遊撃手!サーフのシーバスロッドに必要な条件とおすすめロッド厳選3つ

シーバス・サーフ・ロッド
スポーツフィッシング性が高いサーフのシーバスロッドセレクト!

身近にサーフの一級ポイントがあればシーバスを追いかけるのにロッドを下げてサーフに行って釣ってみたいと思う。河川や湾奥で釣るシーバスとは一味違った釣り方の技法が求められるために潮目や波足を見たり、ルアー選択にしてもあきらかにほかのシーバスと攻め方が異なるので当然使うロッドの条件も違ってきます。

そこでサーフでシーバスを釣るのに最適なロッドとは?

これからサーフでのシーバスデビューを目論んでいる方々に送るロッド選び方をどうぞ!

シーバス用のサーフロッドに求められる基本性能

サーフでのシーバスロッドを選ぶ前に簡単にサーフでのシーバスの釣り方のおさらいをしてみましょう。

ロッド選びに関係あるものだけをピックアップすると…

 

サーフのシーバスの特徴

①遠投が必要な場所が多い
②広大な砂浜をランガンしてくまなく歩きまわる「移動の釣り」
③ルアーはフローティングミノー(15g前後)~メタルジグ(30g前後)を使用

①の条件を満たすロッド
遠投しやすいロングレングスのロッドがほしいところ。

②の条件を満たすロッド
遠投できる長いロッドがいいとはいえ、ほかのシーバス釣行よりも体力的に疲れやすいサーフでは強靭かつ軽量なロッドのほうがアドバンテージが大きい。

③の条件を満たすロッド
これら軽いものから重ためまでを投げられる比較的広めのルアーの許容重量がほしい。

以上のことを考慮するとサーフで使うシーバスに必要なロッドの性能が絞られてきます。

長さ

遠投が必要になってくるサーフのシーバスの場合、必然的に通常よりも長いロッドのほうが有利になってくる。

最低でも、9.6ftは欲しく、目安は10ft前後

通常河川のウエーディングや港湾部での陸っぱりの主流になっている8.6ft~9ftでも大丈夫との人もいるが、大海を目の前にしたオープンウォーターでは9ft前後ではちょっと心もとなく感じ、もっと飛ばしたい意欲にかられる。

一度行くとわかる、釣れない時間帯のほうが圧倒的に長いサーフの釣りは目の前の広大な大海原をまんべんなく探れる飛距離が大事になってくるのがわかる。

探りたい場所に、ルアーを送りたいけど届かないという時も出てくるほど悔しいことはない。

10ftあるなら多少遠浅のサーフでも余裕をもって対応できるし、そのくらいの長さになるとパワーも持ち合わせており余裕をもってやり取りが可能。

掛かってもランディングするまでに引き波に会うと上手くいなしながら、流してやらないとそのまま持っていかれそうになるのでパワーのあるほうが寄せやすい。

硬さ

サーフでシーバス狙う時に使うルアーの種類も大きく関係してきます。

一般的にサーフのシーバスはフローティングミノーが最も汎用性が高くその次にメタルジグやシンペンなど比較的重たくよく飛びよく沈むルアーが使われることが多いです。

ドン深までいかなくても遠浅ではない通常のサーフでシーバス狙いに使用するなら、10g前後から40g前後くらいのルアーがメインになります。それくらいの重さのルアーがキャストできる許容重量のあるMLタイプ以上がおすすめです。

基本的にサーフでLタイプ、ルアーの許容重量でいうと5g~20g前後ではティップが柔らかすぎで寄せるときに苦労します。

MLタイプが最適

同じサーフでも波が高いなどもう少し余裕がほしい大場所でシーバスを狙うなら10ftクラスのレングスで
MとかMHタイプなら余裕をもってやり取りが楽しめる。

また、ちょっと前に流行したティップだけ柔らかくて”食わせ重視”なのに、ブランクスとバッド部に強靭なパワーを持たせた
ML/Mも自分的にはおすすめ。
※(LM/Lではダメです)

サーフで使用するおすすめシーバスロッド

ここでは、自分なりにセレクトした「サーフでシーバス釣るなら!」を前提におすすめのロッドをおすすめな理由とともに並べてみたのでご参考にどうぞ!

ダイワ ラブラックス AGS 106M
・長さ:3.20m
・自重:175g
・ルアー重量:10g~50g
・PEライン:0.8~2.0
パワーとロングレングス、そして軽さ。

それと何よりもこのスペックでこの手ごろな価格はコスパが高くてイチオシ。

サーフのシーバスはじめるのに最初の一本に最適なおすすめロッドです!!

ダイワ モアザン ブランジーノ AGS 103ML/M・J
・長さ:3.12m
・自重:148g
・ルアー重量:7g~40g
・PEライン:0.8~2.0
パワーのあるバッド性能に食わせの鬼掛けデーモンティップを搭載したML/Mタイプ

思い切りフルキャストしたときの振り抜け感とかハンパなさそう
自分が今いちばんほしいサーフ用のロッドです!!

やっぱり最終形はブランジーノかと…(笑)

アピア グランデージSTD 106MH
・長さ:3.20m
・自重:225g
・ルアー重量:14~50g
・PEライン:1~2
これまたシーバスハンターのある一定層には絶大な人気を誇るアピアの新鋭グランデージ。

従来のアピアのロッドにあった”重たくてダルい…”印象がこのモデルから変わった気がしている。カッコいいデザインも功を奏しより人気が高まった感じがある。

しなやかなのに掛けた時のランカーシーバスとファイトする際には張りのあるブランクスが威力を発揮。誰にでも軽快なキャストが実現できる性能を持っています。

ここはあくまで個人的な自分自身の主観的に「これ欲しい!」とかいう理由がほとんど(苦笑)

近年ソルトウォーターの世界でもその独特の釣り方から人気がジワジワと広がってきているベイト・ロッドを使ったシーバスゲーム新しい釣りスタイルが見い出せそうだけど、見た目とか格好のよさだけで始めると面食...

いま最も人気のあるシーバスロッドのおすすめをご紹介します。ビギナー向けとクラス、上級者向けのクラス混合ですが、より探しやすくするために人気メーカーごとに並べ替えてみました。求められる特徴と選び方と...

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。