夏のシーバス攻略の勝ちルアー選択術

夏はナイトゲームはもちろん、デイゲームも楽しみになってくる季節。そんな夏のシーバスを攻略するためには使用するルアー選択も肝心です。

夏に釣れるルアーの種類から、夏のシーバスに有効なおすすめルアーをご紹介します。

一般的に夏季というのは6月、7月、8月のこと。シーバス釣りにおいて6月、7月、8月の夏の時期はハイシーズンの秋にも勝るシーバスの活性が上がる釣れやすい時期に入ります。この季節、ずいぶん気温も高くなり人間...

シーバスルアーは数あれど、本当に何が一番いいのか迷うし、自分で買ってみたもののまるで釣れなかったり…。釣れると噂のルアーもちゃんと使わなければただの宝の持ち腐れ!シーバスも昨今のフィールドはとてもハ...

夏のシーバスルアー選び①マッチザベイト

下記の表をみてもらいたい。
まずは夏のシーバスの代表的なパターンから、この時期のマッチザベイトを導き出してみます。

パターン ベイト 長さ/太さ
イナッコパターン ボラの幼魚 約5cm~20cmくらい
イワシパターン 片口いわしなど 約5cm~12cm

シーバスで代表的な釣りパターンとなるイワシパターン。ルアーで狙うターゲットの攻略にはベイトフィッシュになっている魚の種類のよるベッチザベイトは不可欠な要素。このようなイワシパターンでシーバスをゲッ...

ここまで見てくると夏のシーバスのパターン別に適したルアーとそのルアーのサイズが見えてくる。
表や注釈で説明したベイトの大きさ(長さ)から、ルアーの長さや大きさもセレクトしやすくなるだろう。

ベイトの大きさは夏のイワシパターンといってもオフショアで青物が追いかけてくるような真いわしと違い、
せいぜい5~10cmくらいの小さな俗にいう「小イワシ」のこと。カタクチイワシやトウゴロウイワシなどがそれらだ。

ただし中・大型河川の中流域から上流域のイナッコになると話は別!

初夏に見るイナッコの大群は5~7cm前後と小さいが夏最盛期に入ると5~7cmの小さいものもいれば、ベイトのイナッコが15cm弱とやたら大きいイナッコを見ることができる。

イワシパターンで攻略するなら、7cm~12cm前後のルアーがベスト。

イナッコパターンならサイズは7cm~15cmくらいになってくる。大きさ的にはあまり変わらないかもしれない…。(苦笑)

この時期は、特に朝マズメからのデイゲームで攻めることが多くなるので、活性が上がるとシーバスも水面を意識しやすくなるため

夏のシーバスルアー選び②トップウォーター

水温が上昇してくると、ベイトも表層付近によく出てくるようになり、おのずと水面直下系のフローティングミノーや、ほかの時期ではあまり使うことないトップウォーター系の出番が多くなる。その理由はただ一つ!!

おもしろいからだ!

水面をドバッと割って突然出てくるのには何回当たっても興奮する。また水中から上を見ているシーバスは大型の個体が多い。

ペンシルやポッパーなどトップウォータープラグも使える時期

=トップにも反応がしやすくなる。

この時期にしかできない釣りを体現するためにぜひとも揃えておくと楽しみが増えます。

シーバストップウォーターはこれから水温が高くなる夏が旬です。年に一度訪れるシーバストップゲームを攻略する時期とルアーからロッドなどタックル選びからアクションのつけ方、ポイントを見つける目安など、シ...

夏のシーバスルアー選び②デイゲーム

また夏のデイゲーム攻略のキモとなるルアーはバイブレーションやスピンテールジグ!

これらの出番が増える季節でもあり、初級者にも場所を選ばずに釣れる体験をしやすいので、ミノーと同じく一つはストックしておいたほうがここぞというときに引き出しが増えていい。

イワシ&イナッコパターンのルアー

トップでもないサブサーフェスでもないマルチ

トップペンシル
最盛期にしか使えな(というか釣れない)ので、出番が少ないトップウォータープラグも夏なら一度はやりたい!

同じようにトップで狙えるメバルやチヌなどのルアーよりもサイズは大きめのほうが飛距離も出るものが良い
ただしペンシルではないがおすすめのルアーがある!

それがこのガボッツ☆彡

ミノーの類かもしれないが、少し沈めればちょうどよい少しだけ体を水面から出して表層をぎりぎり泳いでくれるし、浮かせて頭を落としてやるとポッパーのようにも使えるコイツは夏のシーバスに今いちばんおすすめ!!
■ブルーブルー ガボッツ90

広くアピールできる9cm以上の長さのトップペンシルがシーバス向き。

ミノー

ミノー
サブサーフェス(水面直下~20cm)のフローティングミノーから(60cm~潜る)シンキングミノーまで幅広く使える。

水深があり、トップレンジでミノーで泳がせていても活性の高い日なら、水面を割って食ってくることも多々ある。

使い勝手が無限にあるのがミノーのいいところ。

デイでも、群をなしてぴちゃぴちゃ水面を泳ぎ回るイナッコの存在が確認できたら、水面からその下水深30cmまでの間をしっかりとレンジキープして泳いでくれるルアーがおすすめ。
■シマノ エクスセンス アガケ

夏のシーバス釣りのパターンの代表格にあるイナッコパターンに効く。この時期夜でも日中でもそこらじゅうでボイルしているイナッコの群れがいる。

表層を引き波たてながらクネクネと泳いでくれる、巻きスピードを上げると少し水面直下20~30cmまで潜って大きなアクションをするクロスウエイクは使い勝手が非常に良く夏のシーバス釣りの時期に出番の多いルアーだ。

スロー~ファストリトリーブまで破綻しない一貫した高アピールを実現。

バイブレーション

バイブレーション
夏のデイで水温が上昇し、深場に移動したシーバスを狙うのによく沈むバイブレーションは定番

あとバイブレーション特有の波動が活性が低い時も口を使わせるのに効果的。

釣り方は、「高速巻き」か「リフト&フォール」
ボトムレンジをくまなくトレースすることが釣れるカギとなるバイブレーションでは、根掛かりを極端に恐れていたのではシーバスが釣れるものも釣れない。

根掛かりを恐れる原因のひとつがバイブレーションのお値段!?夏のシーバスに出番が増えるバイブレーションは安いに越したことはない。

このマリアのサルベージソリッドは、あのシーバスのバイブレーション界の人気を掌握し続けたレンジバイブを超えたともいわれている現代のバイブレーションに求められる性能の良いとこ取りしたルアー!

信頼できるメーカーで実績のあるブランドで、この値段なら1個買ってストックしておいてもハズレはない。
■シマノエクスセンス サルベージソリッド
※カラーはレンズボラ

シーバスルアーでお馴染みのバイブレーション。ある程度の比重があるので飛距離も抜群で、ビギナーでも特に決まったアクションをしなくともシーバスが釣れてしまうという驚異ルアー。近年は同じバイブレーション...

メタルジグ

メタルジグ
湾奥の護岸スレスレや堤防から真下に落とすいわゆる「岸ジギ」 で使える。

ジグなら少し小さめ5cmくらいのサイズで20g前後くらいの重さで十分イケる。

むやみに投げたりせず、岸キワ際に落としてスレスレを真っすぐジャークさせながら引いてくるのがミソ。岸ジギで使うメタルジグは10g~20gで十分使える。

こうした浅瀬でのバーチカルな釣りの場合、沈下速度がカギ。素早くストンと落ちるメタルジグのほうが素早く広く探れ手返しが良くなるので釣果が出しやすくなる。逆にフォール中にゆくっりとヒラを打つものは岸壁ジギングには向かない。

岸ジギにおすすめは↓
ブルーブルー フォルテン

スピンテールジグ

スピンテールジグ
堤防からでも河川でも昼夜問わず使える。特に真夏のデイゲームはおすすめ。

夏の真っ昼間にスピンテールに交換したらいきなり釣れちゃったなんてことはよくある。

夏のシーバス攻略には一つは準備しておきたいルアーである。
いろんな場所でおすすめしている(笑)スピンブレード系バイブといえばコレ

誰も異論はないはず!デイで活躍するスピンテールジグといえば↓
■コアマン パワーブレード

おすすめのシーバスルアーを紹介するのは簡単だが、ここでは認知度が低く売れ筋とは程遠いがよく釣れるシロモノだけを見てもらいたい。中には驚くほど釣れるのに、値段も安くお手頃で常備しやすいものもたくさん...

まとめ

ページの冒頭で述べたルアーのサイズを考慮して使いたいルアーを選んでみると釣果にも繋がりやすい。

日頃、ゴロゴロしている社会人の方も夏だけはアウトドアを楽しみたいならシーバスとともに夏を満喫してみてください!

シーバスルアーのいちばん気になるのはどのルアーのどんなカラーがシーバスには有効か?どれがホントに釣れんの?という疑問が湧いてきます。それに答えを求めても決まって漠然とした情報しかなく曖昧なものばか...