アジングリールおすすめ!シマノ、ダイワ、アブガルシアの安い高コスパな番手15

アジングリール画像
アジングリールのおすすめをご紹介する章は、気軽にはじめられる超ライトな釣りをさらに気軽に楽しめるような安いコスパの高いリールが二重丸。

シマノやダイワ、アブガルシアからアジングに必要なリールの条件とともに番手の選び方なども合わせておすすめをご案内します!

現代の優れたリール性能と安い価格の融合はアジング初心者の方、ベテランを問わず庶民にとって嬉しい代物。コスパ重視で選ぶか、相反する価格は気にしないで性能重視のクラスを選ぶかはあなた次第です。

アジングの仕掛けをご紹介します。気軽にはじめられちょい投げ感覚で釣り自体を楽しみながらキャッチしたあとも食べて美味しい魚がターゲットなのがアジングの人気の秘密。キャロやワーム、メタルジグなどさまざ...

アジングにタックルについて図解しながらおすすめをご紹介します。またロッドやリールなど真っ先に揃えるものも大事ですが、それと同じくらいに特に初心者の人が最初の段階で購入して持っておくと便利なタックル...




アジングリールに必要な条件

アジングはどちらかというと庶民派な釣りであっても釣り方はとても繊細です。

ターゲットの個体のアジの口は小さくて柔らかいためにアタリも小さく、そして一度フッキングしても身切れしてしまいバレやすなどとてもセンシティブな一面を持っています。リールにもそれ相応の役割を担ってもらわなければいけないわけです。

 

感度

アジングリールにいちばん求められるのは「手元まで感じられる感度」です。

水中の情報をラインからロッドのブランクスを通じて的確にリールを握るアングラーの手元に伝えてくれるリール自体の感度は繊維な釣りのアジングにおいてアドバンテージがものすごく大きいです。

重さや巻き心地にも感度アップが関係してきます。

 ●軽量
感度にも直結する「軽量」さは必然的に必須の要素となります。いくら感度を売りにしているアジングリールでも重量が重たくては感受性が悪くなることは想像がつきます。アジングのタックルはその繊細なアタリを見逃さないために軽量なものが多いので、バランス的にも軽量なリールは選ぶ時の優先順位は高くなります。

 ●巻きの滑らかさ
アジングリールの巻き心地は、それほど重要ではないと言う人もいますが、実はこれからアジングを始める人にとって重要なのです。あまりにリールの巻き心地がモサモサしていたり、巻いている途中にシャリシャリしたり時々ゴツゴツ当たるようではアジの繊細なアタリを感じとる前に阻害してしまうからです。

巻き心地などは見逃しがちですがただでさえ食ってる食っていないかわからない状況が続く最初の釣りでは外せない条件となるでしょう。

アジングにタックルについて図解しながらおすすめをご紹介します。またロッドやリールなど真っ先に揃えるものも大事ですが、それと同じくらいに特に初心者の人が最初の段階で購入して持っておくと便利なタックル...

アジングギア比、ハイギアとノーマルギア!?

アジングリールのギア比は4前後(4~6)が一般的。高くなればそれだけ1回転の巻き取り長さが増えます。ギア比が低くなれば短くなります。ギヤ比の高低の違いでドラグは変わりません。ギヤ比が高くなってもドラグ力の耐重は上がりません。

 

ハイギアの利点と欠点

ギア比が高ければ文字通りハイギアと呼ばれます。ハイギアは巻取り長さ(1回転時)が長く設定されているものです。ハイギアの利点は、高速巻きがやりやすい
ことと、アジが掛かってからランディングに持ち込むまでに巻取り長さが長いために
素早く足元まで寄せることができるのでファイト中に主導権を握りやすいことが上げらます。

反面、ゆっくりとしたスローリトリーブするときには若干の慣れとテクが必要です。リールを使い倒して特性を把握するまではアジングで多用する「ゆっくり漂わせる」ことがビギナーにはむずかしいです。

ギア比が高いとトルクがあるということなので、その分コスパの高いリールでも安いものは巻きが若干重たく感じる種類のものもあります。

 

ローギアの利点と欠点

ギア比の低いリールをローギアと呼びハイギアと区別します。ノーマルギアは1回転で巻き取る量がハイギアに比べて短く、ゆっくりと巻いてくるスローリトリーブがやりやすいのがメリット。ハイギアのものでゆっくりと巻こうとすると巻きが軽いので巻きが安定しにくいのですが、ローギアだとゆったりとしたスローリトリーブでも一定の速度をキープしやすいのです。

それとは逆にフッキングしてから水中を走り回るような元気なアジとのファイトの際など一気に寄せてきたいときに中々寄せてこれないということが稀にあります。アジング中の不意の大物にも対応がしにくいです。

アジングで必要な「感度」においても、ハイギアよりも落ちるといわれています。

ただしそれもレアな状況であり、約150g~250gくらいのアジの個体をメインに釣るリールの場合、ノーマルギアは欠点よりは利点のほうが多いです。

アジングリールの番手

アジングのリールを選ぶときに条件を満たしていそうな機種を見つけても最後に迷ってしまう「番手」。

メーカーによって同じ番手でも大きさもそのものが持つパワー感が違い、説明するには多少わかりにくい部分がある番手ではありますがアジングで使うクラスのリールはそれほど大きな違いがないためもっともアジングで多用される1000番~2500番の番手でご説明していきます。

 

はじめるならスタンダードな2000番

アジング専用に“これだけにしか使わない”というのであれば1000番クラスの専用機を選ぶのもありですが、アジングをこれから始めるちょいう方にはおすすめしていません。

初心者の方ほど
2000番がおすすめです!!

それはアジング専用機はその特質上どうしてもよりコンパクトにより繊細になる傾向があり汎用性に乏しいからです。大は小を兼ねるという言葉がありますが小が大を兼ねることはありません。アジングリールは「小」なわけで併用するにも対象魚が小さいものに限定されます。

アジングを時々にしかしない人なども2000番クラスなら、ほかの魚種とも併用がしやすくなりせっかくのリールが”お部屋のオブジェ”になることはないでしょう。慣れてきてアジングがとことん好きになったときに専用機を買っても遅くはありません。

 

特化したいなら1000番以下

アジングをもっと極めたいアングラーには専用機の出番です。

アジング専用機には1000番がいいでしょう。

専用リールといってもこの1000番クラスは、アジングのほかに管釣りや、小型軽量(0.5gくらいのスプーン)などを使う渓流釣りには汎用が効きます。それ以外でソルトでの併用できる釣りは限られますが、その専用ならではのアジングだけに特化した性能は秀逸。もはやベテランなアジングマスターならば汎用性なんて無縁。特化されより釣果に近づくものが好ましいです。

 

2500番はややオーバースペック

シーバス用のリールを新潮したり、これから本気でシーバスをはじめようと考えたときにけっこう迷ってしまうリールの番手の見方と意味。メーカーによって基準がまちまちで、選ぶときにメーカーまたいで決めるのは...

初心者におすすめアジングリール

リールで2500番台となるとアジングの場合ややオーバースペックです。

シマノやダイワ、アブガルシアでいう2500番クラスくらいになると、ソルトではチニングや淡水ではバス釣りの領域に入り、対象魚が大きく餌の吸い込み方などがまるで違うので、それゆえに軽量さも感度も若干落ちます。パワーがあるので繊細なアジングで使う場合それを理解して釣らなければ難しいでしょう。

少なくとも初心者の人ほど考えやすいほかの魚種の釣りとの併用を考えて2500番でアジングとなるとビギナーには釣果が遠の区可能性が高いです。

おすすめアジングリール

 

シマノ

 シマノ 17ナスキー 1000

アジングリールでは人気があるシマノの製品においても圧倒的なコスパで魅了するナスキー。もう、この価格帯でこぶ状機種と変わらぬスペック。防止機能に加えX-SHIP、Gフリーボディ、アルミ冷間鍛造ハンドルなどシマノの現代の技術がほぼぜんぶ集約されている。ハイエンドクラスと比べてもベアリングの数とか剛性による巻き心地の多少の重さくらいしか違いがわからないレベルだ。まさにアジングリール売れ筋ナンバーワン☆彡

ギア比 自重 巻取り長
5.0 215g 66cm

 シマノ 18ソアレBB C2000SSHG

アジングリールの中でも安いのにアジング専用機という人気のシマノ。兄貴分のCi4+とおなじく僅かな細かい低ドラグ域でも微調整ができるアジング専用ドラグを搭載。見た目の高級感もそのまま譲り受けている感じ。他にも500番と1000番もあるがソアレBBの場合はC2000のハイギアのこちらがおすすめ。自重が軽い500番が良いと思われるが、それはci4+の話でこちえbbではベアリングも少なく尺アジなどが掛かった時にちょっとしんどい。ローギアのPGもこのクラスだとちょっと重たく感じたのでこちらがソアレ「BB」にするならC2000SSHG

ギア比 自重 巻取り長
6 200g 79cm

 シマノ 17アルテグラ C2000S

クラスのアジングリールで代表格ではないだろうか。防水機能や大径ドラグノブにGフリーボディはもちろん装備。どんなタックルにも合いそうな押し出しすぎないボディデザインも性能と合わさって見るものに安心感を与える。このどっしりとした存在感からもコスパの高さが伺える。

ギア比 自重 巻取り長
5.0 205g 66cm

 シマノ 16 ストラディックCI4+ C2000S

アジングのようなソルトからフレッシュウォーターでも大活躍の人気リールのストラディックCI4+。モテそうな見た目の一見軽そうに見えるルックス(笑)とは裏腹に性能は折り紙付き。上位機種と大差ないマグナムライトローターとシマノ独自の高密度HAGANEギアも標準装備。もちろん防水機能もあり。

ギア比 自重 巻取り長
5 160g 66cm

 シマノ 17 ソアレ CI4+ 500S

まさにアジング専用リールのテッパン!超軽量、コンパクトなリールはアジングにおいて無限のアドバンテージを生み出してくれる。500番という小さな番手のリールにマグナムライトローターも搭載されており、巻き取り途中の高感度と、巻き出しの速さを高次元で実現。これで釣れなきゃテクのせい。

ギア比 自重 巻取り長
5.6 140g 69cm
ソアレCi4+のリール2000番クラスのインプレしてみます。メーカーシマノのリールの中でもミドルクラスのライトゲームに位機種に迫るとも劣らずの性能。替えスプールやリールスタンドなどカスタムのことにも触れソ...

 シマノ 19ヴァンキッシュ 1000SSSPG

コストパフォーマンスを説明するときに必ずしも価格が安いものだけがコスパが高いとは言いきれない。金額を張らなければどうしても手に入らないものがある。それらのひとつがこのヴァンキッシュのリールだ。ラインナップ中最小のアジング専用リール。どんなに同じ機能を付けようとも剛性を維持しながらこの軽量化と巻きの滑らかさは廉価版では味わえない異次元の世界。いつもはほかの釣りでステラがメインのプロアングラーでさえもライトゲームになるとヴァンキッシュという人は意外に多いから、アジングのおすすめリール。

ギア比 自重 巻取り長
4.6 145g 58cm
19ヴァンキッシュのインプレです。遂に入荷したという報告を聞き即購入。箱から取り出したときに率直な感想やラインを通してみてロッドに装着した後の感覚などをお伝えします。19ヴァンキッシュC2000Sの実釣を含...

 シマノ 18ステラ 1000SSSPG

ヴァンキッシュよりもさらに上をいくのは価格帯と高機能だけではない。使っているアングラーを魅了して離さないそのステイタス性にある。アジングの世界で著名な人達もみんなステラだ。使わなくても恥ずかしくはないけども持っているだけで自己陶酔できるリールは釣りが趣味の人間にとって贅沢な嗜好品。費用対効果だけでは語れないものがたくさんある。お金に余裕があるならぜひ使ってもらいたい。

ギア比 自重 巻取り長
4.6 165g 58cm
18ステラが登場してから半年余りたってようやく手にした。新しいステラ。新品を中古よりも安い価格で譲ってもらうことができた。買う直前まで悩んだシーバス主体に使うステラの番手、C3000MHGと3000MHG。絶対3000...

 

ダイワ

日本が釣り具メーカーとして世界に名を打って出ることのできる2大メーカーのひとつがダイワだ。どのメーカーにも共通する熱狂的な信者がいることも広く知られています。アジングで人気のカルディアや月下美人、忘れてはならない18イグジストの存在。安いだけではないコスパが高いダイワのリールのおすすめがこちら。

 ダイワ レブロス 2000

4ケタ台のこの値段で得られるメリットの高さが好評のダイワの人気リール。このクラスでリーリング途中の水中の様子も感じさせる【巻き感度】の良さは定評がある。私の知人は港湾部のアジングのみならず渓流釣りのスプーンを使った釣りにも、堤防からのチョイ投げ的な餌釣りまでこのリール一つでこなしている人もいる。自分も使わせてもらったことがあるがライトゲームには若干重たいボディ以外は十分使える。ダイワ派の方ならアジング入門用としておすすめリール。

ギア比 自重 巻取り長
4.8 225g 64cm

 ダイワ レガリス LT1000S

実売価格が10000円を切るリールでこの軽量感と見た目の男らしさが好き。この価格帯のリールなのにもかかわらずダイワが誇る徹底的に細部にわたる軽量化が図られている【LT】仕様。レブロスの倍程度の値段となるがアジングのビギナーからベテランのサブリールとしてもおすすめのリール。黒とゴールドの見た目も自分的には二重丸◎

ギア比 自重 巻取り長
5.2 185g 64cm

 ダイワ 18フリームス LT1000S

ダイワにしてももうメーカー希望本体価格が1万5千円前後になってくるとすでに上位機種との隔たりが分からなくなってくる(笑)アジングに使われるような小型リールにも軽量最適化が行われるLT仕様はもちろんダイワ独自のマグシールドとエアローターは標準装備。一時代を築いたイグジストやルビアスにも似た突出し過ぎないルックスもおすすめできる理由。若年層よりも大人のアジングアングラーにぜひおすすめしたいリールです。もはやコスパが高いことは言うまでもありません。

ギア比 自重 巻取り長
5.2 185g 64cm

 ダイワ カルディア LT2000S

これまでアジングにおいてリールはそれほどの耐久性や剛性には求められていなかったのだがこのダイワのカルディアからは新しい新基準ができた感じがする。これまでのリールの「軽量コンパクト」=「剛性が低い」という常識を覆すものとなった。ライトゲームの枠を超える耐久性はアジングでも尺あじをガンガン釣りまくりたい!人におすすめのリール。また不意の大物にもなんら躊躇することなく対応ができるはず。

ギア比 自重 巻取り長
5.2 170g 68cm

 ダイワ 月下美人 MX LT2000S

アジングをはじめとするライトゲームの世界においてコスパが高いソルト専用機として名高い月下美人のMXもダイワ独自の小型スピニングリールの軽量仕様にマグシールド(防水機能)たタフデジギア、エアローターなどはもちろん標準装備。赤と黒の見た目は好みが二分されるところではあるが、間違いなくダイワ派でライトゲームするなら選択肢に必ず入るおすすめリールです。

ギア比 自重 巻取り長
g cm

 ダイワ 18イグジストFC LT1000S-P

もはや説明不要のリールではないだろうか。イグジストのラインナップ中でも特化されたフィネス仕様の【FC】がアジングには最適。対抗馬のS社のS(笑)があるならダイワ派のアジングアングラーで最上級を目指したいのならこのリール。これまでのアブガルシアの海外ブランド的な武骨なイメージを一掃するREVOMGXはアジングリールとしておすすめ!味わったことのないフィネスゲームを体感してほしい。

ギア比 自重 巻取り長
4.8 190g 60cm
出典:Amazon ダイワ 18イグジスト LT3000-CH2018年は新しい時代を迎えるリールの数々がモデルチェンジを噂される中、60周年を迎えるダイワが渾身の一撃を送り込んできた!2月発売予定とされる18イグジストだ!対...

 

アブガルシア

最近めっきりアジングの専用タックルが増えた感じがあるアブガルシア。以前から海外発のメーカーらしくフレッシュウォーターで信者が多かった様子。その人たちが海の釣りに出てきたときに引っ提げてきた感じのあるブランド。自分の釣り友もアジング以外にもいろんな釣りをするが全部アブガルシアのリールというやつもいる。
 アブガルシア カーディナルII STX1000S

最近めっきりアブガルシアもアジングのようなライトゲームで目立つ存在となってきました。そのアブガルシアの中でも比較的手にしやすい価格帯のリールの中では圧倒的な人気を誇ります。それはこの驚異的なスペック。廉価版のリールにありがちな”無駄な重さ”を排除した軽く扱いやすいリールは非常にコスパが高い。アジング以外でも比較的ライトな渓流や管釣り愛好者からも支持されていることも納得がいく。アブガルシアの入門用リールとしては一押し☆彡

ギア比 自重 巻取り長
5.2 206g 56cm

 アブガルシア REVO Revo MGX 2000S

アブガルシアの伝統を受け継いできたREVOの名前を冠したフィネス仕様のMGX。最近流行の「軽量化」にアブガルシアもここまで進化してきたという秀作。アジングにおいてもリールひとつしかり、最高級のものでしか感じ取れないアタリや、これでしか捕れない魚は必ず存在する。それは一度手にしたものだけに与えられるものだ。

ギア比 自重 巻取り長
5.2 175g 69cm






こちらもおすすめ!