ソアレCi4+のリール2000番インプレ!アジングの即戦力のカスタムやスプール、リールスタンド

ソアレCi4+のリール2000番インプレ
ソアレCi4+のリール2000番クラスのインプレしてみます。メーカーシマノのリールの中でもミドルクラスのライトゲームに位機種に迫るとも劣らずの性能。替えスプールやリールスタンドなどカスタムのことにも触れソアレCi4+のリール2000番のインプレいってみます。

19ヴァンキッシュのインプレです。遂に入荷したという報告を聞き即購入。箱から取り出したときに率直な感想やラインを通してみてロッドに装着した後の感覚などをお伝えします。19ヴァンキッシュC2000Sの実釣を含...




ソアレci4の2000番リールインプレ

ソアレCi4+の2000リールのインプレ画像
まずは非常にコンパクトであると感じました。そりゃそっか(笑)だってアジングやメバリングに特化したライトゲームの専用機ですからこうなりまうよね。

巻き心地も上位機種のそれには遠く及ばないものの、非常にスムーズで軽快な印象を受けました。

ライトゲーム専用機ならではのタックルバランス

ソアレCi4+の2000リールのインプレ後ろからの見た目画像
7フィート以下のミディアムレングスのロッドを多用する管釣りなども含めたライトゲーム全般には、これくらいのC(シマノのコンパクトボディの通番)のボディのリールはタックルバランスがかなり良い。

ある程度の重みがあり手元がブレることもなく、それでいて軽すぎるわけでもないのでロッドの先重り感を感じることももちろんない。

コンパクトなボディに凝縮された性能

ソアレCi4+の2000リールのインプレ機能説明画像
全体的に小さくまとまった印象でも、ちゃんとマグナムライトローター(旧型)も付いているし、HAGANEギアとX-SHIPも付いているので、リーリングのある程度のパワーや丈夫さも兼ね備えていると思われる。

剛性には何の不安も感じない。

ベアリングの数も8~9とミドルクラスとしては多めに仕様れており、この数でもリーリング時の巻きの軽さのズムーズだと言えます。

ドラグとパワー

ソアレCi4+の2000リールのインプレドラグ画像
このドラグ、ここだけがどうなのかちょっと不安要素でもあった。なんせ釣行したときにいきなりライトタックルで30cmそこそこのチヌ(黒鯛)を掛けてしまたっときのこと…。

ドラグが音を鳴らして出ていくかとも思いきや、巻いてこちらに寄せられていそうなものの全くドラグが動かない状態になった。ま~巻いて寄せてくることは出来たし、そもそももっと小さな魚しか掛けるようになっていないリールなんで何の問題もないんですけど。

ただチヌ(黒鯛)もライトゲームの部類だし、どうせならもっと力強く巻いてこれるパワーが欲しかったかな。

ソアレCi4+の2000リールのハンドルパワー画像
ハンドルの短さとハンドルノブの小ささも、前記のパワー不足感も感じた理由かもしれない。

誤解のないように通常のアジングやメバリング、管釣りなどでは何も問題はないということだけを前置きしておく。
不意の大物にも対応したいのと、同じライトゲームの類のチニングにも無理やり代用しようとした自分の欲張りもあってのことです。

しかし最初から思ってたノブの小ささ、これではいくら手に力を入れて回しても力が分散してしまうとてもじゃないが引きの強い魚では力強くは巻いてこれない。

そこで自分がしたのがカスタム↓だったのです。

ソアレci4 カスタム

ソアレCi4+の2000リールのカスタムするノブ画像
まずは一番気になっていたハンドルノブからカスタムすることに。

旧型のエクスセンスやセフィアなどに付いていたラウンドトップのEVAノブが好きだったので、選んだのがこちら。
けっこういい値段がするので最初は躊躇したけど、やっぱりいいものは値段相応だと感じた。

たかがリールのハンドルノブ一個のことだけど下手に安いものに手を出して、安物買いの銭失いにならなくて良かったと思いました。

スタジオコンポジット EVAノブ R27XL

あとは色合いにもこだわってソアレのリールに馴染むようにオレンジゴールドを選択。

手前みそになりますが、なかなかキマってます☆彡
ソアレCi4+の2000リールのカスタム画像
見た目はもともとついていたもののように違和感なくハマってます。

これでカッコイイ見た目も手に入れ、ハンドルの無駄に力分散させないリーリングパワーも手に入れました。

同時に手にしたのがスクリューキャップ!
ソアレCi4+のカスタム用パーツ画像
ノブと一緒に購入。
こちらもオレンジゴールドで統一しました。
ソアレCi4+のスクリューキャップを取り付けてカスタムした時の画像
ごらんの通り。

デフォルトのパーツはそのままのメタル色だったので、こちらもメインカラーのオレンジ系にしたことでグッと引き締まった印象に。

ダイワ・シマノ スピングリール対応 ハンドルスクリューキャップ

後ろから見ても、この美しさ!

惚れ惚れします(笑)

こういうことが、男のカスタムですわ。自己満足大いに歓迎です。

ペイント施すわけでもなく、スプールやベアリングなど内部を交換するわけではないので技術もいらないし安上がりで、パッと見た目を鮮やかにできるこれくらいのプチカスタムは大いにありです。

しかも、ハイエンドクラスならこういうのしなくてそのままでも使えるものがほとんどなので、これくらいのミドルクラスが一番カスタムに向いているのかもしれません。

カスタムパーツはすべてこちらで購入しました。▼
暇な時にでも覗いてみてください。

見たら最後!カスタムしたくなるパーツがいっぱい揃ってます。閲覧にご注意ください(笑)

ソアレci4 スプール

自分の場合は、PE0.4を常時巻いていますが、ジグヘッドだけではなくプラグルアーを使用したいときにはPE0.6がほしいな~とかジグ単でも、PEだと軽すぎて浮いてきてアタリをが取りずらく感じる場面では、フロロやエステルに変更したい。

そんなときには、替えの純正スプールに予め予備の違うラインを巻いておき携行すれば役に立ちます。

17ソアレci4+ 純正スプール

ソアレ リールスタンド

ソアレのリールのようなライトゲームはもちろんエギングやショアジギでもいちばん真っ先に思付くカスタムパーツがこのリールスタンド!?(私は買ったことがない…苦笑)

けっこうソアレのリールを検索するとリールスタンドが出てくる(笑)、付けてる人が多いのだろうね。

ZPI リールスタンドライト

アジングにタックルについて図解しながらおすすめをご紹介します。またロッドやリールなど真っ先に揃えるものも大事ですが、それと同じくらいに特に初心者の人が最初の段階で購入して持っておくと便利なタックル...

アジングの仕掛けをご紹介します。気軽にはじめられちょい投げ感覚で釣り自体を楽しみながらキャッチしたあとも食べて美味しい魚がターゲットなのがアジングの人気の秘密。キャロやワーム、メタルジグなどさまざ...







こちらもおすすめ!