アジングのおすすめタックル図解、初心者のためのボックスやバッグも紹介

アジングのタックルについて図解とおすすめ
アジングにタックルについて図解しながらおすすめをご紹介します。

またロッドやリールなど真っ先に揃えるものも大事ですが、それと同じくらいに特に初心者の人が最初の段階で購入して持っておくと便利なタックルボックスやアジングのバッグもあると非常に役に立ちます。

アジングのタックルのおすすめをご覧ください。

アジングのおすすめタックル図解

アジングのタックル図解
上の図にアジング釣行の時の基本的なタックルを視覚的にわかるように図にしてみました。

アジングのタックルの場合、ほかの魚種と比べると非常にライトタックル(軽量だし大掛かりではなくビギナーでも扱いやすい)で初心者でもはじめやすいのが特徴です。

またほとんどのアイテムで代用の利くものが多く、それほどはじめからこだわって専用タックルをそろえなければいけないことは決してありません。

極端なお話し、アジングをこれからはじめられる人には新しく購入しなくとも「あるもので代用」をおすすめしたいとも思っています。慣れて上手くなってきてからアジング専用のタックルを用意するのでもまったく問題はないわけです。

だって代用品でも十分釣りが成立してしまうのがこのアジ釣りのいいところなんですから、そのメリットを生かさない手はありません。
何かを売り込みたいだけのメーカーなどのうたい文句に騙されないようにすることも最初のうちはタックル選びで大切なことです。

ロッド

アジングロッド
アジングロッドはあまり長いものを必要としません。ロッドの長さはボートでも使える6フィートから6.5もしくは7フィートくらいがちょうど良い長さです。長くとも7.5フィートくらいまで、それより長いとアジングには不向きです。

硬さはティップが柔らかめのほうが、千切れやすいアジの口元にもほどよくフッキングして弾いてバラさないので適切。

ルアーの許容重量はアジングのジグはとても軽いのでジグメインでやるならば0.1~5gくらいまでのULタイプがいいでしょう。またジグの釣り方(キャロやフロートも含む)は初心者でも一番釣りやすい釣り方なのでまずアジングをを始めてみようと思う方には5g前後の許容重量があれば大概はいけます。

中級以上でほかのプラグルアーやメタルジグを使う場合にはもう少し余裕をもって~10gくらいあるロッドが好ましいです。

また、アジングにはブラックバス用のロッドも代用ができます。バス用のULまたはL、スピニング、ベイト(ベイトフィネスなど)問わず併用が可能です。

アジングロッド
長さ 6フィートから7.5フィート
硬さ 通常ロッドのLタイプ以下、UL
適合ルアー重量 0.1g~10g位
扱いやすいジグヘッド専用モデル。アジング初心者向きにプチプラな専用ロッドをセレクトしてみた。

若干長めに設定してある長さもキャロやスプリットリグにも対応しある程度の飛距離も出せる。

ダイワのライトタックルの中で間違いなくトップブランドである「月下美人」の血統を受け継ぐコスパの高いアジングロッド。充実した使用とこのお値段はハンパない!手軽にはじめられるからこそのアジングの良さを満喫できる1本!!

ダイワ アジングX 68L-S


出典:Amazon

リール

アジング用リール
アジングで使うリールのサイズは1000番~2000番台です。それ以下の小さいリール(500番)なども現在では存在します。もちろんそれでもアジングは可能ですが、不意の大物(チヌ(黒鯛)など)が掛かった時にはパワー不足感は否めません。ちょうどよい余裕を持った番手が1000番~2000番です。これ以上大きい2500番とか3000番になると若干オーバースペック。ロッドとのタックルバランスが悪くなってしまいます。

またブラックバス用やエリアトラウト用のリールでも十分な役割を果たしてくれます。併用しているアングラーもたくさんいます。

アジングのリール
番手 1000番~2000番クラス
ローギア ゆっくりとスローに巻く際に速度が安定しやすい。初心者向き
ハイギア 糸フケを取りやすく回収がラク。手返しが良くなるが考えて使わないとリトリーブが速巻きになりがちに。
シマノ 18ソアレBB C2000SSPG

回転性能を損なうことなくちょうどよく搭載された防水システム「コアプロテクト」により海水使用時での大幅な防さび力がアップした新生ソアレの廉価版18ソアレBB。

低ドラグ域でも微調整がしやすくなっているアジング専用ドラグを配し、見た目の高級感は上位機種のそれにまったく引けをとらない!


出典:Amazon

ライン

アジングに最適なライン
ラインには種類がたくさんあります。ですがターゲットの魚種によってシーバスはPEが主流だったり、バスにはフロロなど使われるラインは絞られていくのですが、ことアジングに用いられるラインについては複数のさまざまな種類のラインが用いられています。

それぞれに特性が備わっているのでメリットもあればデメリットもあります。タックルの中でいちばん交換頻度の高いものとなりますのでその都度いろんな種類やメーカーを試し見るのもいいでしょう。

自分のアジングのメインとなる釣り方に適したライン選択ができるようになれば上級者の仲間入りできます。

ですが扱いやすさと、トータル的に汎用性が高く初心者向きなラインはフロロカーボンです。

それぞれのラインの特性についてはまた別称で特集します。

アジングのラインと種類
ナイロン 縦に伸びやすく吸い込みに追従する。その分感度は若干落ちる。劣化がしやすく巻きクセがつきやすい。
フロロカーボン ナイロンよりも伸びが少なく感度も良い。横からの衝撃にも強く強固。比重が重たい。巻き癖が付きにくい
PE 強固で非常に細くなめらか。飛距離が出せる。縦の力が強く伸縮率が低い。感度は抜群。横擦れに弱い。比重が軽く浮きやすい。
ポリエステル ナイロンやフロロよりも硬くて伸びない。感度も良い。巻き癖が付きにくい
クレハ シーガー フロロリミテッド

アジングに最適なラインは種類が豊富に存在するので、おすすめは他にも存在するが初心者にも扱いやすいという点で選ぶならこれがイチオシ☆彡

フロロカーボンライン特有の硬くゴワついた感じがなくバックラッシュもしにくい。

それどころか、アジングに使用する太さの4~6lb程度ならPEに匹敵するほどなめらか!この滑らかさに強度とほどよい感度があるので十分。

出典:Amazon

ルアー

アジングに使用されるルアーの筆頭株といえばご存知ジグヘッドとワームの釣り方ですが、これを応用したアジング特有の仕掛けも多数存在します。キャロリグやフロートリグはその代表格です。

慣れてくると活性の高い時期などにはメタルジグや小型のミノーやバイブレーションを使ったプラグゲームも楽しめます。

まず集めるタックルボックスの中身は重さにバリエーションを持たせたジグヘッド数種とワームが2,3種でもアジングは楽しめます。

アジングの仕掛けをご紹介します。気軽にはじめられちょい投げ感覚で釣り自体を楽しみながらキャッチしたあとも食べて美味しい魚がターゲットなのがアジングの人気の秘密。キャロやワーム、メタルジグなどさまざ...
ジグヘッド+ワーム 最も基本的なアジングの釣り。これを応用したのがキャロやフロートリグになります。
キャロライナリグ 重たく飛距離が出るのにゆっくりと沈む。遠投してからボトムを広く探るのに向いています。
フロートリグ 最も底取りがしやすく初心者にもレンジキープがしやすい。
メタルジグ 大きくアクションとアピールを繰り返し誘う。活性が低い時には向かない
プラグルアー 3~5cmくらいの小型のミノーやバイブレーションを用います。上級者向き
JAZZ 尺ヘッド DXマイクロバーブ

ほかの釣りでも同じようなことが言えるがアジングという釣りは頭の中で考えてイメージしている暇があるなら、さっさと近くの堤防でも出掛けて行って釣りはじめるべきだ。

ビギナーズラックも大いに可能性がある。またアジングはそれくらいライトで誰でも虜になる魅力がある。

チョイ投げ程度の釣りでも簡単な仕掛けではじめられるジグヘッドっとワームはすぐにタックルボックスに忍ばせておこう!

出典:Amazon

アジングに最適なタックルボックス

アジングのタックルボックス
上記で説明したようにアジングの仕掛け(ラインやルアー)はさまざまな釣り方に応じて異なる使い方をするのでいろいろとこだわりが出てくるとあれもこれもルアー類だけでも増えていく傾向にあります。

またアジング上級者になると仕掛けごとに別々にロッドをリールを2,3本持って釣行する人もいます。

そのためにアジングでは持ち運びが便利なタックルボックスがとても重宝します。車やバイクで移動する人は大きめのロッドスタンドがついているタックルボックスがリールをセットしたまま立てておけるのでおすすめです。

第一精工 タックルキャリアー MS4025



出典:第一精工

アジングで役立つフィッシングバッグ

アジングのロッドホルダーが付けられるキャリーボックスは常夜灯の灯る港湾部やボートの上で一ヵ所で腰を据えて釣りをする分には何ひとつ問題がないが、磯やだだっ広い防波堤の上だとそのまま投げては巻いてのランガンがしたくなる。

そんなときにもってこいなのが肩に背負ったり、腰にさげて歩き回れるフィッシングバッグの出番!

ショルダータイプ(肩掛け)と、ウエストタイプ(腰巻)がある。多少大きめのバッグならばロッドホルダーもついているものもあり、ロッド2本持ちも可能。

このままサクッと釣って、釣れなくなったら即バイクや自転車に下げたまま乗って移動できるのでランガンスタイルのアジング釣行が出来る優れもの!

アクティブ派の人にはオススメ☆彡

ウミネコ ハイパフォーマンス ルアーバッグ


出典:Amazon







こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。