた刻みねぎとザク切にした貝割れを贅沢にたっぷりと上に載せます。

そこで白ごまと一味唐辛子を振りかけたら完成!!☆彡

チヌ (黒鯛)の炙りたたき
このまま野菜と一緒にぽん酢ですすめてください。

お父さんの焼酎のおともには絶品です!!

お子さんでも食べやすい美味しさですし、上の野菜に水菜や白ネギ、千切り大根などを合わせると
お野菜もいっしょにたくさん食べれてヘルシーな料理にもなります。

チヌ料理好きには何ひとつ気にならない、通称「磯臭さ」。チヌ (黒鯛)の料理で肝心な臭み!?好きな人にはあの磯臭さが独特の旨味を生んでいるものと感じるのに嫌いな人にはまずいという判断に直結してしまう臭み...






こちらもおすすめ!

1 thought on “チヌ (黒鯛)の炙りたたきレシピ!香ばしさが食欲をそそるオトナ料理”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。