アジングの釣り方!アクションや動かし方を初心者にもできるよう図解で解説

アジングの釣り方を解説します。通常のただ巻きと呼ばれる巻き取るだけでも簡単に釣れちゃうのがアジングの醍醐味ですが、ではその「ただ巻き」とは何ぞや?という疑問が出てきます。まずは基本の釣り方を理解してそこから応用となる速度を考慮した釣り方からアクションの入れ方(ジグやプラグの動かし方)をひとつひとつ説明していきます。

アジングの仕掛けをご紹介します。気軽にはじめられちょい投げ感覚で釣り自体を楽しみながらキャッチしたあとも食べて美味しい魚がターゲットなのがアジングの人気の秘密。キャロやワーム、メタルジグなどさまざ...




アジングの釣り方:ただ巻き


画像:PhotoAC
基本、任意のレンジまで落としたら、ただ巻きしてくるだけ。

ゆっくりとスローリトリーブから、食ってくることが分かるような活性が高い状況では早く巻くファストリトリーブまで。さまざまな状況に応じて使い分けができるように習得しておくと釣れる確率がグンとアップします。

基本の釣り方②リフト&フォール

デイゲームのアジングに有効な動かし方です。ボトム付近を落としたり軽くあおったりしながら、引いてくる手法です。

ロッドをゆっくり煽ってリフトアップ、それからロッドの高さを平行に戻し、そのときに出来た糸フケ分だけをゆっくりと巻いてくるときにフォール。これを繰り返します。

フォール中に食ってくることが多いですが、ロッドをあおるときのスピードを速くしてリアクションバイトは活性が低く食いが渋いとき、寒気の大型アジ狙いで有効。

リトリーブスピード


画像:PhotoAC
アジング初級者がいちばん最初にぶち当たる壁がこれ、巻いてくるときのスピードです。いったいリールをどのくらいのスピードで巻くのがちょうどよいのかはじめはわからないと思います。

巻き方がわかたっところでも、状況に応じて使い分けができるようになることも肝心です。どのような状況でどのような巻き速度でリトリーブしてくるのがいいのか下記でふたつに分けてまとめてみました。

遅巻き

初級者におすすめの基本的にアジングの釣りはこちら、遅巻き=要するにゆっくりとした巻き取り方のスローリトリーブになります。

遅巻きの最大のメリットは活性が低い時にも効果があること。活性が低く食ってこない状況では高速で巻いたり、変にアクションを入れたりすると一瞬でスレてしまいます。そういった状況ではリトリーブスピードを遅くすることで食いっ気のないアジも「しょうがない、食ってやろ~かなぁ」と口を使うようになります。

また通常アジの主食はアミや小さなプランクトンの類。それらは動きが遅いためそのような状況では圧倒的にスローな巻き取りのほうが有利になります。

巻き取りは、2000番代のリールで約1秒1回転くらいを目安にして、ジグの重さやそのときの潮流を考えてその場で調節してみてください。

また、スローリトリーブだとアジだけではなくメバルやカサゴなども早巻きよりも食ってくる確率が上がります。アジングにおいて外道といえば外道ですが、初級者にとっては嬉しい誤算です。ゆっくり巻くとほかの魚種特に根魚が多くかかるようになるようです。さらに大きいものではチヌ(黒鯛)が食ってくることもあります!

早巻き

アジは基本的に青物の魚種で回遊魚。泳ぎも速そうなので必然的に早巻き=ファストリトリーブが適正なように思うし当然そのような状況もあり得るのだけど、こと早巻きはアジングで大切なレンジキープが難しくなることが最初に難題となる。

どうしても早く巻き取るとルアーは自然に水面近くまで浮き上がって来ることになり、任意のレンジを通してアピールする時間は必然的に短くなってしまう。アジが泳いでいるレンジ(タナ)を把握したら、そのレンジをじっくりトレースしてくることがアジングの釣りでは重要になります。このあたりが初級者ではてこずる。

ただし遅まきで食ってこない状況でも、早巻きに変更した途端、食ってくるようになる場面もしばしばあり、結局は状況の見極めが肝心で、それに応じて遅まきなのか早巻きかの判断で、いつでもその時の状況に合った釣り方が出来るように引き出しを増やしておくことが大切になってきます。

アジングの基本アクション


アジングにはただ巻きのほかに浮かせたり沈めたり、いったんリトリーブを止め止めてみたり、流したり、ちょっとしたアクションを入れてやる釣り方があります。ここではそれを解説していきます。

アジングのアクション①トゥイッチ&フォール

アジングアクショントゥイッチ図解画像
魚の釣り方には横の釣りと、縦の釣りとがあります。ただ巻きで釣れることがアジの楽しさであるがゆえに、アジは横の釣りとおもわれるかもせいれませんが、アジは縦の動きに反応する性質を持っています。青物のときのようにメタルジグをしゃくっても釣れるのはこのためです。

トゥイッチ&フォールはアジングにおいて必ず習得しておくべきアクションです。

アクションのつけ方は、巻いている最中にロッドティップを少しだけチョンッチョンッと煽りながらフォールを繰り返す釣り方です。このときのフォール深度は任意のレンジまででいいです。

アジングに有効なこのトゥイッチ&フォールはただ巻きだけでは食ってこない状況で、ただ巻きしている途中に織り込んでもいいです。

下記の章でキャロライナリグの釣り方をわかりやすいように図解しています。併せてごらんください。

アジングで使われる仕掛けの中でキャロライナリグについて仕掛けの作り方たや動かし方を解説いたします。通称キャロリグとも呼ばれるものの生まれた理由やどのような状況下で用いるのか?動かし方やアクションも...

アジングのアクション②リフト&フォール

アジングアクションリフトフォール図解画像
デイゲームのアジングに有効な動かし方です。ボトム付近にいったんジグを落として軽くあおりながら、引いてくる手法です。

ロッドをゆっくり煽ってルアーを底からリフト(持ち上げる)、それからロッドの高さを元の位置に戻し、そのときに出来た糸フケ分だけをゆっくりと巻いて来ながら再度底までフォール(沈める)。これを繰り返し釣り方です。

フォール中に食ってきて、次のリフトアップのタイミングがアワセのタイミングになります。ロッドをあおるときのスピードを速くする釣り方ではアジに迷っている間を与えずに口を使わせるリアクションバイトを誘発でき、活性が低いときにも有効で冬場の大型のアジ狙いのときなどによく用いられます。

アジングのアクション③ドリフト

アジングアクションドリフト図解画像
夜がメインになるアジングのでは表層を引いてくることが最も多いです。そんなとき表層をただ巻の途中に止めることもある。この止めるときにラインを長めにとり、仕掛けが水流に乗って流されていくのを活かして、潮流に乗せてゆっくりと任意のポイントまで送り込む釣り方をドリフト、またはドリフト釣法といいます。

自分で狙いたいアジを食わせたいポイントまで潮の流れを使い仕掛けを送ってやるイメージです。このとき使う仕掛けの種類や重さによって流される速度もレンジも変わってきます。ドリフトに用いられる仕掛けはキャロが多いです。

アジングで使われる仕掛けの中でキャロライナリグについて仕掛けの作り方たや動かし方を解説いたします。通称キャロリグとも呼ばれるものの生まれた理由やどのような状況下で用いるのか?動かし方やアクションも...

釣り方は、流れに乗せるのでまったく【巻かない釣り方】です。ラインは張らず緩めずフケが出たときだけ、ゆっくりそのフケの長さ分だけ巻きとる。これがドリフトです。聞くと簡単そうですが、意外に難しくあっという間に任意のポイントに流されていたり、レンジが沈んでしまったりします。ちょっと小技がいるので初級者の人は何回も慣れるまで練習していきましょう。

アジングのアクション④ボトムステイ

アジングアクションボトムステイ図解画像
真冬の極寒期など水温が低く活性が低く、食い気のないアジの攻略におすすめの釣り方です。ボトムまでいったんストンと落として、そこでリトリーブを止めそのまま放置プレイ。しばらくして動かすと食ってきます。活性が低くただ巻きでは反応しない状況下で、いったんボトムで止めると食ってくることがあります。

ステイさせる時間は3秒~5秒程度。あまりステイさせる時間が長いと見切られる可能性があるからこれくらいにしたほうが無難でしょう。

ステイさせた後すぐに巻き取らずにボトムに着けたままその場で、軽くシェイク。これも有効です。

出典: 釣り具のマルニシアジングに用いるワームを紹介します。前章で紹介したジグヘッドと共にアジングで最も汎用される仕掛けのなくてはならないもの。釣れると噂の人気商品とカラー(色)やサイズの選び方と付け...

アジングのジグヘッドについて詳しくお伝えするページです。重さの選択がカギ!?といわれる理由と使い方からおすすめをご紹介。関連するジグヘッドケースやスナップの有無に結び方も解説します。いまさら聞けな...







こちらもおすすめ!